月刊誌音楽の友

  • 音楽の友 2021年12月号
  • 音楽の友 2021年12月号の中身

雑誌

音楽の友 2021年12月号

  • 第18回ショパン国際ピアノコンクール ―青春の激闘22日間
  • いまこそ《第九》を!~コロナを乗り越える〝歓喜の歌〟
特別定価
1,485円 (本体1,350円+税)
判型・頁数
A4変
発行年月
2021年11月
JANコード
4910021291218
商品コード
032112

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 「音楽の友」編集長 Twitter
  • 音楽の友 編集部 Twitter
  • 音楽の友 編集部 Facebook

今月号の内容

 

特集Ⅰ

 

第18回ショパン国際ピアノコンクール ―青春の激闘22日間

(下田幸二/ブルース・(シャオユー)・リウ/アレクサンダー・ガジェヴ/反田恭平/伊熊よし子/マルティン・ガルシア・ガルシア/小林愛実/フィリップ・ジュジアノ/海老彰子/青柳いづみこ/真嶋雄大/小倉貴久子/高坂はる香/他)
日本人が2名も上位入賞し話題を呼んだ第18回ショパン国際ピアノコンクール。あの感動が再び蘇る! コンクールの詳細なレポートとともに、入賞者をはじめとするコンテスタントたちのインタヴューやコメントを掲載。

 

特集Ⅱ

 

いまこそ《第九》を!~コロナを乗り越える〝歓喜の歌〟

(片桐卓也/渡辺 和/堀江昭朗/高山直也/山田真一/後藤菜穂子/池田卓夫)
日本の年末の風物詩である《第九》演奏会を取り巻く状況は、新型コロナの影響で2020年末に一変。それでも、さまざまな工夫をしながら、複数の《第九》公演が行われた。それから1年、今年の《第九》に向けた動きを、アーティストへのインタヴュー、オーケストラなど主催者へのヒアリングをもとに紹介する。

 

カラー

 

●[Interview]秋山和慶~指揮活動の原点を語る(片桐卓也)
●[Report]内田光子のシューベルトとベートーヴェン― 生きる歓びを促すピアノ(伊熊よし子)
●[告知]特別付録 ミュージック・カレンダー2022 ショパン国際ピアノコンクール/第1位のピアニストたち
●[Report & Interview]映画界のシンデレラ・ストーリーに変身した新国立劇場《チェネレントラ》&アレッサンドロ・コルベッリ(萩谷由喜子/河野典子)
●[Report]全幕上演が珍しいオペラ― プッチーニ「歌劇《つばめ》」がびわ湖ホールで上演(能登原由美)
●[Report]ズザンナ・マルコヴァが声を振り絞る熱演― サントリーホール「ホール・オペラ®」の ヴェルディ《トラヴィアータ》(岸純信)
●[Report]さまざまなテーマ、アーティストで「新しい音」を紹介~東京芸術劇場「ボンクリ・フェス2021」(萩谷由喜子)
●[連載]楽団長フロシャウアーかく語りき「ウィーン・フィル、わが永遠のオーケストラ」⑨(ダニエル・フロシャウアー/渋谷ゆう子)
●[連載]ショパンの窓から⑦ ― ニコラ・パガニーニ(川口成彦)
●[連載]対談シリーズ 楽師たちの庭⑨ 関西フィルハーモニー管弦楽団/友永健二(vn)、玉木俊太(vc)(堀江昭朗)
●[連載]ベートーヴェン的な、余りにベートーヴェン的な㉗(最終回)~〈ゲスト〉ルドルフ・ブーフビンダー(p)(越懸澤麻衣)
●[連載]マリアージュなこの1本~お酒と音楽の美味しいおはなし⑰~〈ゲスト〉大植英次(指揮者)(伊熊よし子)
●[連載]和音の本音⑯ ― シューマンのなかにⅡ(清水和音/青澤隆明)

 

特別記事

 

