MENU

現代日本の音楽
ヴィオラとピアノのためのソナタ

〔現代日本の音楽〕
●ヴィオラとピアノのためのソナタ

矢代秋雄 作曲

購入する

【ヴィオラとピアノのためのソナタ】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

内容紹介
早逝の作曲家・矢代秋雄1949年の若さ溢れる作品。当時の日本ヴィオラ界第一人者であった河野俊達に捧げられたが、戦後の混乱や河野のアメリカ移住、矢代のフランス留学などと重なり、その後長く陽の目を見ることがなかった。
3つの楽章からなり、第1楽章は、日本的な2つのメロディをフランス風手法で肉付けしたソナタ形式。第2楽章は、ほのぼのとした日本風の子守歌。第3楽章は、矢代が敬愛したラヴェルの影響が強く感じられる自由なロンドとなっている。ヴィオラの低い音域が非常に効果的に使われている一方で、高音域も随所に使われており、さらにオクターヴの重音奏法なども当時としては難易度の高い作品であったといえるが、現代では多くのヴィオラ演奏者が愛奏できる作品である。未完であったヴィオラ・パート終結部は、弟子の西村朗の補筆による。
曲目一覧
この商品に興味がある方は、こちらもおすすめです。
〔現代日本の音楽〕 マリンバ協奏曲 混線するドルフィン・ソナー[スコア]
信長貴富 作曲
 現代日本の音楽 ピアノ・コンチェルト[スコア]
木下牧子 作曲
〔現代日本の音楽〕 ピアノ三重奏曲 第1番
鈴木輝昭 作曲
 現代日本の音楽 時のかけら
木下牧子 作曲
〔現代日本の音楽〕 飛天(アプサラス)
松村禎三 作曲
お役立ちメニュー
音楽の友ホール
公開講座
教材カタログ
レンタル楽譜ライブラリー
音楽大学・学校案内WEB付録
小売店様向けお役立ち情報
和声問診票

お知らせ
採用について
雑誌の定期購読
雑誌の広告につきまして
お問合せ一覧
教科書採択の公正確保に関する基本方針