• 音楽の友 2022年4月号
  • 音楽の友 2022年4月号の中身

雑誌 音楽の友

音楽の友 2022年4月号

  • シェイクスピア meets クラシック/ホール主催事業を考える2022
  • 別冊付録:コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション
特別定価
1,120円 (本体1,018円+税)
判型・頁数
A4変
発行年月
2022年3月
JANコード
4910021290426
商品コード
032204

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 「音楽の友」編集長 Twitter
  • 音楽の友 編集部 Twitter
  • 音楽の友 編集部 Facebook

内容紹介

【特集Ⅰ】
シェイクスピア meets クラシック
(寺西基之/山田治生/山本明尚/三光 洋/寺西 肇/原田慶太楼/小倉多美子/宮川彬良/加藤浩子/萩京子/伊藤制子/國土潤一/松岡和子/河合祥一郎/室田尚子/岸 純信/越懸澤麻衣/戸部 亮)
シェイクスピアの戯曲を題材にしたクラシック音楽から、人気の作品を中心に取り上げます。それらの作品の音楽的な魅力を紹介するとともに、原作の戯曲との比較もしていきます。

【特集Ⅱ】
ホール主催事業を考える2022
愛知県芸術劇場/王子ホール/神奈川県民ホール/神奈川県立音楽堂/サントリーホール/滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール/住友生命いずみホール/東京芸術劇場/東京オペラシティ/東京文化会館/トッパンホール/日生劇場/兵庫県立芸術文化センター/フェニーチェ堺/Bunkamura/ミューザ川崎シンフォニーホール/ヤマハホール/横浜みなとみらいホール
(奥田佳道/池田卓夫/山田治生/加藤浩子/山崎浩太郎/小倉多美子)
コロナ禍も3年目に入るが、各ホールおよび劇場は、2022年からの新シーズンもそれぞれ工夫を凝らした公演を企画している。各ホールに新シーズンの企画を聞いた。

【カラー】
●[Interview]飯森範親~パシフィック フィルハーモニア東京と描くオーケストラの未来(池田卓夫)
●[Report]井上道義×読売日本交響楽団― マーラー《大地の歌》で深い余韻を残す(池田卓夫)
●[Report]新制作《ミスター・シンデレラ》― 笑いの奥に秘められた深く普遍的な愛(萩谷由喜子)
●[特別企画・Report]熱気あふれる若手のステージ― 反田恭平、岡本誠司、服部百音、角野隼斗、小林壱成、小林愛実(道下京子/池田卓夫/萩谷由喜子/上田弘子)
●[Interview]田中彩子―「声」への挑戦と好奇心を詰めた日本ツアー(片桐卓也)
●[連載]楽団長フロシャウアーかく語りき 「ウィーン・フィル、わが永遠のオーケストラ」(13)(ダニエル・フロシャウアー/渋谷ゆう子)
●[連載]ショパンの窓から(11) ― イグナーツ•プレイエル(川口成彦)
●[連載]マリアージュなこの1本~お酒と音楽の美味しいおはなし(21)~〈ゲスト〉名倉誠人(マリンバ奏者)(伊熊よし子)
●[連載]対談シリーズ 楽師たちの庭(12) 札幌交響楽団/島方晴康(hrn)、鶴田麻記(tp)(堀江昭朗)
●[連載]わが友ブラームス(4) ゲスト:ノトス・カルテット(ピアノ四重奏)(越懸澤麻衣)
●[連載]和音の本音(20) ― ブラームスのもとでⅠ(清水和音/青澤隆明)

【特別記事】
●[Report]上野通明(vc)と高木日向子(作曲)に「文化庁長官表彰」― 表彰式で喜びを述べる(高山直也)
●[Interview]山下一史が愛知室内オーケストラと大阪交響楽団のポストに就任(池田卓夫)
●[Interview]ガエタノ・デスピノーサ(指揮)~新国立劇場で2つのオペラを指揮(池田卓夫)
●[Interview]湯山玲子が語る湯山昭(加藤浩子)
●[Interview]豪華出演者たちの共演、ローム ミュージック フェスティバル 2022/佐藤友紀(tp)に訊く(堀江昭朗)
●[Interview]青柳いづみこ― 生誕100周年の安川加壽子を語る(上田弘子)
●クライヴ・ブラウン博士による、あなたの知らないメンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」op.64(2)(柴田俊幸)
●[Report]諏訪内晶子が2夜でJ.S.バッハ「無伴奏」全曲を演奏(山田治生)
●[Report]藤原歌劇団の《トロヴァトーレ》― 熱量ある劇的なステージ(岸 純信)