●[Interview]アンサンブル室町」を語る次期芸術監督・大平健介(伊藤制子)
●[Interview]ヴァシリー・ペトレンコ、来日直前インタヴュー(秋島百合子)
●[Report]アンブロネ音楽祭― 2年ぶりに平常開催(三光 洋)
●[Interview & Report]新たな才能がここから羽ばたく!~東京国際音楽コンクール〈指揮〉レポート&入賞者・審査委員長インタヴュー(堀江昭朗)
●[Report]日本音楽コンクール2021 ― 今年も開催、伝統のコンクール  [作曲部門/ヴァイオリン部門(渡辺和彦)/ピアノ部門(上田弘子)/クラリネット部門(高山直也)/声楽部門(岸 純信)/トランペット部門(高山直也)]
●[Interview] 山田貞夫音楽財団の会長が語るクラシック音楽への情熱(池田卓夫)
●[Interview & Report]ペーター・レーゼルが日本でのフェアウェル・リサイタルを開催(上田弘子)
●[座談会(鼎談)]平崎真弓&西山まりえ&菅きよみ― 全曲演奏会で共演の3人が語る《ブランデンブルク協奏曲》(林田直樹)
●[Interview] 田崎端博、大友肇、二人のチェリストに聞く、年末のベートーヴェン弦楽四重奏曲(山田治生)
●追悼 ベルナルト・ハイティンク①巨匠との想い出(金丸葉子)
●巨星落つ! 世紀のコロラトゥーラ、エディタ・グルベローヴァ ①(中 東生/ドミニク・メイエ/アンドレアス・ホモキ/広渡 勲)
●[Report]初開催の富士山河口湖ピアノフェスティバル(青澤隆明)

 

連載

 

●舞台芸術から見る音楽大学② ― 昭和音楽大学(長井進之介)
●池辺晋一郎エッセイ 先人の影を踏みなおす㉑池内友次郎さん②(池辺晋一郎)
●平野 昭・対談シリーズ 樂興のすゝめ from research to practice, from practice to research 第4章:ピアノ音楽の諸相/ゲスト:仲道郁代① 幻想曲 その1(平野 昭/長井進之介/仲道郁代)
●ひと粒の音宇宙― 魅惑のアンコール・ピースたち⑥(広瀬大介)
●オペラで知るヨーロッパ史⑲~ヒンデミット《画家マティス》(加藤浩子)
●デジタル・クラシックⅡ― オンライン・クラシックの活用術⑫― ネット配信で聴くショパン・コンクールとその音質(山田真一)
●クラシックを撃て!⑨ オノレ・ド・バルザック『ガンバラ』(岸 純信)

 

People

 

●澤 和樹 & 蓼沼恵美子(山田治生)
●藤木大地(加藤浩子)
●西村 悟(堀江昭朗)
●鈴木秀美(加藤浩子)
●青柳 晋(道下京子)
●竹村浄子(後藤菜穂子)
●森武大和(池田卓夫)/山本哲也(山田治生)

 

Reviews & Reports

 

●Concert Reviews 演奏会批評
●〈海外レポート〉イギリス(秋島百合子)/フランス(三光 洋)/イタリア(野田和哉)/オーストリア(中村伸子)/ドイツ①(中村真人)/ドイツ②(来住千保美)/スイス(中 東生)/ロシア(浅松啓介)/アメリカ(有賀太一)

 

Rondo

 

●フィンランド大使館で舘野泉の85歳誕生会(真嶋雄大)/くまもと復興国際音楽祭(渡辺和)/ノイシュヴァンシュタイン城の近くで《トリスタンとイゾルデ》上演(来住千保美)/日本人の受賞は16年ぶり! 細川俊夫への「ゲーテ・メダル」授与式(池田卓夫)/華やかに開催された「第1回 平井康三郎声楽コンクール」

 

News & Information

 

●フレッシュ・アーティスト・ファイル Vol.30 小川恭子(vn)
●スクランブル・ショット
●音楽の友ホールだより
●ディスク・スペース(諸石幸生/真嶋雄大)
●アート・スペース( 映画:中村千晶/舞台:横溝幸子/展覧会:花田志織/書籍:小沼純一、國土潤一)
●クラシック音楽番組表
●読者のページ
●編集部だより(次号予告/編集後記/広告案内)

 

表紙の人

 
●秋山和慶(指揮者) 

