stereo 2021年7月号
今月号

stereo 2021年7月号

JBL 75年の軌跡

【定価】¥990 (税込)
【判型】B5
【発行】2021年6月
【商品コード】052107
購入する

【stereo 2021年7月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入 ヨドバシカメラで購入 ヨドバシカメラで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集

 

JBL 75年の軌跡

やっぱりJBL〜笹路正徳の頷き(田中伊佐資(聞き手、構成))
〈音見え〉登場者の声、声、声…「お世話になってます! JBL」(編集部)
JBLホーム用スピーカーの思い出と系譜(林 正儀)
スタジオモニターシリーズの歴史(石渡博)
JBLなう! 〜現行モデル一斉試聴(石田善之、潮晴男)
JBLが聴けるJAZZ喫茶&BAR(上田高志)
日本全国津々浦々 JBLで音楽を楽しめるJAZZ喫茶MAP
HANIWAオーディオの目指す世界を探る(山之内正)
ティアック Reference USB-DAC/ネットワークプレーヤー 「UD-701N」を聴く(林正儀)
8月号発売予定 MOOK付録オンキヨースピーカーユニット
イクリプス・スピーカーのある生活(飯田有抄)
SOUND BASEのオーディオ哲学が詰まったRCAケーブルを体験(今泉晃一)
アクセサリーの焦点 コード・ケーブル、ノイズポンプシリーズの効果に迫る(井上千岳)
The Real American Hi−Fi ポークオーディオ「Reserveシリーズ」を徹底検証(生形三郎)
ONTOMO Shop情報

 

stereo試聴室★話題の新製品を聴く

 

(石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥(解説))
[SACDプレーヤー]マークレビンソン No5101
[プリアンプ]マッキントッシュ C22V
[スピーカーシステム]クリプトン KX-0.5供織┘薀奪Solano FS 287

 

注目製品ファイル

 

.泪奪ントッシュ C8+MC830(小林 貢)
▲ーディオデザイン DCEQ-200(井上千岳)
エソテリック Grandioso G1X / アヴァンギャルドUNO XD FINO EDITION(鈴木 裕)
ぅ薀奪スマン LMC-5(小林 貢)
アクセサリーファイル
エディスクリエーションSilent Switch OCXO “JSM”他(生形三郎)
ワイヤーワールドUSB8シリーズ(岩井 喬)
アコースティックリヴァイブRTS-30(岩井 喬)
ゾノトーンGrandio LW-1(林 正儀)
新製品ニュース(遠藤正奥/峰尾昌男)

 

連載

 

音の見える部屋 オーディオと在る人 今月の人:村松亮太郎さん(田中伊佐資)
いい音いい場所いいお店「ゆしま」(上田高志)
音楽人巡礼〜音のプロフェッショナルをたずねて〜巡礼先:林 正儀邸(今津 甲)
ピーター・バラカンの新・音楽日記
使い方を知る〜オーディオの新常識〜(福田雅光)
オヤイデ放談(平間至×近藤正隆(オヤイデ電気))
短期連載 生形三郎“夢の”低音行脚「マークオーディオで組む低音」
火の鳥電機(峰尾昌男)
ヴィニジャン〜アナログの壺〜(田中伊佐資)
ロック・ポップイワタ塾(岩田由記夫)
今月の変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)
オーディオの基礎と焦点「スピーカーユニットの新技術」(柴崎 功)
クラフト・ヴィンテージ(キヨトマモル)

 

ステレオ・ディスク・コレクション

 

今月の優秀録音(福田雅光)
今月の特選盤(石田善之/林 正儀/鈴木 裕/田中伊佐資/広瀬大介)
今月の話題盤
[クラシック]浅里公三[ジャズ]市川正二[ロック/ポピュラー]宇田和弘[日本のポピュラー]増渕英紀
今月のSACD〜復刻盤編(岩間哲男)
テラシマ円盤堂(寺島靖国)
榎本憲男の俺にロックを鳴らさせろ(榎本憲男)
音の余白 (岩出和美)
Topics「マスターブックシリーズ」著者陣によるオンライン勉強会に参加してきました。(榎本憲男)
BOOKS
次号予告/訂正とお詫び
TOWNS
編集後記

 

特別付録

 

JBLロゴステッカー

7月号は今年で75周年を迎えるアメリカのスピーカーブランドJBLを総括した特集となります。JBLは日本のオーディオ文化には欠かせない憧れの存在として、古くから現在に至るまで多くのファンを魅了してきました。付録にはロゴステッカーがつきます。
HOME