• 音楽とオーディオを愛する人々

ムック stereo 編

ONTOMO MOOK

音楽とオーディオを愛する人々

音の見える部屋 Ⅲ 特別付録:部屋がひと目でわかる動画DVD

  • 「stereo」誌連載「音の見える部屋」
  • 好評につき、ムック化第3弾!!! 

田中伊佐資 著/stereo

定価
3,190円 (本体2,900円+税)
判型・頁数
B5・224頁
発行年月
2022年6月
ISBNコード
9784276963450
商品コード
963450

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 「ONTOMO MOOK」Twitter

内容紹介

音楽とオーディオをとんでもなく愛する人々の生態を田中伊佐資が紹介するstereo誌連載「音の見える部屋」。
ムック化第3弾の目玉は、登場マニアのお宅にお邪魔するときに撮影されたリスニングルームの様子がわかる動画DVDの付録。
位置関係や広さも判断でき、まるでその場にいるような臨場感が味わえる。

目次

永見浩之さん : ときにはラジカセに立ち返るのもいい 生活のなかで自然と音楽が流れる空間
澤野宗重さん : ミッドセンチュリー家具のように佇むパラゴンは 巨大な「読書の友」
江夏俊太郎さん : 総計2万枚のレコードをゆったりと収納。 2階席までもある疑似教会
針貝正純さん : 生涯をかける価値を確信した愛機 蒸気機関車の音に今日も奮い立つ
黒田宗克さん : 「おっ、鳴ったぞ」で始まった自作から50年 名手たちが繰り広げる奥深い彩りのあるバッハ
望月 唯さん : クレルとウエストレイクのアメリカン・コンビは スカッと抜けて気っ風がいい音を繰り出す
北島 明さん : 一本の線となってつながるアルテックA 8、音楽、写真、そして手作りのカレー
田中伊佐資さん : 「音見え」のひとつの節目に、章立てて自分のオーディオを振り返る
守屋良介さん : しゃしゃり出てくるUSロックの心地よさ。春夏秋冬コタツは欠かせない
是佐 周さん : 「ガツーンと驚かします」の前置き通り 量感豊かでソリッドに立ったウッドベース
須崎規泰さん : 小中時代に端を発する電源への考察 太陽光発電による付帯音なきリアリティ
村瀬 慶さん : 中学3年のときに抱いた思いは 大型平面バッフル・同軸3ウェイとなって実現
本山雄二さん : PCM、DSD、レコードの持ち味を活かし それぞれの核心に迫る
伊藤 功さん : 存在感に反してクセ皆無。不思議なホーンの位置は聴感で決定
北畑秀樹さん : JBLに回帰してフラッグシップを迎え入れる 眼前で繰り広げられるロック・バトル
川島健次さん : ルームチューンや電源対策、セッティングなど 念入りな気配りが広大な音景を生み出す
鈴木 亮さん : 小型スピーカーをのびのびとドライブ 卓抜したアイデアが実を結んだ絶妙なチューニング
赤松利章さん : 20代半ばから愛用するマランツ 7と9が ハークネスとオートグラフの世界を描き分ける
部坂尚吾さん : 部屋、家具、ラック、オーディオ。 強い美意識下でコントロールされる空間と音楽の関係
村松 亮太郎さん : 理屈を越えて愛情を注ぎ続けるJBL レコードはリリースや録音順に聴いていく
大矢 貫さん : ライヴハウスかと見紛う部屋に 幻のスピーカーユニットが朗々と鳴る
涌井一成さん : 徹底した振動対策。モニターシルバー入りの ウインザーGRFが生き生きと歌う
長島直哉さん : ソ連、東ドイツの消失してしまった 古きよき音を文字通り「再生」する
溝口 肇さん : 埋蔵されていたオーディオのスイッチがいつしかオン 「自分にとっておいしい音」を欲する
千田直道さん : マルチアンプを聴いた瞬間「これだ」と直感 一直線にシステムを練り上げる
小林保則さん : 春の日のそよ風が人生を変える 新プレーヤー、スピーカーが別世界へいざなう
嶋田 亮さん : 多彩な音楽キャリアを重ねた末 38㎝ウーハーのモニター系に帰結
「この1枚がオーディオ人生に欠かせない」登場作品ジャンル別リスト
◎特別付録
部屋がひと目でわかる動画DVD