• 音楽と越境

書籍 理論・専門書

音楽と越境

8つの視点が拓く音楽研究の地平

井上さつき 監修/森本頼子 編著/七條めぐみ深堀彩香黄木千寿子山口真季子籾山陽子大西たまき

定価
2,970円 (本体2,700円+税)
判型・頁数
A5・208頁
発行年月
2022年1月
ISBNコード
9784276139114
商品コード
139110

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Twitter
  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Facebook
  • 音楽之友社 出版部 LINE

内容紹介

「音楽に国境はない」という言葉があるように、音楽には「越境」という概念がつきものである。例えば一つの音楽作品が生まれ、演奏され、聴取されるとき、音楽は、国・地域の越境、時代の越境、ジャンルの越境など、多かれ少なかれ、さまざまな「越境」を経験する。
「本書に収められた8篇は音楽学の研究者による書き下ろしの論考で、直接的または間接的に「越境」と関係している。「越境」は近年、人文科学全体に大きな影響をもたらしている概念だが、それを音楽にあてはめてみるとどうなるだろうか。ここでは8人がそれぞれの専門に引き寄せて「音楽と越境」について考えている。どの論考も研究領域の最先端に位置づけられるものではあるが、それと同時に、読者が理解しやすいように留意して書かれている。」(「はじめに」より)
それぞれの章で、音楽の社会的・政治的・文化的コンテクストを重視し、学際的なアプローチが取られているのも特色。大学などのテキストにも最適。人名・曲名・事項索引付き。

♪【関連情報】「専門書にチャレンジ!」掲載記事はこちら

目次

はじめに  井上さつき

凡例

◆第1部 日本洋楽史における越境

 第1章 大正時代の日本におけるドイツ兵俘虜の音楽活動
 ――「俘虜楽団」の目指した音楽実践  七條めぐみ

 第2章 白系ロシア人が伝えたオペラ
 ――大正期「ロシア大歌劇団」の日本巡業  森本頼子

 第3章 楽器と関税
 ――1920年代日本のピアノ輸入税引上げをめぐって  井上さつき

◆第2部 宗教・思想をめぐる音楽の越境
 
 第4章 キリシタン時代のイエズス会による日本宣教と音楽  深堀彩香
 
 第5章 聖歌〈聖なる神〉とその変容
 ――ビザンティンから西欧、そしてポーランドへ  黄木千寿子

 第6章 指揮者ヘルマン・シェルヘンの音楽思想
 ――ロシアでの抑留経験から「シューベルト・ブック」へ  山口真季子

◆第3部 越境する音楽研究――音楽学の横断的アプローチ
 
 第7章 音楽と言語学
 ヘンデル《快活の人、沈思の人、中庸の人》における英詩の扱い
 ――発音・韻律の視点から  籾山陽子

 第8章 アートマネジメント研究、音楽と現代社会
 新型コロナウィルス危機とロックダウン
 ――立ち上がる米国のクラシック音楽家達とイノベーション  大西たまき


あとがき  森本頼子

人名索引
曲名索引
事項索引