• バッハの作品と学ぶ 対位法
  • バッハの作品と学ぶ 対位法の中身

書籍 理論・専門書

バッハの作品と学ぶ 対位法

K.ケナン 著/小櫻秀樹

定価
3,960円 (本体3,600円+税)
判型・頁数
B5・304頁
発行年月
2023年3月
ISBNコード
9784276105515
商品コード
105510

上記リンクの他、書店、楽器店、他ネットショップにてご購入いただけます。

  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Twitter
  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Facebook
  • 音楽之友社 出版部 LINE
  • 音楽之友社 出版部 YouTube

内容紹介

 アメリカの音楽大学・音楽院で長らく愛用されている対位法の教科書の翻訳。主に、18世紀(特にバロック時代)に作曲された鍵盤楽器のための作品をながめながら、対位法を学ぶことができる。
 バロック時代からロマン派に至るまでの作曲家の実作品を豊富に提示しながら解説が進む。そのため、得た知識や技能が単なる机上の学習にとどまらず、作編曲や演奏等の実践へと活かしやすいのが特長である。さらに、フーガ、カノン、トリオ・ソナタなど、より実践的な形式について考察する章も含まれているため、学問としての対位法を学んだ後にそれらが「活きている」という納得感も多く得られる。
 譜例には、とりわけJ.S.バッハの作品(中でも《平均律クラヴィーア曲集》《インヴェンションとシンフォニア》)が多く挙げられているほか、ヘンデル、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューマン、ブラームス、フランクなど幅広い時代の作曲家の作品も収録されており、実作品の演奏・研究・鑑賞にも役立つだろう。

目次

第1章 序論
 目的
 様式的なアプローチ
 歴史的展望
 対位法の本質
 厳格対位法VS自由対位法

第2章 旋律線
 旋律の輪郭
 音符の相対的な重要度
 和声の意味合い
 複合的な旋律
 音域
 その他に考慮すべきこと

第3章 2声対位法
 それぞれの旋律の質
 旋律の独立性
 統一性
 和声的な暗示
 協和音と不協和音

第4章 2声の練習 1:1と2:1
 1音符 対 1音符(1:1)
 2音符 対 1音符(2:1)

第5章 半音階的な要素(2声)
 旋律と和声の使い分け
 転調
 半音階の記譜
 対斜
 2声での半音階の練習について

第6章 続・2声の練習
 3音符 対 1音符(3:1)
 4音符 対 1音符(4:1)
 シンコペーション(第4類)
 第5類
 声部間でのリズムの動き

第7章 2声の小品の書き方
 形式
 声部数の増減
 いろいろな繰り返し

第8章 カノン
 2声のオクターブのカノン
 他の音程による2声のカノン
 2声のカノンの書き方について
 特別な手法によるカノン
 伴奏付きカノン
 3声以上のカノン
 永久カノン
 二重カノン
 謎カノン
 螺旋カノン

第9章 転回対位法
 オクターブでの転回
 オクターブ以外の転回
 転回対位法を書くための全般的な原則
 3声以上の転回対位法

第10章 2声のインヴェンション 動機の展開
 動機
 模倣 対動機
 伴奏の旋律
 最初の動機提示の設計
 展開の技法
 エピソード
 中間提示部
 終結部
 全体構造
 インヴェンションの分析

第11章 3声対位法
 リズムの関係
 声部の相対的な重要性
 和声的な考慮
 3声対位法の練習

第12章 3声の小品の書き方

第13章 3声の模倣
 真正模倣
 調的模倣
 答唱の書き方

第14章 3声のインヴェンション トリオ・ソナタ
 例外的な特徴
 1つの作品全体の分析
 トリオ・ソナタ
 同様な設計によるバロックのデュオ・ソナタ

第15章 フーガ
 主唱
 答唱
 3声のフーガの提示部
 4声対位法
 4声のフーガの提示部
 後ろの要素にまで関係する主唱
 答唱と重なる主唱 追迫フーガ
 提示部における特別な工夫
 対提示部 

第16章 続・フーガ
 嬉遊部
 中間提示部
 中間提示部に適用される特別な手法
 終結部
 フーガの全体像
 学習フーガ
 その他のフーガ的な設計

第17章 完・フーガ
 5声のフーガ
 6声以上のフーガ
 2声のフーガ
 二重フーガ
 三重フーガ
 4つ以上の主唱を持つフーガ
 フゲッタとフガート
 コンサート・フーガ
 幻想曲風フーガ
 グループ・フーガ
 演奏媒体とフーガ書法

第18章 コラールに基づく形式
 コラール前奏曲
 様々な声部でのコラール旋律の使用
 コラール変奏曲
 コラール幻想曲
 コラール・フーガ

第19章 対位法的な変奏形式
 定旋律を用いた変奏曲 グラウンド、パッサカリア、シャコンヌ
 主題と変奏

参考文献
訳者による定旋律集と実施例
訳者あとがき