近刊だより

Ongakunotomo

近々発売される音楽之友社の書籍・ムック・楽譜・DVDをこちらでいち早くご紹介いたします。

〔ONTOMO MOOK〕ホームシアター&オーディオ入門
いい画といい音のある部屋を作る

ホームシアター&オーディオ入門

stereo 編2月26日発売予定
今後は余暇の質を高める上で、音と映像の楽しみが一層重要になる、という視点で、これまでオーディオとビジュアルに入りきれなかった層を対象とする入門MOOK。各AV誌やホームシアター誌が高級化し、どんどん難解になっていく中で、より入りやすい記事を心がけ、リタイアエイジのかつてのファンや上質な生活を目指す女性にも優しいガイドブックとする。単にシアターを志すだけではなく、2チャンネルとの仲のいい構築プランも重視する。
詳しく見る

〔ONTOMO MOOK〕音の館 2020
参加して努力するオーディオ

音の館 2020

stereo 編2月26日発売予定
1981年からおよそ30年間続いた「stereo」誌の名物記事「音の館」をMOOK化。「音の館」は編集スタッフが技術的なことは考えずに音が良くなる(なった)方法を実験していった連載。この全内容を振り返るほか、この連載の精神を受け継ぎ、著名なオーディオショップとの「音質向上」ノウハウ対決したり、とんでもなく高い楽器と一般向け楽器の音の違いが聴き分けられるかブラインドテストを行ったり、オーディオ業界に多大な功績を残した江川三郎・金子英男・長岡鉄男の三氏が「音の館」のために公開した作品やアイデア、ノウハウを振り返ったり、パソコンをピュアオーディオに近づける方法を探したり、巷で大流行のスマートスピーカーを「音の館」のノウハウで徹底高音質化してみたり、音楽の業界地図を塗り替えつつある「サブスクリプション」を「音の館」流に楽しんだり、「音の館」の大発見・大予言集などを掲載する。
詳しく見る

ピアノ曲集記憶の森

記憶の森

木下牧子 作曲2月下旬発売予定
2018年作曲、2019年5月初演。全7曲で緩−急−緩−急−緩−急−緩と、幻想的でゆったりした曲とリズム中心の動的な曲が交互に繰り返される構成となっている。美しい響きのピアニスティックな音型、イマジネーション広がる幻想的な旋律、打楽器的な激しい曲想など、各曲の多彩な表現が魅力。後半の作品はソステヌート・ペダルを多く使用する。中〜上級。ピアニストや音大生、ピアノ学習者のコンサートや発表会レパートリーにぴったり。
詳しく見る

ロシア奏法によるピアノ教本はじめの一歩 響きでつむぐピアノ

はじめの一歩 響きでつむぐピアノ

村手静子 監修/古畑由美子 編2月下旬発売予定
美しく伸びる音、溢れる歌心、ひとつひとつの音に対するこだわりなど、演奏者にとって永遠の憧れであるロシア・ピアニズム。導入期からロシアの音楽教育を体験することができる人気の教本『はじめの一歩』に新たにレパートリー集が登場。色とりどりのロシアの珠玉の名曲を時代順に味わうことで、ロシアの音楽史に触れ、楽曲を文化的視点からも見ることができる。またこれらを弾く際に教本1巻〜3巻で学んだことを生かす術を伝授、改めて学習成果を確認することができ、ロシア・ピアニズムにまた一歩近づける。小学校中学年程度から。
詳しく見る

ロシア奏法によるピアノ教本はじめの一歩 響きでつむぐピアノ

はじめの一歩 響きでつむぐピアノ

村手静子 監修/古畑由美子 編2月下旬発売予定
美しく伸びる音、溢れる歌心、ひとつひとつの音に対するこだわりなど、演奏者にとって永遠の憧れであるロシア・ピアニズム。導入期からロシアの音楽教育を体験することができる人気の教本『はじめの一歩』に新たにレパートリー集が登場。色とりどりのロシアの珠玉の名曲を時代順に味わうことで、ロシアの音楽史に触れ、楽曲を文化的視点からも見ることができる。またこれらを弾く際に教本1巻〜3巻で学んだことを生かす術を伝授、改めて学習成果を確認することができ、ロシア・ピアニズムにまた一歩近づける。小学校高学年程度から。
詳しく見る

〔ONTOMO MOOK〕最新版 世界の名門オーケストラ

最新版 世界の名門オーケストラ

音楽の友、レコード芸術 編3月23日発売予定
現在、世界のクラシック界で重要な役割を果たしている名門オーケストラの活動と、その音楽の魅力を紹介するムック。音楽評論家、寺西基之、満津岡信育、山野雄大3氏の監修で、3氏および『音楽の友』編集部、『レコード芸術』編集部の合議により、世界の名門オーケストラを132団体を選定。各オーケストラについて、その歴史や現在の活動(今後の予定等も含む)、その音楽の魅力を紹介するほか、「これだけは聴いておくべき」代表的なディスクを、各執筆者の選定によりコメントとともに紹介。掲載するオーケストラはウィーン・フィル、ベルリン・フィルなど、世界的に評価の高い名門オーケストラ。国際的に活躍する指揮者のインタビューなど、取材企画やコラム等も多数。
詳しく見る