1941年生まれ。1964年に東響でデビュー後、2004年まで同響の音楽監督・常任指揮者を務める。トロント響副指揮者、アメリカ響音楽監督、バンクーバー響音楽監督、大フィル、札響、広響、九響の首席指揮者などを歴任。クリーヴランド管、ニューヨーク・フィル、シカゴ響、ケルン放送響、ベルリン放響などに客演している。これまで第6回と第29回のサントリー音楽賞、芸術選奨文部大臣賞、毎日芸術賞、モービル音楽賞など受賞多数。紫綬褒章および旭日小綬章を受章。2014年度文化功労者に選出。現在、中部フィル芸術監督・首席指揮者を務める。

付録

 

 

特別付録

 

Music Calendar 2022

ショパン国際ピアノコンクール
第1位のピアニストたち
〔+2022 主な記念年作曲家たち〕

付録

 

 

別冊付録

 

コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション

観どころ聴きどころ(戸部 亮&室田尚子)

※新型コロナウイルスの影響で、公演やイヴェントの延期・中止が相次いでおります。本誌および別冊付録「コンサート・ガイド」に掲載された公演の最新情報は、各主催者のホームページなどでご確認ください。

【お詫びと訂正】
『音楽の友』12月号の特集Ⅰ「第18回ショパン国際ピアノコンクール」中、45ページ右側いちばん下の写真が、第6位入賞者のJ.J.ジュン・リ・ブイ氏ではなく、同コンクール本選出場者のハオ・ラオ氏でした。関係各位、読者の皆様にお詫びし、訂正いたします。

編集後記

 
弾の射手を作曲したウェーバーの誕生日は11月18日。音楽の友12月号の発売日です。恒例の特別付録「Music Calendar」の号となっています。ショパン国際ピアノコンクールでこれまで第1位を受賞したピアニストのなかから、12名が登場。今年の同コンクールのレポートは、今号の特集Ⅰでたっぷりお届けしています。特集Ⅱでは、コロナ禍で2回目のシーズンを迎える《第九》を取り上げました。次号の1月号では、特別付録「3大B バッグインバッグ」を予定しています。こちらもご注目ください。●荒井
幕といえば標的に対し大多数の弾丸を一斉掃射し、一触即発の文字通り「弾丸の幕」をつくることだが、『蝉丸』といえば能の狂乱物の一つであり、天皇家に生まれた姉・逆髪と盲目の弟・蝉丸の再会と別離を描いた名作である。この世に生を受けた因果、それぞれの不幸な運命を辛くとも受け止め生きる普遍的な悲劇だが、いわゆる「不敬」にあたるとして、戦後すぐくらいまで演じられなかった。最近話題のカップルに対する、プライヴァシーのプの字もないワイドショー、週刊誌、ネットの弾幕的総攻撃、あれこそ「不敬」だと思うがどうか。ちなみに弾幕系シューティングは偏愛的に好きです。●岩永
っぺらぼうな、とたまに演奏批評で使われるのですが、かつて日本人のピアノ演奏を評して「タイプライターのようなタッチ」、「表情がのっぺらぼうな」と書かれたものでした。故 中村紘子さんの著書には、メソードの問題だったのではないかと指摘されています。先日のショパン・コンクールには、多数の日本人が応募しましたが、その演奏は、ある人はヴィルトゥオーゾ的な演奏で会場を沸かせ、ある人は繊細な演奏で感動させ、といったように、本当に個性豊かで立派なかたがたでした。もう前述のようなステレオタイプの日本人演奏は昔の話なのだなあ、としみじみと思いました。のっぺらぼうといえば、「ショパン・コンクール特集」ふくめ、今月担当の記事があまりにも多くて、私の脳みそは、のっぺらぼうに なりかかっています(笑)。●真田
手座のかたは、次の号が出るころまでにはお誕生日ですね。おめでとうございます! 雑誌に占いが出ていると、なんとなく読んでみることもあるのですが(弊誌も占いが載っていた時期があったそうです)、最近の占いは12星座以外にもいろいろ種類があって、自分が何の分類にあたるのか早見表を見て探さないといけないものも多かったりして、あっという間にその分類も内容も忘れてしまいます(汗)。覚えていないのは望む答えがなかったから……? そういえば、そんな歌詞をどこかで聞いたような……。●熊野
元も映る迫力のアングルで連日動画配信されていたショパン国際ピアノコンクール。第2位を受賞された反田恭平さんの「協奏曲」はもちろん、会場の熱気にも感動しました。同時に蘇ってきたのが、その名を一躍有名にした「日本音楽コンクール」本選での演奏。聴き手のボルテージを上げ、会場を牽引、終演後の盛り上がりは凄まじいものでした。今年はピアノをはじめ、日本の若手演奏家たちの国際コンクールでの躍進が続く1年でしたね!今後の活気ある音楽界にますます期待が膨らみます。●掛川

