• バイエルの刊行台帳

書籍

バイエルの刊行台帳

世界的ベストセラーピアノ教則本が語る音楽史のリアル

小野亮祐安田寛

定価
2,750円 (本体2,500円+税)
判型・頁数
4-6・272頁
発行年月
2021年4月
ISBNコード
9784276212596
商品コード
212590

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Twitter
  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Facebook

内容紹介

あの『ピアノ教則本』はとても有名だけど、そのほかのことはほとんど何も知らない……音楽史には出てこない無名な作曲家、バイエル。
しかし著者が訪れたドイツのショット社本社の廊下には、ワーグナーやリゲティなどの“大作曲家”たちと並んで、バイエルの肖像画が飾られていた。これは一体なぜなのか――その謎にさまざまな視点から迫っていく。
鍵となるのは、楽譜の発行部数が事細かに記されたショット社の刊行台帳。『バイエル ピアノ教則本』はどのくらい売れた? なぜ売れた? 著者の幾度もの現地取材とショット社公開のデータをもとに、徹底調査した。
バイエルについての謎をひもといていくと、その奥にはバッハより続くピアノ指導の歴史、教則本という「商品」の成り立ちが見えてくる。さらにバイエルの学生時代や若いころに関する貴重な資料から、当時の有名音楽家たちやライプツィヒの様子が明らかに。そして、当時の人々がもっとも演奏し聴いていた音楽とは一体……
今ある「音楽史」は、何百年もの間でたかだか十数人しか出てこない“偉人列伝”だけの音楽史。本書ではバイエルを通して、音楽史のリアルを明らかにする。

♪【関連情報】Web連載『バイエルの謎』その後~無自覚な音楽史はこちら



●『バイエルの刊行台帳』紹介PV

目次

プロローグ 肖像の謎

第1章 ベストセラー説
 第1節 世界的ベストセラーピアノ教則本
 第2節 ピアノ奏法の絶対矛盾とは
 第3節 伝わらなかった「静かにした手」
 第4節 エマヌエル・バッハの嫉妬
 第5節 静かにした手の騒がしい顛末
 第6節 番外曲という不思議な存在
 第7節 番外曲のルーツ
 第8節 商品『バイエル』が完成するまで
 第9節 商品開発以前

第2章 ポピュリズム説
 第1節 付録は付録にあらず
 第2節 付録はポップスの原型だった
 第3節 付録の売れ行き

第3章 悪魔メフィスト説
 第1節 幻の習作
 第2節 バイエルを育んだ自由な都市
 第3節 トーマス教会聖歌隊員として
 第4節 1819年のバイエル体験
 第5節 最後の宮廷音楽家ライシガー

第4章 ブランド説
 第1節 売買される魂
 第2節 偽バイエル教則本
 第3節 未公開自筆譜に当たれ
 第4節 疑惑解明
 第5節 証拠
 第6節 正体

第5章 プレート番号説
 第1節 楽譜の資本主義
 第2節 楽譜刊行数から見えてくるもの
 第3節 インペリアリズムとコミュニズム
 第4節 音楽史のリアル

エピローグ 小さなプレート

本文注
あとがき