レコード芸術 2020年8月号
今月号

レコード芸術 2020年8月号

ロシアのシンフォニストたち――「非西欧」の大山脈

【定価】¥1,430 (税込)
【判型】B5
【発行】2020年7月
【商品コード】042008
購入する

【レコード芸術 2020年8月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集

 

ロシアのシンフォニストたち――「非西欧」の大山脈

●巻頭言 ロシアの作曲家にとって「交響曲」とは何か……中田朱美

 ロシア交響曲の諸相
●帝政時代……満津岡信育
●ソ連時代……増田良介

 五大シンフォニスト
●.船礇ぅ灰侫好ー……相場ひろ
●▲好リャービン……長井淳
●ラフマニノフ……谷口昭弘
●ぅ廛蹈灰侫エフ……小室敬幸
●ゥ轡腑好織魁璽凜チ……千葉 潤

●チャイコフスキーの交響曲への試行錯誤……相場ひろ
●ショスタコーヴィチの交響曲〜話題盤を聴く……鈴木淳史
●21世紀に「発見」された交響曲〜ヴァインベルク……増田良介

 

巻頭カラー/今月のアーティスト

 

●パブロ・エラス=カサド(指揮)……満津岡信育

 

注目連載

 

●レコード小説……片山杜秀

 

好評連載

 

●〔カラー〕青春18ディスク――私がオトナになるまでのレコード史 第32回 相場ひろ(後篇)
●ディスク遊歩人 140 「コロナ渦とライヴ性――予感と距たり」……長木誠司
●レコード誕生物語――その時,名盤が生まれた 第32回 クレンペラー指揮/マーラー:大地の歌(1964,66年録音)……等松春夫

 

連載

 

●古楽夜話 第三十二夜「メールラ《そう信じる愚か者》」……那須田 務
●LP藝術 92……喜多尾道冬
●Viewpoints――旬の音盤ためつすがめつ……ホスト:満津岡信育 ゲスト:安田和信
●第92回 山之内正のネットオーディオ生活……山之内正
●クラシック版インターネット配信音源ガイド……相場ひろ
●〈特捜プロジェクト〉アニヴァーサリー演奏家2020─屮▲淵函璽蝓Ε凜Д妊襯縫灰(p)」……増田良介
●ピアノ名曲解体新書 116 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番《テンペスト》……下田幸二
●海外盤REVIEW
 毎月120枚以上を紹介

 

インタヴュー

 

●ニコラ・アンゲリッシュ(p)……青澤隆明
●高橋多佳子(p)……山野雄大
●ジャン・ロンドー(cemb)……鈴木淳史
●福田美樹子(S)……東端哲也
●海外楽信
 イタリア:野田和哉/フランス:柿市 如/ドイツ:城所孝吉/アメリカ:小林伸太郎/イギリス:山形優子フットマン/オーストリア:野村三郎

 

Audio for classical music

 

●俺のオーディオ 物欲編……寺島靖国
●リマスタ鑑定団……山之内正,山崎浩太郎,他
●モダン・サウンド・プロダクツ……山之内正,山崎浩太郎
●クォリティ主義者のために選ぶ 藤岡誠の逸品
●よりよい音でクラシックを楽しむための+ONE……鈴木 裕
●クラシック・ファンのための“音のいい”JAZZ CD……寺島靖国

 

新譜月評

 

すべての新発売新譜を複数批評にて掲載

 

新譜CD&ビデオ一覧表

 

 

●特集は「ロシアのシンフォニストたち」にスポットを当てました。ロシア初の交響曲は19世紀半ばにようやく生まれましたが、それから数多の作曲家が傑作を残しています。西欧とは異なる土壌に生まれ、政治体制に翻弄されつつも豊かな音楽世界を作り上げたその魅力に、改めて耳を傾けてはいかがしょうか。表紙には「五大シンフォニスト」としてチャイコフスキー、スクリャービン、ラフマニノフ、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチをあしらいました。
●カラー「今月のアーティスト」は指揮者のパブロ・エラス=カサド、「青春18ディスク」は音楽評論の相場ひろの後編です。
●インタヴューにはニコラ・アンゲリッシュ(p)、高橋多佳子(p)、ジャン・ロンドー(cemb)、福田美樹子(S)の各氏に登場いただきました。
●新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、第2波・第3波への警戒が必要です。弊誌は通常通り刊行予定ですが、読者のみなさまもご自愛ください。
HOME