音楽の友 2018年8月号
今月号

音楽の友 2018年8月号

オペラへの扉を開く―さまざまな楽しみ方と舞台裏

【定価】¥998 (税込)
【判型】A4変
【発行】2018年7月
【商品コード】031808
購入する

【音楽の友 2018年8月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集

 

オペラへの扉を開く―さまざまな楽しみ方と舞台裏

(奥田佳道/堀内 修/岸純信/戸部亮/片桐卓也/石戸谷結子/室田尚子)
一口にオペラと言っても、劇場で上演する演出付きのもの、演奏会形式、歌手のリサイタル等、さまざまな楽しみ方がある。この特集では、オペラ公演の舞台裏レポートも含め、改めてそれぞれの形式によるオペラ鑑賞の魅力を考える。また、歌手・演出家等が選ぶ「印象的な歌詞」を通じ、奥深いオペラの歌詞の世界も紹介する。

 

カラー

 

●[Interview]森麻季〜コンクール入賞からの20年を振り返る(河野典子)
●[連載]ふかわりょうの「クラシックの友」(8)〜〈ゲスト〉不徹斎千宗守さん(武者小路千家第14代家元)(ふかわりょう)
●[連載]MAROの「つれづれなるままに」〜NHK交響楽団第1コンサートマスター篠崎史紀の音楽雑記(20)(篠崎史紀)
●[連載]和音の本音(12)(清水和音/青澤隆明)
●[連載]ウィーン日々のうつろい(53)(野村三郎)
●[連載]大谷康子音楽交差点(20)〈お客様〉曽根麻矢子(cemb)(大谷康子)
●[連載]モナ・飛鳥のスウィーツなピアノの部屋(モナ・飛鳥)
●[連載]音楽家の休日(8)〜鈴木優人(山田治生)
●[連載]世界音楽家巡礼記(17)(カジポン・マルコ・残月)
●[連載]マインドフルネス紀行(17)(吉井瑞穂)
●[連載]音楽草枕.(樋口楼譟
●[Interview]アリス=紗良・オット、フランス音楽への憧憬(青澤隆明)
●[Interview]マリオ・ブルネロ、指揮とチェロについて語る(山崎浩太郎)
●[Report]ウィーン、サマーナイト・コンサート2018(野村三郎)
●[Report]バッハフェスト・ライプツィヒ2018(中村真人)
●[Report]フランツ・ウェルザー=メスト&クリーヴランド管弦楽団によるベートーヴェン・ツィクルス(萩谷由喜子)
●[Report]サントリーホール「チェンバーミュージック・ガーデン2018」(片桐卓也)
●[Report]フランソワ=グザヴィエ・ロト&レ・シエクル(伊藤制子)
●[Report]ミハイル・プレトニョフ&ロシア・ナショナル管弦楽団(岸純信)
●[Report]アルゲリッチとマイスキーが熱海で熱演!(石戸谷結子)

 

特別記事

 

●日本の技術を駆使したオペラグラス「カブキグラス」とは?
●五嶋みどりのミュージック・シェアリング(渡辺 和)
●ヴァン・クライバーン国際コンクール入賞者、ダニエル・シュー&ヴァディム・ホロデンコ来日(上田弘子/道下京子)
●[Interview]ピョートル・ベチャワ、今後のヴィジョン等について語る(中東生)
●[Interview]小菅優、四元素リサイタル「火」について語る(道下京子)
●[対談]今井信子×恩田 陸(堀江昭朗)
●追悼 ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(佐々木喜久)
●モンサンジョン、ロジェストヴェンスキーを語る(船越清佳)
●世界の主要歌劇場&オーケストラ「2018/19年新シーズン・プログラム」(2)(オーストリア、フランス、イギリス)(野村三郎/三光洋/後藤菜穂子)

 

連載

 

●マエストロを友とした日々(27)人徳溢れるマエストロ、ズービン・メータ(広渡勲/上坂樹)
●世界のコンサートマスターに聞く(40)〜ウルリヒ・エデルマン(フランクフルト放送響)(廣瀬桂子)
●[対談シリーズ]ベートーヴェンとピアノ(17)(平野 昭/小山実稚恵)
●ハイクポホヤの光りと風(12)(舘野泉)
●巨匠たちの「技」と「心」 ―神は細部に宿る(8)〜ジョゼフ・フックス/ゲスト:藤原浜雄(征矢健之介)
●オーケストラとともに53年(8)(田邉稔)
●池辺晋一郎の大作曲家の音符たち ―傑作ア・ラ・カルト(5) ショパン「夜想曲(ノクターン)」集(池辺晋一郎)
●読むオペラ ―聴く前に、聴いた後で(73)〜プッチーニ《修道女アンジェリカ》(堀内修)
●名曲タイムトラヴェル〜真の鑑賞術(32)(平野 昭)
●新名曲解体新書(8)(佐伯茂樹)
●デジタル・クラシックへの誘い(8)(山田真一)
●ミサ曲を通してみた音楽史(11) ―神と向かい合った近代の作曲家(西原稔)