次号予告

  • 音楽の友 2022年1月号

雑誌

音楽の友 2022年1月号

12月18日発売

  • 来日記念特集 まるごとウィーン・フィル! 来日公演&名盤ガイド
  • オーケストラの定期会員になろう2022
特別定価
1,650円 (本体1,500円+税)
判型・頁数
A4変
発行年月
2021年12月
JANコード
4910021290129
商品コード
032201
  • 「音楽の友」編集長 Twitter
  • 音楽の友 編集部 Twitter
  • 音楽の友 編集部 Facebook

内容紹介

●特集Ⅰ
来日記念特集 まるごとウィーン・フィル! 来日公演&名盤ガイド

●特集Ⅱ
オーケストラの定期会員になろう2022

●カラー
Interview~レオニダス・カヴァコス、他/連載~"〈新〉ブラームスはお好き?(仮)/楽師たちの庭/川口成彦「ショパンの窓から」/他

●連載
樂興のすゝめ/ひと粒の音宇宙/オペラで知るヨーロッパ史/他

●特別付録
3大B バッグインバッグ

●別冊付録
コンサート・ガイド&チケット・インフォメーション


※内容は変更になる場合があります。

定期購読のご案内

音楽之友社で刊行された各雑誌を、毎号確実にお手元にお届けいたします。お申し込みいただくと、買い忘れの心配もなく安心!
是非ご利用ください。

インターネットで

セブンネットショッピング富士山マガジンサービスで、定期購読のご注文を受け付けております。各雑誌ごとにお申し込みができます。商品のお届けや、お支払い等、詳しい内容は各社ホームページをご覧ください。
下記のロゴをクリックしてアクセスしてください。

  • セブンネットショッピング

    生活のすべてはセブンネットで。
    全国のセブン-イレブンで、24時間お受取りできます。セブン-イレブンでのお受け取りは現金でお支払できます。その他にも、宅配便やメール便のサービスがございます。

  • 富士山マガジンサービス

    品揃え日本最大級!雑誌のオンライン書店
    クレジット・コンビニ払いも可能です。買った分だけ『月額払い購読』もございます。

お電話で

お申し込み内容(お名前・ご希望雑誌名・ご住所・電話番号)を確認させていただいた後、指定の口座に代金をお振込みいただくと、入金確認後、定期購読が開始いたします。

定期購読受注係(ブックライナー内)

受付時間
平日10:00~12:00、13:00~17:00(土日、祝日、年末年始を除く)
指定の口座:郵便振替口座 (株)ブックライナー⇒00150-6-338408

購読料金に加えて、別途送料がかかります。

書店店頭で

お近くの「ざっしの定期便」加盟店で、お申し込みができます。
下記のマークのある書店が、加盟店です。毎月、書店店頭でお引取りになるか、指定の場所でのお受け取りかが選べます。

加盟店を調べたい場合は、こちらから

ざっしの定期便

指定場所でのお受取りには別途送料がかかります。(店頭お引取りは送料無料)

バックナンバーに関しては、申し訳ございませんが、対象外となります。

バックナンバー

音楽の友 2021年11月号
雑誌
音楽の友 2021年11月号
定価1,016円 (本体924円+税)

J.S.バッハ 鍵盤作品の華《ゴルトベルク変奏曲》他をめぐる旅

A4変 / 発行:2021年10月 / JAN:4910021291119 / 商品コード:032111
音楽の友 2021年10月号
雑誌
音楽の友 2021年10月号
定価1,016円 (本体924円+税)

