• 音楽の友 2022年2月号
  • 音楽の友 2022年2月号の中身

雑誌 音楽の友

音楽の友 2022年2月号

  • コンサート・ベストテン 2021/特別企画:忘れがたいこの1曲! 2021
  • 別冊付録:コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション
定価
1,016円 (本体924円+税)
判型・頁数
A4変
発行年月
2022年1月
JANコード
4910021290228
商品コード
032202

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 「音楽の友」編集長 Twitter
  • 音楽の友 編集部 Twitter
  • 音楽の友 編集部 Facebook

内容紹介

【特集】
●コンサート・ベストテン 2021
(青澤隆明/秋島百合子/浅松啓介/伊熊よし子/池田卓夫/入山功一/上田弘子/岡部真一郎/奥田佳道/小畑恒夫/片桐卓也/加藤浩子/金子建志/岸 純信/来住千保美/國土潤一/小林伸太郎/小室敬幸/佐々木喜久/三光 洋/柴田克彦/柴田龍一/白石美雪/長木誠司/寺西基之/戸部 亮/長井進之介/中 東生/那須田 務/中村伸子/中村真人/西原幹喜/野平多美/野田和哉/萩谷由喜子/長谷川京介/原 明美/平野 昭/広瀬大介/舩木篤也/堀内 修/堀江昭朗/真嶋雄大/満津岡信育/松本良一/道下京子/山崎浩太郎/山田真一/山田治生/吉田純子/渡辺和彦/渡辺 和/ダニエル・フロシャウアー/ミヒャエル・ブラーデラー/大野和士/他)
毎年2月号恒例のコンサート・ベストテン。今年は、40人の音楽評論家・記者に2021年の演奏会からベストテンを選んでいただきました。また、海外在住筆者が選ぶ今年のベスト・アーティストも紹介します。

【特別企画】
●忘れがたいこの1曲! 2021
(青澤隆明/伊熊よし子/池田卓夫/上田弘子/岡部真一郎/奥田佳道/片桐卓也/加藤浩子/岸 純信/高坂はる香/國土潤一/柴田克彦/白石美雪/戸部 亮/長井進之介/那須田 務/野平多美/萩谷由喜子/長谷川京介/広瀬大介/堀内 修/堀江昭朗/真嶋雄大/満津岡信育/道下京子/山崎浩太郎/山田真一/山田治生/渡辺和彦/渡辺 和/他)

【カラー】
●[Interview]沼尻竜典―デビュー30周年を迎え、さらなる高みへ(高坂はる香)
●[Interview]諏訪内晶子―新章 待望のバッハ「無伴奏全曲」アルバムをリリース(片桐卓也)
●[Interview & Report]チャイコフスキー国際コンクール優勝者アレクサンドル・カントロフが来日(道下京子)
●[座談会(鼎談)]『音楽の友』創刊80周年記念(2)―戦後から現代まで 奥田佳道×池田卓夫×堀内久美雄―日本のクラシック音楽界80年と未来を探る(小倉多美子)
●[Interview]これからも、音楽とともに~音楽界を支えるリーダーからのメッセージ(秋山百合子/出井昭剛/加藤正人/河合弘隆/髙木 裕/中田卓也/藤井隆太/山野政彦)
●[Report]浜松国際ピアノ・フェスティバル2021~若手3人の競演など、多彩なプログラムでピアノの魅力を発信!(道下京子)
●[Report]ショパン・コンクール入賞者 反田恭平×小林愛実が奏でる至福のピアノ・デュオ(道下京子)
●[Report]ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート2022(中村伸子)
●[連載]楽団長フロシャウアーかく語りき「ウィーン・フィル、わが永遠のオーケストラ」(11)(ダニエル・フロシャウアー/渋谷ゆう子)
●[連載]ショパンの窓から(9)―ヨーゼフ・スラヴィーク(川口成彦)
●[連載]対談シリーズ 楽師たちの庭(10)九州交響楽団/鈴木 淳(vc)、山本直輝(vc)(堀江昭朗)
●[連載]わが友ブラームス(2) ゲスト:ゲルハルト・オピッツ(p)(越懸澤麻衣)
●[連載]マリアージュなこの1本~お酒と音楽の美味しいおはなし(19)~〈ゲスト〉鈴木大介(ギタリスト)(伊熊よし子)
●[連載]和音の本音(18)―シューマンのなかにⅣ(清水和音/青澤隆明)