 

People

 

●ジェイムズ・ジャッド(山崎浩太郎)
●福田進一(山田治生)
●フランチェスカ・デゴ(長井進之介)
●本名徹次(堀江昭朗)
●野平一郎(長井進之介)
●木下美穂子(加藤浩子)
●アルセーニ・タラセヴィチ=ニコラーエフ(道下京子)/上森祥平(渡辺和彦)
●岸本力(堀江昭朗)/浅野真弓(真嶋雄大)

 

Reviews & Reports

 

●Concert Reviews演奏会批評
●〈海外レポート〉イギリス/フランス/イタリア/オーストリア/ドイツ/ロシア/アメリカ(秋島百合子/吉田真澄+前田 炎/野田和哉/野村三郎/中村真人+来住千保美/有賀太一)
●〈イヴェント・レポート〉ダニエーレ・ルスティオーニによる「オペラ歌手のためのマスタークラス」(高山直也)
●〈イヴェント・レポート〉トレヴァー・ピノック指揮、英国王立音楽院&東京藝術大学交流演奏会(堀 雅博)

 

Rondo

 

●アテフ・ハリム、東大寺でリサイタルを開催
●「ウィーン少年合唱団」日本最終公演から
●チェリストの伊藤悠貴、ウィグモア・ホール・デビュー!(秋島百合子)
●ディオティマ弦楽四重奏団がトークコンサート
●グレゴリー・セドフが語る「ピッコロ・ヴァイオリン」(山田真一)
●江口玲、130歳を迎える“ローズウッド”とともにリサイタル(上田弘子)
●ドイツ・グラモフォンが120周年をベルリンで祝う!(中村真人)
●ヤオユエ・ファン&スコット・シャーマン、ベーゼンドルファー・インペリアルを弾く
●小山実稚恵、ピアノで綴るロマンの旅アンコール公演(萩谷由喜子)

 

News & Information

 

●スクランブル・ショット&ミニ・ニュース
●今月のシネマ(河原晶子)/今月のシアター(横溝幸子)ほか
●ディスク・セレクション
●音楽の友ホールだより/知っておきたい得情報
●BOOKS
●TVクラシック音楽番組8月の予定
●読者のページ
●次号予告・編集部だより・編集後記・広告案内

 

別冊付録

 

コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション

付録

●特集「オペラへの扉を開く」の舞台裏取材のため、日生劇場へ数日お邪魔させていただきました。この演目にかかわる皆さんの熱い創作魂を間近で見ていたため、本番を客席から観ていると、涙が溢れそうになりました。
●人気ピアニストのアリス=紗良・オットさんがCD デビュー10周年を迎え、新作となるアルバム『ナイトフォール』を発表します。収録された近代フランス音楽へのこだわりを語っていただきました。
●世界屈指のオーケストラ、クリーヴランド管弦楽団とシェフのウェルザー・メストによるベートーヴェン・ツィクルスは、現代のベートーヴェン像を打ち立てる極めて印象的な公演となりました。こちらの模様をグラビア記事でご紹介しています。
●大盛況の内に閉幕となったサントリーホール「チェンバーミュージック・ガーデン2018」。約2週間にわたって行われた熱気あふれる数々の公演の模様をグラビア記事でお送りします。
●今月の「クラシックの友」のゲストは武者小路千家のお家元さま。東京の稽古場にふかわりょうさんらと訪れました。そこで出されたのは、やはりというか抹茶と和菓子。お作法やかもじの使い方などまったく習ったことがありません。なんと三大千家のお家元さまの前でそれらを適当に頂き、冷や汗をかいた取材でした。
●ヴィオラ奏者の今井信子さんと作家の恩田陸さんの対談では、コンクールを観た恩田さんの圧倒的な洞察力に接し、現実のようにリアル、ひょっとすると現実以上にリアルな『蜜蜂と遠雷』ができあがった所以が、わかったような気がしました。
●連載「和音の本音」の「お悩み相談」の受付サイトが新しくなりました。ぜひご質問をお寄せください。心よりお待ちしております!
●連載「私的音楽論考」は、しばらくの間、休載とさせていただきます。再開することになりましたら紙面等でお知らせいたします。
HOME