• バイロイトのフルトヴェングラー
  • バイロイトのフルトヴェングラーの中身

書籍 評論・読み物

バイロイトのフルトヴェングラー

バルバラ・フレーメル夫人の独白

バルバラ・フレーメル 著/眞峰紀一郎中山実 取材・文

定価
2,200円 (本体2,000円+税)
判型・頁数
4-6・144頁
発行年月
2022年4月
ISBNコード
9784276217034
商品コード
217030

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Twitter
  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Facebook
  • 音楽之友社 出版部 LINE

内容紹介

雑誌「音楽の友」で2015年に5回にわたって連載された「素顔のフルトヴェングラー バルバラ・フレーメル夫人の独白―フォイステル家に遺されたもの」の書籍化。フルトヴェングラーは1931年に初めてバイロイト音楽祭に出演するにあたり、期間中の滞在所としてフォイステル家を選んだ。そこで知り合った人たちと彼は死ぬまで親密な関係を続け、特に次女のバルバラさんとは多くの手紙を交換した。今回、バルバラさんは貴重な手紙と写真を公開。くつろぐフルトヴェングラーの素顔を伝える貴重な証言になっている。広瀬大介氏による特別寄稿「フルトヴェングラーがバイロイトに遺したもの」を新たに収録する。

目次

序文 フォイステル家に遺されたもの
1 フルトヴェングラーとフォイステル家のなれそめ
2 フォイステル家でのフルトヴェングラー
3 フルトヴェングラーの亡命 スイスへの国境越え
4 1951年、バイロイトの《第九》 戦争とナチス疑惑を乗り越えた感動の演奏
5 フルトヴェングラーと私

特別寄稿 フルトヴェングラーがバイロイトに遺したもの 1931~1954
附録 フルトヴェングラー書簡集 1938~1944
あとがき