【特別記事】
●[対談]郡 愛子×江原啓之―新制作《ミスター・シンデレラ》上演にむけて語る日本オペラの深さ(片桐卓也)
●[Interview]青山聖樹、玉井菜採~「アンサンブルofトウキョウ」2022年のラインナップを語る(小倉多美子)
●[Interview]葵トリオ~紀尾井ホールで3年にわたる新シリーズをスタート(小倉多美子)
●[Interview]「NHK交響楽団×野平一郎プロジェクト」《静岡トリロジー》第3部完成―野平一郎に聞く(小倉多美子)
●[Report]京都市交響楽団が首席客演指揮者ジョン・アクセルロッドとガジャルド作品を世界初演(能登原由美)
●[Report]人形劇俳優・平常と宮田大がシェイクスピア《ハムレット》に新たな色合いをもたらした新演出(岸 純信)
●[Report]ケント・ナガノがピリオド楽器で《ラインの黄金》(来住千保美)
●[Report]若き音楽家たちの熱演が繰り広げられた「第12回 音楽大学オーケストラ・フェスティバル 2021」(高山直也)

【連載】
●池辺晋一郎エッセイ 先人の影を踏みなおす(23) 加藤 剛さん(1)(池辺晋一郎)
●平野 昭・対談シリーズ 樂興のすゝめ from research to practice, from practice to research 第4章:ピアノ音楽の諸相/ゲスト:仲道郁代(3) 前奏曲 その1(平野 昭/長井進之介/仲道郁代)
●ひと粒の音宇宙―魅惑のアンコール・ピースたち(8) プロコフィエフ「ピアノ・ソナタ第7番《戦争ソナタ》」~第3楽章(高坂はる香)
●オペラで知るヨーロッパ史(21)~ウェーバー《魔弾の射手》(加藤浩子)
●河原忠之 歌好きのためのピアノ手帖(2) ビゼー《カルメン》より〈ハバネラ〉(河野典子)
●デジタル・クラシックⅡ―オンライン・クラシックの活用術(14)―「Bluetoothとは?」、「ワイヤレスイヤホンの驚異的な進歩」(山田真一)
●クラシックを撃て!(11) 今井 正監督 映画『ここに泉あり』(國土潤一)

【People】
●田村 響(伊熊よし子)
●上原彩子(道下京子)
●金子三勇士(高坂はる香)

【Reviews & Reports】
●Concert Reviews 演奏会批評
●海外レポート
イギリス(秋島百合子)/フランス(三光 洋)/イタリア(野田和哉)/オーストリア(中村伸子)/ドイツ1(中村真人)/ドイツ2(来住千保美)/スイス(中 東生)/ロシア(浅松啓介)/アメリカ(有賀太一)

【Rondo】
●上野星矢らの“The Sixth Sense”が第六感を呼び覚ます
●5人のヴィルトゥオーゾたちによる饗宴(山田治生)
●新演出《マタイ受難曲》でイエス役の大西宇宙が説得力ある歌と演技を披露(岸 純信)
●バルカン室内管弦楽団 東京公演に龍角散社長・藤井隆太氏がソリストで登場(萩谷由喜子)
●日本・ヴェトナム国交樹立50周年にむけた新作オペラ《アニオー姫》プロジェクト記者●発表会/『エチオピア高原の吟遊詩人』の著者・川瀬慈氏がサントリー学芸賞を受賞

【News & Information】
●フレッシュ・アーティスト・ファイル Vol.32 星野朱音(tp)
●スクランブル・ショット
●音楽の友ホールだより
●ディスク・スペース(諸石幸生/真嶋雄大)
●アート・スペース( 映画:中村千晶/舞台:横溝幸子/展覧会:花田志織/書籍:小沼純一、小畑恒夫)
●クラシック音楽番組表
●読者のページ
●編集部だより(次号予告/編集後記/広告案内)

【表紙の人】
●沼尻竜典(指揮者)
東京都出身。ベルリン留学中の1990年、ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝。以後、世界各国のオーケストラや歌劇場に客演を重ねる。国内で新星日響をはじめとして各オーケストラのポストを歴任、ドイツでリューベック歌劇場音楽総監督を務めた。これまで出光音楽賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞、文化庁芸術祭優秀賞、芸術選奨文部科学大臣賞、第51回ENEOS音楽賞 洋楽部門本賞、他、受賞歴多数。2017年春、紫綬褒章受章。現在、びわ湖ホール芸術監督、トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア音楽監督。2022年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団音楽監督に就任。

【別冊付録】
コンサート・ガイド&チケット・インフォメーション
Concert Guide & Ticket Information
観どころ聴きどころ
(戸部 亮&室田尚子)

新型コロナウイルスの影響で、公演やイヴェントの延期・中止が相次いでおります。本誌および別冊付録「コンサート・ガイド」に掲載された公演の最新情報は、各主催者のホームページなどでご確認ください。