【連載】
●池辺晋一郎エッセイ 先人の影を踏みなおす(25)加藤 剛さん(3)(池辺晋一郎)
●平野 昭・対談シリーズ 樂興のすゝめ from research to practice, from practice to research 第4章:ピアノ音楽の諸相/ゲスト:仲道郁代(5) 練習曲 その1(平野 昭/長井進之介/仲道郁代)
●ひと粒の音宇宙―魅惑のアンコール・ピースたち(10) ローゼンタール《ヨハン・シュトラウスの主題によるウィーンの謝肉祭」(満津岡信育)
●オペラで知るヨーロッパ史(23)~ヴェルディ《仮面舞踏会》(加藤浩子)
●河原忠之 歌好きのためのピアノ手帖(4) モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》から(河野典子)
●デジタル・クラシックⅡ― オンライン・クラシックの活用術(16)― イヤホン試聴テスト(2) 完全ワイヤレスイヤホン(山田真一)
●クラシックを撃て!(13) 『ミュジコフィリア』(小石かつら)

【People】
●ヤンネ舘野(小倉多美子)
●塩貝みつる(奥田佳道)
●小池賢治(東端哲也)/桑原志織(伊熊よし子)

【Reviews & Reports】
●Concert Reviews 演奏会批評
●〈海外レポート〉イギリス(秋島百合子)/フランス(三光 洋)/イタリア(野田和哉)/オーストリア(中村伸子)/ドイツ(1)(中村真人)/ドイツ(2)(来住千保美)/スイス(中 東生)/ロシア(浅松啓介)/アメリカ(小林伸太郎)

【Rondo】
●新国立劇場 東京ソラマチで舞台美術展を開催/久石譲が指揮する充実のブラームス(小室敬幸)/福川伸陽らが登場した「芸劇オーケストラ・アカデミー・フォー・ウインド 第8回演奏会」(高山直也)/清塚信也が「こども音楽フェスティバル」の公式アンバサダーに就任/マリア・ジョアン・ピリスが活動再開(三光洋)/ウィーン王宮礼拝堂でモーツァルトのミサ(平野玲音)

【News & Information】
●フレッシュ・アーティスト・ファイル Vol.33 藤瀬有芽(vn)
●スクランブル・ショット
●音楽の友ホールだより
●ディスク・スペース(諸石幸生/真嶋雄大)
●アート・スペース( 映画:中村千晶/舞台:横溝幸子/展覧会:花田志織/書籍:小沼純一、山田治生)
●クラシック音楽番組表
●読者のページ
●編集部だより(次号予告/編集後記/広告案内)

【表紙の人】
●飯森範親(指揮者)(c)堀田力丸
1963年生まれ、神奈川県出身。桐朋学園大学指揮科卒業。国内外のオーケストラを数多く指揮、東京交響楽団特別客演指揮者、いずみシンフォニエッタ大阪常任指揮者、ドイツ・ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管の音楽総監督(GMD)として活躍。2014年日本センチュリー響首席指揮者、2007年山形交響楽団音楽監督、2019年山響芸術総監督、2020年1月東京佼成ウインドオーケストラ首席客演指揮者、同年4月中部フィル首席客演指揮者にそれぞれ就任。2021年4月からパシフィック フィルハーモニア東京のミュージック・アドヴァイザー(次期音楽監督)に就任。

【別冊付録】
●コンサート・ガイド&チケット・インフォメーション
Concert Guide & Ticket Information
観どころ聴きどころ(戸部 亮&室田尚子)

【お知らせ】
●新型コロナウイルスの影響で、公演やイヴェントの延期・中止が相次いでおります。本誌および別冊付録「コンサート・ガイド」に掲載された公演の最新情報は、各主催者のホームページなどでご確認ください。