音楽の友 2021年8月号
今月号

音楽の友 2021年8月号

いざ、ショパン作品の大海へ!―ピアニストの言葉とともに

【特別定価】¥1,120 (税込)
【判型】A4変
【発行】2021年7月
【商品コード】032108
購入する

【音楽の友 2021年8月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入 ヨドバシカメラで購入 ヨドバシカメラで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集

 

いざ、ショパン作品の大海へ!―ピアニストの言葉とともに

(小山実稚恵/片桐卓也/久野理恵子/實川風/福間洸太朗/ニュウニュウ/高坂はる香/辻井伸行/伊熊よし子/反田恭平/船越清佳/澤谷夏樹/道下京子/近藤嘉宏/後藤菜穂子/チョ・ソンジン/上田弘子/江崎昌子/藤田真央/小林愛実/クシシュトフ・ヤブウォンスキ/長井進之介/睫變鞠蓮疹倉多美子/他)
7月号に続くショパン特集第2弾。今回は、ショパン作品の魅力をピアニストのインタヴューとともに紹介していきます。2号連続企画「〈アンケート〉ピアニストが選ぶ『いちばん好きなショパンの曲』」後編も掲載。ショパン国際ピアノコンクールの開催もきっかけに、改めてショパン作品をめぐる旅へ出発しましょう。Here we go!

 

カラー

 

●[Interview]小山実稚恵― ベートーヴェン「後期3大ピアノ・ソナタ」を見つめて(片桐卓也)
●[Interview]シャルル・デュトワ/セイジ・オザワ 松本フェスティバルに初登場(堀江昭朗)
●[Interview]ダニエル・バレンボイム/ベートーヴェン、時代と音楽を語る(編集部)
●[Report]能を題材とするサーリアホのオペラを日本初演(山田治生)
●[Report]名手たちの饗宴― サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン(後藤菜穂子)
●[Report]シェーンブルン宮殿で行うウィーン・フィル恒例のサマーナイトコンサート(中村伸子)
●[連載]楽団長フロシャウアーかく語りき「ウィーン・フィル、わが永遠のオーケストラ」(5)(ダニエル・フロシャウアー/渋谷ゆう子)
●[連載]ショパンの窓から(3)(川口成彦)
●[連載]ベートーヴェン的な、余りにベートーヴェン的な(23)〜〈ゲスト〉葵トリオ(ピアノ三重奏)(越懸澤麻衣)
●[連載]対談シリーズ 楽師たちの庭ァ‥豕都交響楽団/小田桐寛之(tb)、碾鷽径析此tb)(堀江昭朗)
●[連載]林家三平の古クラシック典音楽でど〜も・すいません!(23)(林家三平)
●[連載]マリアージュなこの1本〜お酒と音楽の美味しいおはなし(13)〜〈ゲスト〉澤 和樹/山本典正(伊熊よし子)
●[連載]東音西奏!― QBT冒険記(11)(クァルテット ベルリン-トウキョウ)
●[連載]和音の本音(12) ―リストのほうへ掘弊郷縅族察神吊稽缶澄

 

特別企画

 

●没後50年記念 ストラヴィンスキー 無限のペルソナ
(シャルル・デュトワ/堀江昭朗/増田良介/満津岡信育/相場ひろ/山崎浩太郎/パーヴォ・ヤルヴィ/山田治生)

 

特別記事

 