徹底解説 ヴェルディのオペラ-全26作&レクイエム

特別企画:欧州の夏の音楽祭レポート2021

A4変 / 発行:2021年9月 / JAN:4910021291010 / 商品コード:032110
音楽の友 2021年9月号
雑誌
音楽の友 2021年9月号
特別定価1,120円 (本体1,018円+税)

来日演奏家速報2022

特別企画:没後100周年記念サン=サーンスとフランス音楽の開花

A4変 / 発行:2021年8月 / JAN:4910021290914 / 商品コード:032109
音楽の友 2021年8月号
雑誌
音楽の友 2021年8月号
特別定価1,120円 (本体1,018円+税)

いざ、ショパン作品の大海へ!―ピアニストの言葉とともに

A4変 / 発行:2021年7月 / JAN:4910021290815 / 商品コード:032108
音楽の友 2021年7月号
雑誌
音楽の友 2021年7月号
特別定価1,120円 (本体1,018円+税)

「ショパン」というもの―ピアノの詩人に改めて迫る

全国夏秋の音楽祭ガイド2021

A4変 / 発行:2021年6月 / JAN:4910021290716 / 商品コード:032107
音楽の友 2021年6月号
雑誌
音楽の友 2021年6月号
定価1,016円 (本体924円+税)

没後125周年記念 ブルックナー・リブート 全交響曲「再」完全解説[保存版]

A4変 / 発行:2021年5月 / JAN:4910021290617 / 商品コード:032106
音楽の友 2021年5月号
雑誌
音楽の友 2021年5月号
定価1,016円 (本体924円+税)

いま輝く世界の指揮者に聞く

A4変 / 発行:2021年4月 / JAN:4910021290518 / 商品コード:032105
音楽の友 2021年4月号
雑誌
音楽の友 2021年4月号
特別定価1,120円 (本体1,018円+税)

創刊80周年記念 あなたが選ぶ 「クラシック音楽ベストテン」

ホール主催事業を考える 2021

A4変 / 発行:2021年3月 / JAN:4910021290419 / 商品コード:032104
音楽の友 2021年3月号
雑誌
音楽の友 2021年3月号
定価1,016円 (本体924円+税)

思索するピアニストたち― いまだからこそ、じっくり話を聞きませんか

A4変 / 発行:2021年2月 / JAN:4910021290310 / 商品コード:032103
音楽の友 2021年2月号
雑誌
音楽の友 2021年2月号
定価1,016円 (本体924円+税)

コンサート・ベストテン2020

特別企画: 忘れがたいこの1曲!2020

A4変 / 発行:2021年1月 / JAN:4910021290211 / 商品コード:032102
音楽の友 2021年1月号
雑誌
音楽の友 2021年1月号
特別定価1,120円 (本体1,018円+税)

ウィーン・フィル、日本ツアーのすべて~奇跡の来日〟を追いかける!

オーケストラの定期会員になろう2021

A4変 / 発行:2020年12月 / JAN:4910021290112 / 商品コード:032101

広告掲載のご案内

媒体資料

広告料金・サイズ・進行表

初めてお申し込みされる場合は、初回から3回までは事前のお支払いをお願いしております。

「音楽の友」と「ムジカノーヴァ」の“演奏会案内”欄は、原稿を同封のうえ、期日までに現金書留にて「演奏会案内」係までお送りください。

入稿規定について

広告原稿は、完全データでの入稿をお願いしております。入稿規定および広告制作上の注意を必ずお読みのうえ、ご入稿いただきますようお願いいたします。

「音楽の友」と「ムジカノーヴァ」の“演奏会案内”欄は、ページ規定により制作をお任せいただきます。テキスト原稿、チラシ等をお送りください。

企画広告について

アーティストへのインタビューやさまざまな現場の取材記事を、広告として雑誌に掲載するご相談も承っています。
それぞれの雑誌の視点から、伝えたい商品の情報やコンセプトを盛り込み、より読者の印象に残る広告ページを企画・制作いたします。

広告掲載に関するお問い合わせ・お申し込み

株式会社音楽之友社 編集部広告課

〒162-8716 東京都新宿区神楽坂6-30
Tel.03-3235-2131
Fax.03-3235-2212