• 和声論

書籍

自然の諸原理に還元された

和声論

ジャン=フィリップ・ラモー 著/伊藤友計

定価
8,800円 (本体8,000円+税)
判型・頁数
B5・376頁
発行年月
2018年8月
ISBNコード
9784276103030
商品コード
103030

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Twitter
  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Facebook

内容紹介

近代和声学の始まり、かつ基礎として大変有名な記念碑的著作『和声論』(1722)の初邦訳出版。正式タイトル『自然の諸原理に還元された和声論』。
ラモーの理論書第1作にして主著とされる著作。ラモー理論の重要な論点は、そのほとんどがこの『和声論』内で考察されている。全4巻からなり、前半2巻が思弁的内容、後半2巻が実践的内容に重点を置いた構成である。「音楽は音の科学である」というテーマが全編を貫いている。
ラモーの諸文献で記述された和声の規則は、ヨーロッパ諸国へと波及し決定的な影響を与えた。その影響は今日のわれわれの音楽体験に及ぶ。音楽理論史の重要書として誰もが言及するが、まとまった邦訳がなかった。
今回の日本語訳では、楽譜を現代譜にあらため、訳者による注や解題をつけ、本文を2段組にすることで、持ち運びや読解における利便性を高めた。ラモーの著作研究で博士号を取得した気鋭の研究者による画期的な訳本。

♪【関連情報】「専門書にチャレンジ!掲載記事はこちら

目次

凡例
訳者による『和声論』への導入

序文
この『和声論』全四巻に含まれる内容の目次
理解が必要とされる諸用語の説明一覧

第1巻 調和/和声的(アルモニク)な比率(レゾン)と比例(プロポルスィヨン)の関係(ラポール)について
第2巻 和音の本性(ナテュール)と特性(プロプリエテ)について
     そして音楽を完全なものとするのに役立つすべてのことについて
第3巻 作曲の諸原理
第4巻 伴奏の諸原理

用語一覧の日本語索引