教育音楽 小学版 2017年12月号
今月号

教育音楽 小学版 2017年12月号

子どもを引きつける! 体を使った鑑賞授業

別冊付録:楽譜資料『合唱曲集』

【定価】¥905 (税込)
【判型】B5
【発行】2017年11月
【商品コード】161712
購入する

【教育音楽 小学版 2017年12月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集

 

子どもを引きつける! 体を使った鑑賞授業

[Part 1 どう取り入れる? 体を動かす活動] 眩匚宛

[Part 2 お見せします! 私の鑑賞授業]
 chapter1〈低学年〉音楽と一体感を味わうために 林 千穂
 chapter2〈中学年〉体を動かして、生き生き音楽鑑賞 植村康子
 chapter3〈高学年〉体を使って楽曲の魅力を発見し、味わって聴こう 平石淑子

 

特別記事

 

第84回(平成29年度)NHK全国学校音楽コンクール 全国コンクールを聴く
[小学校の部]今、その瞬間の心の動き 清水雅彦・信長貴富
都府県地区コンクール金賞受賞校・自由曲一覧

 

まるごとWATCH!

 

ガラ・コンサート《エル・システマ・フェスティバル2017》

 

グラビア

 

「授業ライブ・リポート」立教小学校 5年A組・C組&山田俊之特別講師
「We loveミュージック!」東京都目黒区立大岡山小学校 合唱団&松田和子教諭
「トピックス」こども・からだ・おんがく〜眩卆萓犬亮業研究ノート〜/木下牧子作品展4 ピアノ・プラス/平成29年度 大阪市立本田小学校 音楽科公開授業研究会・ワークショップ/鍵盤ハーモニカフェスティバル Tokyo vol.2 〜まわりめぐる音たち〜

 

連載

 

「これでばっちり! 打楽器指導法」9 シンバル 平子ひさえ
「伝わる声を育てるためのアプローチ 北條メソッドで歌唱・合唱をもっと楽しく!」9 ブレスのコツ〜息と声のつながりをよくしよう〜 北條加奈
「山ちゃんの楽しいリズムスクール パート7」『ジングル・ベル』(ピアポント作曲/宮沢章二日本語詞) 山田俊之
「ちょっと素敵なピアノ伴奏 歌唱共通教材をもっと楽しく」21 『越天楽今様』 伊藤康英
「教師の悩み相談室」93 大きな声で歌わない子どもたち、どうしたらいいのでしょうか? 諸富祥彦
学びがわかる学習プリント」57 1300年の悠久の時を超えて現代に残る美しい響きを味わう! 原田弘昭
「クラスみんなができる! ワクワク鍵盤ハーモニカ」9 ペンタトニックを使って遊びましょう! 妹尾美穂
「こなっしーの 低学年でもできる! 楽しい音楽!」其の九鑑賞の授業 耳を澄まして聴いてごらん!! 小梨貴弘
「特別支援学校・学級 指導事例」3 みんなで感じ取って表現しよう〜『わゴムにな〜れ』『高い音、低い音』を通して〜 野上智寿子
「授業でどう生かす? ICT機器の導入から活用まで」9 音楽づくり・創作に使えるアプリ〈その2〉 松長 誠

 

校種別・学年別●私の教材料理法

 

第1学年●歌唱・器楽・音楽づくり教材「きらきらぼし」フランス民謡|武鹿悦子日本語詞 木村めぐみ
第2学年●歌唱・器楽教材「小ぎつね」ドイツ民謡|勝 承夫日本語詞 伊藤雅美
第3学年●音楽づくり ソラシドレで旋律をつくろう! 加藤愛子
第4学年●音楽づくり 言葉でリズムアンサンブル 松原美保
第5学年●歌唱教材「スキーの歌」文部省唱歌|林 柳波作詞|橋本国彦作曲 和智宏樹
第6学年●鑑賞教材 世界の音楽 首藤政秀

 

教音ジャーナル

 

ネットワーク/おすすめの一冊 楠山小百合/新刊案内/著者に聞く 眩匚宛/とっておき! 私のお役立ちソフト 野原一郎/音楽・子ども・生き生き!マイ・スクール[奈良]/全日音研ニュース/バックナンバーのお知らせ

 

別冊付録●楽譜資料

 

『合唱曲集』
一歩 踏み出す(2部合唱)松長 誠作詞・作曲
いつだって青空(2部合唱)桜田直子作詞・作曲
たいせつに…(3部合唱)松井孝夫作詞・作曲
指導のために

■特集
学習指導要領でも「音楽との一体感を味わい、想像力を働かせて音楽とかかわることができるよう、指導のねらいに即して体を動かす活動を取り入れること」とありますが、具体的にどうやって「体を動かす活動」を取り入れるのか……お悩みの先生もいらっしゃるでしょう。そこで、今月は鑑賞領域に特化した、体を動かす活動を具体的に紹介します!

■付録楽譜
松長誠さんの『一歩 踏み出す』は、バラード調の曲が多い卒業ソングではめずらしいアップテンポの曲です。卒業といえば「別れ」……離ればなれになるさびしさや悲しさを思い浮かべますが、この曲はタイトルの通り、卒業=一歩踏み出すこと! 明るくポジティブに歌います。「卒業までのカウントダウン」という歌い出しからワクワクします。桜田直子さんの『いつだって青空』は、シャッフルのリズムにのって歌う軽快な曲です。地上から見上げる空が曇に覆われていても、そのさらに上は(雲を突き抜けていけば)「いつだって青空」……そういう意味なのかもしれません。心閉ざしそうになるときこそ「まずは顔を上げよう」と、励ましてくれる歌です。松井孝夫さんの『たいせつに…』は、作者曰く「自分自身への応援歌」。そっと静かに歌い出しますが、サビでは力強く掛け合うパートが現れます。気づけば仲間がいる、そのことが歌の中で表現されているかのようです。
HOME