●エリーザベト王妃国際音楽コンクールのピアノ部門で務川慧悟と阪田知樹が入賞(三光 洋)
●[Report]ゲザ・アンダ国際ピアノコンクール(中 東生)
●[Interview]小川典子がコロナ禍のコンクールについて語る(後藤菜穂子)
●[Interview]パリ国立オペラのネーフ新総裁に新シーズンを聞く(三光 洋)
●[Interview]チューリヒ歌劇場新監督ノセダにきく(中 東生)
●[対談]佐渡 裕(指揮)×広渡 勲(演出)《メリー・ウィドウ》へかける想い― 客席にライヴならではのエネルギーを(堀江昭朗)
●[鼎談]久石 譲&石川 滋&福川伸陽― 久石のコントラバス協奏曲&ホルン協奏曲を語る(小室敬幸)
●[Interview]AIと人間が作るオペラの新世界 新国立劇場《Super Angels》〜渋谷慶一郎/三宅理恵(室田尚子)
●[Interview]鈴木雅明― 書籍『バッハ、神と人のはざまで』を語る(加藤拓末)
●[Interview]佐藤卓史が語るシューベルト、ソナチネ(奥田佳道)
●[Interview]小川響子― ベルリン・フィル・カラヤン・アカデミーを修了(堀江昭朗)
●[Report]コンポージアム2021〜パスカル・デュサパンの個展& 武満徹作曲賞本選演奏会(堀江昭朗)
●[Report]ヴィオラスペース2021〜ベートーヴェンとヒンデミットをテーマに開催(後藤菜穂子)
●[Report] ショパン・フェスティバル2021 in 表参道〜マズルカ&コンクール入賞者3人による協奏曲(上田弘子)
●[Report] ライプツィヒ・バッハフェスト2021が配信(加藤浩子)

 

連載

 

●現地で観た、聴いた ショパン国際ピアノコンクール(18)(萩谷由喜子)
●池辺晋一郎エッセイ 先人の影を踏みなおす(17)矢代秋雄(2)(池辺晋一郎)
●平野 昭・対談シリーズ 樂興のすゝめ from research to practice, from practice to research 第3章:人気交響曲の世界/ゲスト:矢部達哉 (5)4つの高峰―ブラームスの交響曲(平野 昭/長井進之介/矢部達哉)
●ひと粒の音宇宙―魅惑のアンコール・ピースたち(2)(城所孝吉)
●オペラで知るヨーロッパ史(15)〜ドニゼッティ《ロベルト・デヴリュー》(加藤浩子)
●ハイクポホヤの光りと風(48)(舘野 泉)
●デジタル・クラシック供 オンライン・クラシックの活用術(8)(山田真一)
●クラシックを撃て! (5)レフ・トルストイ『クロイツェル・ソナタ』(長井 淳)

 

People

 

●上村かおり(三光 洋)
●川崎洋介(山田治生)

 

Reviews & Reports

 

●Concert Reviews 演奏会批評
●〈海外レポート特別編〉
イギリス(秋島百合子)/フランス(三光 洋)/イタリア(野田和哉)/オーストリア(中村伸子)/ドイツ 蔽翅漆真諭法織疋ぅ牒◆瞥莉酸虔殀)/スイス(中 東生)/ロシア(浅松啓介)/アメリカ(有賀太一)

 

Rondo

 

●《サントリーホール ARKクラシックス》にレジデント・ブラス・アンサンブルが誕生/加藤訓子のクセナキスプロジェクト 迎えた最終公演(渡辺 和)/新たな装いで再演のNISSAY OPERA 2021《ラ・ボエーム》(萩谷由喜子)/「江口玲 リサイタル」で披露されたラフマニノフ愛用の伝説のスタインウェイ(上田弘子)

 

News & Information

 

●フレッシュ・アーティスト・ファイル Vol.26 斎藤優貴(g)
●スクランブル・ショット
●音楽の友ホールだより
●ディスク・スペース(諸石幸生/真嶋雄大)
●アート・スペース( 映画:中村千晶/舞台:横溝幸子/展覧会:花田志織/書籍:小沼純一、寺西 肇)
●クラシック音楽番組表
●読者のページ
●編集部だより(次号予告/編集後記/広告案内)

 

表紙の人

 
●小山実稚恵 (c)堀田力丸
 (ピアニスト)

