• リヒャルト・シュトラウス 交響詩 死と浄化 作品24

楽譜 スコア

ミニチュア・スコア

OGT-0249

リヒャルト・シュトラウス 交響詩 死と浄化 作品24

リヒャルト・シュトラウス 作曲/広瀬大介 解説

定価
1,760円 (本体1,600円+税)
判型・頁数
A5・136頁
発行年月
2012年7月
ISBNコード
9784276921443
商品コード
480249

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 音楽之友社 出版部 楽譜課 Twitter
  • 音楽之友社 出版部 楽譜課 Facebook
  • 音楽之友社 出版部 LINE

内容紹介

シュトラウスはなぜ、生と死の闘争をモティーフとする作品を生涯書き続けたのか。筆者は解説冒頭、これまであまり注目されることのなかった、19世紀後半以降のドイツ新興ブルジョワ層が培った教養主義の影響について指摘する。本作の題材選びにおけるショーペンハウアーやワーグナーの影響、そして、ただ「死」を描くだけでは飽き足らず、「浄化」という理念を対置させる作曲家の個性についても論じる。
筆者はさらに、本作が大病の体験に着想を得た作品である、という通説は根拠がないと否定し、アレクサンダー・リッターの冒頭詩も後付けであって、両者の仲は作曲後徐々に険悪となった、と指摘する。
解説は、筆者ならではの作品の本質を突いた論考で、スコアを読みながら聴いたり演奏したりする楽しみを倍化させる。単一楽章ではあるが、大きく4つに分けられる部分をそれぞれ、序奏/圧縮された展開部を持つ提示部/再現部/コーダ、と捉え、作曲家が本作をソナタ形式に擬して書いた、とする。「病人の動機」「小康状態」「少年時代の思い出」「生への執着」「愛の動機」などの印象深いモティーフを譜例をまじえて紹介し、それらが上記の各部分でどのように展開され、音楽表現を深めているかを論じる。
提示部の最後に登場する「浄化」のモティーフと、その冒頭4音列(ソ-ド-レ-ミ〈階名〉)の持つ特別な意味合いを論じた部分は、本解説の白眉と言えよう。

曲目

  • 1 リヒャルト・シュトラウス 死と浄化 Op.24 【スコア】