レコード芸術 2021年10月号
今月号

レコード芸術 2021年10月号

「いぶし銀」の名指揮者――“演奏伝統”の継承者たち

【定価】¥1,430 (税込)
【判型】B5
【発行】2021年9月
【商品コード】042110
購入する

【レコード芸術 2021年10月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入 ヨドバシカメラで購入 ヨドバシカメラで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

電子書籍

【レコード芸術 2021年10月号】こちらの商品は電子版がご購入いただけます。

下記リンクから各ショップの電子版購入ページにお進みください。

Fujisan.co.jp

※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集

 

「いぶし銀」の名指揮者――“演奏伝統”の継承者たち

●旧東ドイツの「いぶし銀」指揮者たち……山崎浩太郎
●旧西ドイツの「いぶし銀」指揮者たち……大津 聡
●ハンガリーの「演奏伝統」とその継承……小宮正安
●フランスの「いぶし銀」指揮者たち……相場ひろ
●イギリスの「いぶし銀」指揮者たち……西村 祐
●旧チェコスロヴァキアの「いぶし銀」指揮者たち……満津岡信育

現代の「いぶし銀」指揮者たち
●その1 マレク・ヤノフスキの“継承性”について……広瀬大介
●その2 秋山和慶と飯守泰次郎……山野雄大
●その3 マリン・オールソップ入門……相場ひろ
●その4 ヴラディーミル・ユロフスキー……増田良介/エマニュエル・クリヴィヌ……増田良介/アントニ・ヴィト……相場ひろ/クリストフ・エッシェンバッハ……八木宏之/マックス・ポンマー……満津岡信育/ミシェル・プラッソン……八木宏之/ヘルベルト・ブロムシュテット……本田裕暉

●「復刻技術革新」と「源流回帰」の潮流……北村 晋(タワーレコード)

 

巻頭カラー/今月のアーティスト

 

●エマニュエル・パユ(fl)……山野雄大

 

カラー/青春18ディスク――私がオトナになるまでのレコード史

 

●第46回 島田雅彦(後篇)……飯田有抄

 

注目連載

 

●レコード小説 11……片山杜秀

 

好評連載

 

●ディスク遊歩人 154 「もういくつかのピエロ・リュネール」(その3)……長木誠司
●レコード誕生物語――その時,名盤が生まれた 第46回「リパッティ(p)/ブザンソン音楽祭における最後のリサイタル」……飯田有抄
●古楽夜話 第四十六夜「ビーバー《ロザリオのソナタ》」……那須田 務
●LP藝術 106……芳岡正樹
●Viewpoints――旬の音盤ためつすがめつ……ホスト:満津岡信育 ゲスト:藤原一弘
●第106回 山之内正のネットオーディオ生活……山之内正
●クラシック版インターネット配信音源ガイド……相場ひろ
●〈特捜プロジェクト〉アニヴァーサリー演奏家2021「ウィレム・メンゲルベルク(指揮)」……相場ひろ
●ピアノ名曲解体新書 130 ベートーヴェン:前期ピアノ・ソナタ機帖腸偲長二
●海外楽信……イタリア:野田和哉/フランス:柿市 如/ドイツ:城所孝吉/アメリカ:小林伸太郎/イギリス:山形優子フットマン/オーストリア:中村伸子

 

インタヴュー

 

●宮谷理香(p)……山崎浩太郎
●ロー磨秀(p,vo)……長井進之介
●piaNA(ピアノ・デュオ)……伊熊よし子
●山本直人(ob)……山野雄大

 

海外盤REVIEW

 

毎月大量の注目海外盤を紹介

 

Audio for classical music

 

●俺のオーディオ……土方久明
●スウィング・ヘッドシェルが実現する「理想のアナログ再生」……編集部
●モダン・サウンド・プロダクツ……山之内 正×吉井亜彦
●クォリティ主義者のために選ぶ藤岡 誠の逸品
●よりよい音でクラシックを楽しむための+ONE……土方久明
●クラシック・ファンのための“音のいい”JAZZ CD……寺島靖国

 

新譜月評

 

すべての新発売新譜を複数批評にて掲載

 

新譜CD&ビデオ一覧表

 

 

数日前2回目のワクチン接種をしてきました。巷で話題の副反応体験を少し楽しみにしていたのですが、想像を上回る激しさに当日夜から寝込み、それから3日間ほど寝たきりで過ごしました。校了間際の貴重な数日が消えてなくなりましたが、なんとか今号も無事にできあがりそうです。その今号、特集では、常套句として使う機会の多い“いぶし銀”の指揮者たちの芸風を掘り下げました。曖昧な言葉だけに、捉え方は人それぞれ。記事では「それぞれの国の“演奏伝統”の継承者である」ことを切り口に、国別に新旧織り交ぜて分析しました。近年再評価が進む顔ぶれや、意外な指揮者も登場、穿った考察に唸らされます。聴き応えたっぷりの2枚組新譜について語ったパユのメール・インタヴュー(巻頭カラー)や、リパッティの名盤のバックストーリーに迫った「レコード誕生物語」はじめ、10月号も読みどころ満載です。
HOME