人生をより美しく
シーモアさんとの対話―音楽、友情、家族、そして創造

人生をより美しく

シーモア・バーンスタイン、アンドリュー・ハーヴェイ 著/小野山弘子 訳3月上旬発売予定
各界で絶賛され、異例のロングヒットとなった米俳優イーサン・ホーク監督のドキュメンタリー映画『シーモアさんと、大人のための人生相談』に出演。多くの音楽ファン、映画ファンを魅了した「NYで最も人気のあるピアノ教師」シーモア・バーンスタインと、同映画にも出演していた詩人で精神学教授のアンドリュー・ハーヴェイとの対談集。
詳しく見る

ピアノ名曲フォーユー 日本を奏でるやさしい連弾

ピアノ名曲フォーユー 日本を奏でるやさしい連弾

小原孝 編3月上旬発売予定
大人気ピアニスト・小原 孝による、誰もが知っている童謡・唱歌の連弾曲集。ピアノのレベルは、プリモは導入、セコンドは初級。プリモは、イラストで示されたポジションに手を置くと、その音域の中で弾けるようになっているので、弾く前に良い手の形を意識的に作る訓練にもなる。そのほか、メロディのキャッチボール、脱力した弱い音でのスタッカート、薬指と小指の弱い指強化のための指づかい、二人で息を合わせることによるアンサンブル能力の向上など、ピアノを弾く上で大切なことが自然に身につく曲集となっている。さまざまなジャンルで大活躍の著者による曲の解説、演奏へのアドバイスは必見。
詳しく見る

リレー連弾 ワールドセレクション

リレー連弾 ワールドセレクション

春畑セロリ 編3月上旬発売予定
1台のピアノを大人数で交代しながら弾くユニークなアンサンブル「リレー連弾」。春畑セロリが発案し、ピアノを使った新しい楽しみ方として、一大ムーブメントを巻き起こしている。「ワールドセレクション」という書名のとおり、どこかで耳にしたことのある世界の歌や踊りの曲が満載!クラリネット・ポルカやコロブチカなど軽快なリズムに心躍る《踊れ!ヨーロッパ大陸》。《わらべうたリレー連弾》は先生と生徒たちで弾ける、懐かしい日本のわらべうたメドレー。《リレーde世界旅行》では、様々な国の音楽が入り乱れて大変なことに!? ハワイアンやメラネシアンの音楽でまったり癒される《パンパシミュージックリレー》。1本指でも加われる、可愛らしい曲を集めた《カワユイ☆リレー》などなど。この1冊で老若男女、初心者も上級者も一緒に発表会やパーティーで大盛り上がり間違いなし!
詳しく見る

無伴奏混声合唱のためのうたものがたり

うたものがたり

伊左治直 作曲3月上旬発売予定
合唱団『ヴォクスマーナ』(西川竜太 指揮)が2008年から継続して委嘱してきたアンコール・ピースをまとめたもの。テキストは宮沢賢治、ロルカ、三善達治、新美桂子、池辺晋一郎とさまざま。純粋に響きの美しい洗練された曲あり、前衛的な響きのものもあり、ポップで楽しく舞台が華やぐ作品あり、会場を笑いに誘う作品ありと、伊左治音楽のさまざまな顔を一度に見られるヴァラエティ豊かな曲集。
詳しく見る

無伴奏混声合唱のためのうたものがたり

うたものがたり

伊左治直 作曲3月上旬発売予定
合唱団『ヴォクスマーナ』(西川竜太 指揮)が2008年から継続して委嘱してきたアンコール・ピース集第2弾。テキストは宮沢賢治、ロルカ、三善達治、新美桂子、池辺晋一郎とさまざま。純粋に響きの美しい洗練された曲あり、前衛的な響きのものもあり、ポップで楽しく舞台が華やぐ作品あり、会場を笑いに誘う作品ありと、伊左治音楽のさまざまな顔を一度に見られるヴァラエティ豊かな曲集。2集では、アンコール・ピース連続委嘱のきっかけとなった《ニッポン・サウダージ》のコーダ部分で独立して演奏できる〈歳月〉を特別に収録した。
詳しく見る

