• ドヴォルザークの音符たち 新装版
  • ドヴォルザークの音符たち 新装版の中身

書籍 評論・読み物

ドヴォルザークの音符たち 新装版

池辺晋一郎の「新ドヴォルザーク考」

池辺晋一郎

定価
2,310円 (本体2,100円+税)
判型・頁数
A5・184頁
発行年月
2023年6月
ISBNコード
9784276202658
商品コード
202650

上記リンクの他、書店、楽器店、他ネットショップにてご購入いただけます。

  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Twitter
  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Facebook
  • 音楽之友社 出版部 LINE
  • 音楽之友社 出版部 YouTube

内容紹介

メロディの山! メロディの連鎖! これが、ドヴォルザークなのだ!――
大作曲家たちの“すごさ”“素晴らしさ”が楽しくわかる! すべてのクラシック音楽ファン座右の書、日本クラシック音楽界の重鎮・池辺晋一郎の代表著作『音符たち』シリーズ。新装版化されたバッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスに続き、根強い人気を誇るドヴォルザーク、チャイコフスキーが刊行!!
「こむずかしそうな学者的解説やアナリーゼは避け、名曲の楽譜に並んだ“音符たち”の、いわば『行間』から裏側をのぞき、そこからオッと思える芽を見つけ、摘み取り、いじくりまわしてみる――それらを『同業者』として作曲家の立場で行う」という同シリーズのコンセプトのもと、チェコが生んだメロディ・メーカー、ドヴォルザークが創り上げた名曲の名曲たるゆえんを、「新世界より」「ユモレスク」やチェロ協奏曲だけでなく、知られざる名曲まで軽妙洒脱な筆致で説き明かす。

目次

序文
はじめに
第1章 これがドヴォルザークなのだ! ― 交響曲第8番 その1
第2章 ドヴォルザークの真骨頂 ― 交響曲第8番 その2
第3章 ドヴォルザーク節を堪能! ― 8つのユモレスク
第4章 「夢幻」の作りかた ― ピアノ五重奏曲
第5章 栴檀は若芽より芳し ― チェロ協奏曲イ長調
第6章 「わが母の教え給いし歌」の「非ピタリ」 ― 「ジプシーの歌」と「モラヴィア二重唱曲」
第7章 地についた「血」 ― スラヴ舞曲集
第8章 思うさま歌って…… ― ピアノ三重奏曲「ドゥムキー」
第9章 面白さ満載! ― セレナード ホ長調
第10章 アイディア満載 ― セレナード ニ短調
第11章 熱っぽい旋律美 ― ヴァイオリン協奏曲
第12章 旋律作法の自由闊達さ! ― 弦楽四重奏曲第12番《アメリカ》 その1
第13章 音による完璧な演出 ― 弦楽四重奏曲第12番《アメリカ》 その2
第14章 この方らしからぬ「渋さ」 ― 交響曲第3番
第15章 まるごとファンタジー! ― オペラ「ルサルカ」
第16章 もっと知られていい曲 ― ピアノ協奏曲
第17章 序曲と交響詩の違いは? ― 序曲「オセロ」「謝肉祭」
第18章 優しく、ナイーヴな大作 スターバト・マーテル
第19章 小品と言っては短絡 ― ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ
第20章 構成を意図してこの自然さ! ― チェロ協奏曲ロ短調
第21章 アグレッシヴなドヴォルザーク ― 弦楽五重奏曲第3番
第22章 ドヴォルザークの晴れやかな顔! ― テ・デウム
第23章 「2番」と「内声」への愛(?) ― 交響曲第9番「新世界より」 その1
第24章 「こうでなきゃ」に満ちた名作 ― 交響曲第9番「新世界より」 その2