MENU

評論・読み物
交響曲の聴きどころ

〔オルフェ・ライブラリー〕
●交響曲の聴きどころ

諸井誠

購入する

【交響曲の聴きどころ】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入 ヨドバシカメラで購入

内容紹介
『レコード芸術』誌の交響曲月評を担当した著者による、作曲家ならではの詳細な解説と分析による「交響曲の聴きどころ」。本書は既刊の『音楽の聴きどころ―交響曲』に、古今の名交響曲の解説を書き下ろした「交響曲10題」を加えた増補改訂版である。
第1章ではベートーヴェン、シューベルト、ブルックナー、ドヴォルザーク、マーラーの《交響曲第9番》を例に楽章ごとに「しくみ」を分析・解説、第2章ではフルトヴェングラーの残した8種類の《運命》の演奏比較、また第3章ではマーラーの《大地の歌》の詳細解説など、交響曲を知るための重要な視点が詳しく説かれている。今回改訂にあたり新たに10名の作曲家の名曲を加え、その作品・作曲家の「特徴」と「聴きどころ」を解説しており、より多彩な交響曲読本としての登場です。10作品はモーツァルト《ジュピター》、ハイドン《ロンドン》、メンデルスゾーン《イタリア》、ブラームス《第1番》、シューマン《ライン》、ベルリオーズ《幻想》、ビゼー《第1番》、フランク《ニ短調》、チャイコフスキー《悲愴》、ラロ《スペイン交響曲》。
目次
序章   交響曲への手引き
第1章  交響曲の組み立て――五つの偉大な「第九」をめぐって
第2章  フルトヴェングラーの《運命》――八種類の演奏をめぐって
第3章  交響曲としての《大地の歌》
第4章  交響曲10題
この商品に興味がある方は、こちらもおすすめです。
〔オルフェ・ライブラリー〕 新版 古楽のすすめ
金澤正剛 著
〔オルフェ・ライブラリー〕 新版 雅楽入門
増本伎共子 著
〔オルフェ・ライブラリー〕 新版 魔のヴァイオリン
佐々木庸一 著
〔オルフェ・ライブラリー〕 バッハの四兄弟
久保田慶一 著
〔オルフェ・ライブラリー〕 声の世界を旅する
増野亜子 著
お役立ちメニュー
音楽の友ホール
公開講座
教材カタログ
レンタル楽譜ライブラリー
音楽大学・学校案内WEB付録
小売店様向けお役立ち情報
和声問診票

お知らせ
採用について
雑誌の定期購読
雑誌の広告につきまして
お問合せ一覧
教科書採択の公正確保に関する基本方針