女声合唱と弦楽四重奏のためのあたしとあなた

あたしとあなた

谷川俊太郎 詩/信長貴富 作曲3月上旬発売予定
女声合唱と弦楽四重奏(ヴァイオリン機Ν供織凜オラ/チェロ)による8曲からなる曲集。合唱団るふらんによる委嘱作品。谷川俊太郎が装丁から紙の質感までこだわり、新鮮な発想で生み出した詩集『あたしとあなた』(ナナロク社)から選ばれた8篇の詩に作曲されている。4本の弦のアンサンブルにしなやかな女声合唱のサウンドが絡み合う意欲作。「弦楽を伴う女声合唱という編成は、私自身がワクワクしながら音の森に迷い込みたかったから選んだものである」と信長貴富は言い、彼だからこそ出来るこの編成によって、女声合唱の魅惑の世界が大きく広がった。
詳しく見る

改訂版 最新 中等科音楽教育法 2017/18年告示「中学校・高等学校学習指導要領」準拠 中学校・高等学校教員養成課程用

改訂版 最新 中等科音楽教育法 2017/18年告示「中学校・高等学校学習指導要領」準拠 中学校・高等学校教員養成課程用

中等科音楽教育研究会 編3月上旬発売予定
2017年3月に告示された「中学校学習指導要領」、2018年3月に告示された「高等学校学習指導要領」のそれぞれに対応した事例や解説、教材、資料を豊富に掲載。実践的な内容で即戦力が身につくように構成した。教育の第一線で活躍中の執筆者陣が、「主体的・対話的で深い学び」の実現に導く。学習評価の方法などが改められたため、最新の情報に対応した。
詳しく見る

改訂版 最新 初等科音楽教育法 2017年告示「小学校学習指導要領」準拠 小学校教員養成課程用

改訂版 最新 初等科音楽教育法 2017年告示「小学校学習指導要領」準拠 小学校教員養成課程用

初等科音楽教育研究会 編3月上旬発売予定
2017年3月に告示された「小学校学習指導要領」に対応した事例や解説、教材、資料を豊富に掲載。実践的な内容で即戦力が身につくように構成した。教育の第一線で活躍中の執筆者陣が、「主体的・対話的で深い学び」の実現に導く。学習評価の方法などが改められたため、最新の情報に対応した。
詳しく見る

〔新・中学生のクラス合唱曲集〕千年樹の夢
全曲収録CD付き楽譜[解説付き]

千年樹の夢

音楽之友社 編3月上旬発売予定
オリジナルの新作を中学生に贈るクラス合唱曲集。昨年度の『この歌を』に次ぐシリーズ第36集となる。音楽の授業の副教材、また校内合唱コンクール(合唱祭)など行事の選曲に最適。ミマス、栂野知子、ruriko、大藤 史、森山至貴、西澤健治、山崎朋子、弓削田健介、の新作合唱曲全10曲を収録。全曲収録の範唱CD付き。
詳しく見る

ベートーヴェン 革新の舞台裏
創作現場へのタイムトラベル

ベートーヴェン 革新の舞台裏

平野昭 著3月中旬発売予定
名曲が生まれた当初、聴衆が受けた衝撃を私たちは知らない。今やすっかり「定番」になっている音楽に秘められた「革新」は何だったのか――。ベートーヴェンの創作の真意にせまるべく、ベートーヴェン研究の第一人者のナヴィゲートで当時へタイムトラベルしてみよう!交響曲、ピアノ曲、弦楽四重奏曲、協奏曲などのよく知られた名曲には新たな角度から光をあて、カンタータなど、演奏機会は少ないがベートーヴェン作品理解に不可欠な作品も取り上げる。音楽素材や表現方法、作品どうしの秘められた関連から、当時の演奏会プログラム・楽譜・楽器の進化、パトロンや演奏家との関係、社会的背景や歴史的事件にまで目配りをし、世界の最新の研究も盛り込まれ「知られざるベートーヴェン」に出会える。
詳しく見る

〔音楽指導ブック〕よくわかる日本音楽基礎講座〜雅楽から民謡まで
増補・改訂版

よくわかる日本音楽基礎講座〜雅楽から民謡まで

福井昭史 著3月中旬発売予定
小・中学校の学習指導要領において必須事項とされる「我が国(郷土)の音楽」の指導にあたり知っておくべき基礎事項が網羅されている音楽指導ブック。「日本音楽とは何か?」から始まり、雅楽・能楽・三味線音楽など、個性豊かな日本音楽をコンパクトに分かりやすく分類・整理されていて、日本音楽の基礎を学ぶための入門書として、かつ諸用語や音階、楽器などについていつでも振り返られる資料として、音楽科教員、教員志望の学生や趣味として日本音楽に興味を持つ方にも大きくおススメできる。大学における「日本音楽概論」「日本音楽鑑賞論」などのテキストにも最適である。今回の増補・改訂では、新学習指導要領の日本音楽の項目の追加や日本音楽に関連する興味深いトピックやエピソードの追加が行われた。デザインも一新され、それぞれの項目ごとに読みやすくなり、困ったときにそばに置いておきたいブックである。
詳しく見る

HOME