• ヴァイオリン骨体操

書籍 理論・専門書

みるみる音が変わる!

ヴァイオリン骨体操

矢野龍彦遠藤記代子 共著

定価
2,035円 (本体1,850円+税)
判型・頁数
B5・88頁
発行年月
2017年1月
ISBNコード
9784276144149
商品コード
144140

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Twitter
  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Facebook
  • 音楽之友社 出版部 LINE

内容紹介

「筋肉を無理に使わず、骨をたたむ」という日本古来の所作や古武術に由来した動きを習得することにより、疲れにくく感覚に優れた身体を作り上げるナンバ術。これをヴァイオリン演奏に応用し、演奏者にとっての万人の悩みである身体の痛みを解消する。またこの「骨から動かす」ことにより、楽器の鳴りがよくなったり、苦手なテクニックも克服できるので、長時間弾き続けられるようになるばかりでなく、演奏自体の質も上がる効果が実証されている。桐朋学園での輝かしい実績を踏まえつつ、ナンバ術最高師範の桐朋学園教授・矢野龍彦と、師範でヴァイオリニストの遠藤記代子が強力タッグを組んだ注目の一冊。

【『ヴァイオリン骨体操』より「7つのムーヴメント」2.サッサトステップ 参考動画 】





♪『ヴァイオリン骨体操』より「7つのムーヴメント」参考動画の続きはこちら

目次

序章「ナンバ」の効果
 ナンバ式体操の成果
 インタヴュー 吉田南さん
 ナンバ体験記 ナンバ術協会「ヴァイオリン骨体操」指導員 山本純子さん
 ナンバ体験記 アマチュア奏者 Aさん

第1章「ナンバ」とは?
 ①身体の声を聞く
    コラム 自分自身が自分の動きのコーチになれる
    コラム 守・破・離
 ②動きを変えれば音も変わる
    コラム 動きの感覚
    コラム 動きは学習して身につける
 ③練習への取り組み方
    コラム 練習したいという気持ちが大事
    コラム 頑張り感を消していく
    コラム ヴァイオリンから逃げないために
 やってみよう! プチ・レッスン
  お悩み例1「左手の小指が届かない」
  お悩み例2「弓が弦に対して真っ直ぐにならない」

第2章 12の骨体操
 骨体操1 骨盤の前後調整
 骨体操2 骨盤の横調整
 骨体操3 骨盤の左右方向転換
 骨体操4 胸郭の調整
 骨体操5 胸郭を自然体に近づける
 骨体操6 肩甲骨を開く
 骨体操7 胸を横・縦に開く
 骨体操8 卍(まんじ)
 骨体操9 股関節への刺激
 骨体操10 膝・足首のバランス調整
 骨体操11 足裏のバランス調整
 骨体操12 ストレッチング

第3章 7つのムーヴメント
 7つのムーヴメントとは?
 ムーヴメント1 ポカポカ駆け足
 ムーヴメント2 サッサトステップ
 ムーヴメント3 フワフワ羽ばたき
 ムーヴメント4 スルスル屈伸
 ムーヴメント5 ウキウキジャンプ
 ムーヴメント6 卍(まんじ)返し
 ムーヴメント7 ブラブラ横振り

第4章 ヴァイオリンのテクニック―ケース・スタディ
 ケース・スタディ1 弓が自然に持てない
 ケース・スタディ2 ポジション移動&ヴィブラートが滑らかにできない
 ケース・スタディ3 座奏でうまく弾けない
 ケース・スタディ4 高音の伸びがない
 ケース・スタディ5 重音がうまく弾けない
 ケース・スタディ6 弓がバタバタする
 ケース・スタディ7 右手の手首を柔らかくしたい
 ケース・スタディ8 本番で緊張してしまう
 コラム 本番での身体の変化に対応する

終わりなきナンバ(遠藤記代子)