• 楽典

書籍 理論・専門書

新装版

楽典

理論と実習

石桁真礼生末吉保雄丸田昭三飯田隆金光威和雄飯沼信義

定価
2,145円 (本体1,950円+税)
判型・頁数
A5・240頁+32頁
発行年月
1965年4月
ISBNコード
9784276100008
商品コード
100000

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Twitter
  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Facebook

内容紹介

受験生必携のロングセラーの楽典で、従来の類書の盲点を追求、誰にも納得できる合理的な理論書とした。受験用として必読の学習書である。

※新装版は、旧版と内容に違いはありません。

目次

序章  音,純正律と十二平均律
  
 Ⅰ 音
  1 音の種類
  2 楽音の3要素
  3 倍音
 Ⅱ 純正律と十二平均律
  1 純正律
  2 十二平均律

第1章 譜表と音名

 Ⅰ 五線
  1 五線
  2 加線
 Ⅱ 音部記号
  1 音部記号の種類
 Ⅲ 譜表
  1 単独の五線からなるもの
  2 二つ以上の五線からなるもの
 Ⅳ 音名
  1 幹音名
  2 派生音名
 Ⅴ 変化記号
  1 調号として用いる変化記号
  2 臨時記号として用いる変化記号
  3 変化記号の効力

第2章 音符と休符
 
 Ⅰ 音符,休符の種類と長さ
  1 単純音符,単純休符の種類と長さ
  2 付点音符,付点休符
  3 複付点音符,複付点休符
  4 休符の特別な用い方
  5 音符を記譜するときの注意
 Ⅱ 連符
  1 連符の種類
 Ⅲ タイ

第3章 リズムと拍子

 Ⅰ リズム
 Ⅱ 拍と拍子(問題1)
  1 拍
  2 拍子
 Ⅲ 拍子の記法(問題2)
  1 拍子記号
  2 小節線と小節
 Ⅳ 拍子に関する演奏上の注意
 Ⅴ 強起と弱起(問題3)
  1 強起と弱起
  2 不完全小節と完全小節
 Ⅵ 拍子の種類(問題4,5)
  1 二拍子系の拍子
  2 三拍子系の拍子
  3 四拍子系の拍子
  4 混合拍子
  5 複雑な拍子・特殊な拍子
 Ⅶ 拍子の変化(問題6,7)
 Ⅷ シンコペーション(問題8)
 Ⅸ リズムに関する記譜上の注意(問題9)
     第3章の問題の解答

第4章 音程

 Ⅰ 度数
 Ⅱ 音程における完全・長・短などの種類(問題1)
 Ⅲ 幹音どうしの2音によってできる音程(問題2,3)
 Ⅳ 派生音(♯,♭などのついた音)を含む2音によってできる音程(問題4,5)
 Ⅴ 複音程(問題6)
  1 複音程の度数
  2 複音程における完全・長・短などの種類
 Ⅵ 音程の転回(問題7)
 Ⅶ 協和音程と不協和音程
     第4章の問題の解答

第5章 音階

 Ⅰ 長音階と短音階(問題1~22)
  1 長音階
  2 短音階
  3 調
  4 調の相互関係
  5 移調と転調
  6 調の判定
 Ⅱ その他の音階
  1 教会施法
  2 全音音階
  3 民俗的な音階
     第5章の問題の解答

第6章 和音

 Ⅰ 三和音と七の和音(問題1~4)
  1 和音を構成する音
  2 三和音の種類
  3 和音の基本形および転回形
 Ⅱ 音階各音上の三和音・七の和音
  1 三和音
  2 七の和音
 Ⅲ 和音の機能
  1 Tonicの機能
  2 Dominantの機能
  3 Subdominantの機能
 Ⅳ 主要三和音と副三和音
     第6章の問題の解答

第7章 速さ・強さに関する表示法

 Ⅰ 速さの表示法
  1 数字による表示法
  2 ことばによる表示法
 Ⅱ 強さの表示法
 Ⅲ 速さ・強さを変更するときの表示法
  1 直接,新たな速さ・強さを指示する方法
  2 従来の速さ・強さに比較して指示する方法
 Ⅳ 速さ・強さを次第に変化させるときの表示法
  1 速さに関するもの
  2 強さに関するもの
  3 速さと強さとに関するもの
 Ⅴ 強さを局部的に変えるときの表示法

第8章 曲想・奏法に関する表示法
 Ⅰ 曲想に関する用語(発想標語)
 Ⅱ 奏法を指示する用語・記号(装飾記号・省略記号を除く)
 Ⅲ 装飾音・装飾記号
  1 装飾音
  2 装飾記号
 Ⅳ 略記法
  1 反復記号
  2 略記号および簡略用語

[別冊 問題集の解答]
Ⅰ 音名と譜表
Ⅱ 音程
Ⅲ 音階と調
Ⅳ 移調
Ⅴ 調の相互関係
Ⅵ 和音
Ⅶ 楽語・その他
Ⅷ 調の判定
Ⅸ 総合問題