東京藝術大学、同大学院修了。チャイコフスキー国際コンクール、ショパン国際ピアノコンクールに入賞、今日まで常に第一線で活躍し続けている、日本を代表するピアニスト。国内外の主要オーケストラ、国際的指揮者との共演も多い。2005年度 文化庁芸術祭音楽部門大賞、2013年度東燃ゼネラル音楽賞洋楽部門本賞、2015年 NHK交響楽団「有馬賞」、2015年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞ならびに第28回ミュージック・ペンクラブ音楽賞。2016年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2018年度 大阪市市民表彰を受ける。2017年度には紫綬褒章を受章。

付録

 

別冊付録

 

コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション

観どころ聴きどころ(戸部 亮&室田尚子)

※新型コロナウイルスの影響で、公演やイヴェントの延期・中止が相次いでおります。
 本誌および別冊付録「コンサート・ガイド」に掲載された公演の最新情報は、各主催者のホームページなどでご確認ください。

編集後記

 
●楽壇の帝王とも称されたヘルベルト・フォン・カラヤンが亡くなったのは1989年7月16日ですが、『音楽の友』の今月号は、通常の月より少し早い7月16日の発売となりました。カラヤン逝去を朝のテレビニュースで知ったその日は、CD店でカラヤンの指揮するディスクを物色。買って帰ったサン= サーンス「交響曲第3 番《オルガン付き》」を、夜遅くまで聴いていたものでした。なぜかこの日のことは、その後もよく思い出します。そういえば、今年はサン=サーンス没後100周年でもありますね。 ●荒井
●壇ノ浦の戦いといえば1185年に起きた「源平合戦」最後の戦争であり、幼い安徳天皇など老若男女を問わず海に身を投げ、平氏一門が滅亡した戦争として後世に語り継がれているが、《だんご3兄弟》といえば1999年に発表されたタンゴ調の童謡であり、社会現象的人気を誇った一曲だ。あれからわずか約20年、あの熱狂が嘘のように、人々の脳裏を掠めることがない。あるいはそれを聴きながら関門橋を通れば、かつての戦争と大勢の死者に心を馳せるだろうか。そんなかなりイイカゲンな記憶力で人はひねもすのたりしているのだなあと、先日亡くなったルイ・アンドリーセンの《時間》を聴いて思いました。 ●岩永
●のの字を書くというのは、お下品な宴会芸ではなく(笑)、若い女性が恥ずかしがったり、すねたりするときのしぐさの意味もあるそうなのです。これは知らなかった! 女性ではないですが、特集で取り上げたショパンの若いころの作品では、「のの字を書く」かのような一瞬がかいま見られるように思うのです。たとえば「ピアノ協奏曲第2番」など。ショパンの音楽の本質はまぎれもなく「男性の音楽」だと思うのですが、若くて青いショパンの「のの字を書く」かのような、思いを吐露する音楽、この機会に改めて聴いてみたいなあ、と思うオヤヂでした。 ●真田
●帝国劇場や帝国ホテルを横に見ながらの初・皇居ランニングのときは、道路の広さ、建物の大きさから、自分がとても小さく思えました。場所によっては意外と道路が狭いところもある皇居周辺ですが、劇場などが並ぶこの日比谷から大手町にかけてのエリアは広々として爽快でした。先日、久しぶりに家の近所を走ってみたものの、走りたい気持ちに体がついていかず早々に断念……。また少しずつ体を慣らしていかないと、と思いました。そうしたら、二度目の皇居ランニングにも挑戦したいと思います! ●熊野
●王林といえば爽やかな色味のりんご! 美味しいですよね。最近ですが初めて「りんご飴専門店」でりんご飴を買いました。ほうじ茶やココアなど粉がまぶされて、さらにぽってり、愛らしいフォルムがなんとも素敵でした。屋台ともまた違う雰囲気の味はとても美味しかったです。さて今号のショパン特集は、数曲取り出して演奏される機会も多いショパン作品を、ジャンルごとにその作品群を味わってみようという企画です。ショパン作品は年代によっても色合いや風合いが異なるのも魅力の一つ。ショパン国際ピアノコンクールもきっかけに、ぜひ作品コンプリートの旅へ出かけてみるのはいかがですか? ●掛川

HOME