MENU

現代日本の音楽
マリンバ協奏曲 混線するドルフィン・ソナー[スコア]

〔現代日本の音楽〕
●マリンバ協奏曲 混線するドルフィン・ソナー[スコア]
Marimba Concerto:The Crossed Sonar of Dolphins[score]

信長貴富 作曲

購入する

【マリンバ協奏曲 混線するドルフィン・ソナー[スコア]】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

内容紹介
独奏マリンバと、弦楽合奏、ピアノという編成のマリンバ協奏曲(全三楽章/演奏時間約25分)。作曲者によれば、「曲名の『混線するドルフィン・ソナー』の「ソナーsonar」とは水中音波探知機のことで、それに「ドルフィン」を冠してイルカが発する鳴音のことを表現しています」。イルカが紺碧の海を伸びやかにを回遊する様が目に浮かぶような曲。マリンバならではのスケール、アルペッジョ、コード、トレモロなどのスピード感あふれる響きと弦五部+ピアノのアンサンブルが爽快な作品。
委嘱・初演はドイツで活躍するマリンバ奏者・布谷史人。(初演「布谷史人マリンバ・リサイタル:協奏曲の夕べ」指揮=ヤニック・パジェ/2017年9月14日/ロームシアター京都メインホール)
好評を博したこの曲は、ドイツのエームスクラシックス(Oehmsclassics)のCD(『マリンバのための協奏曲集〜ヴィヴァルディ、セジョルネ、信長貴富』マリンバ=布谷史人、ピアノ=ベンヤミン・ヌス、ヨハネス・シュレーフリ指揮&マンハイム・クアプファルツ選帝候室内管弦楽団:Oehmes OC1891)にも収録され、海外でも注目を集めている。
曲目一覧
この商品に興味がある方は、こちらもおすすめです。
 現代日本の音楽 ピアノ・コンチェルト[スコア]
木下牧子 作曲
 現代日本の音楽 時のかけら
木下牧子 作曲
〔現代日本の音楽〕 ヴィオラとピアノのためのソナタ
矢代秋雄 作曲
〔現代日本の音楽〕 ピアノ三重奏曲 第1番
鈴木輝昭 作曲
〔現代日本の音楽〕 SPARKS
木下牧子 作曲
お役立ちメニュー
音楽の友ホール
公開講座
教材カタログ
レンタル楽譜ライブラリー
音楽大学・学校案内WEB付録
小売店様向けお役立ち情報
和声問診票

お知らせ
採用について
雑誌の定期購読
雑誌の広告につきまして
お問合せ一覧
教科書採択の公正確保に関する基本方針