• 電波受信が面白い!FMラジオの深層へ

ムック stereo 編

ONTOMO MOOK

電波受信が面白い!FMラジオの深層へ

特別付録:ラックスマン製真空管FMチューナー・キット

  • 今、再びFMが熱い!
  • スマホやPCとはあきらかに違う、温かみのある音をご自宅で

stereo

定価
16,500円 (本体15,000円+税)
判型・頁数
A4・32頁
発行年月
2021年12月
ISBNコード
9784276963368
商品コード
963360

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 「ONTOMO MOOK」Twitter

内容紹介

現在、ラジオがリアルタイム感や、流しながら作業できる利便性から、TVなどにとって代わり少しずつ人気となっています。その大半が使用しているのは、スマホやPCで聴けるデジタル放送「radiko」。現在オーディオ機器として発売されているFMチューナーはヤマハとアキュフェーズの2社のみとなっています。
本書は付録を通して、昔のように空気中の電波をキャッチしてラジオを聴くアナログ的な楽しみを再提示します。ラックスマン製の付録チューナーは、最終段に真空管を使用。radikoとは明らかに違う、温かみのある音のFM放送が聴けます。この付録チューナーは、ワイドFMにも対応。近い将来廃止される予定のAM放送も、FMの高周波数(90.0~94.9MHz)帯域でお楽しみ頂けます。
※付録の真空管FMチューナー・キットは2019年9月発売「電波を受信せよ!真空管FMチューナー」の製品と同一のものです。



●湯川れい子さんが語るFMラジオから見たポピュラー音楽の歩み

●〔ONTOMO MOOK〕浜崎貴司が岩田由記夫と振り返るFMチューナー

目次

[付録・真空管FMチューナーを聴く]
音楽とオーディオとFMと●岩田由紀夫

真空管FMチューナー・キットを組み立てる

音をもっとよくするには?改造のススメ

真空管FMチューナー 音のよさの秘訣を探る●福田雅光

真空管チューナー、どう鳴らす?
アンプとスピーカーで遊ぶオーディオのススメ

リクエスト挑戦者求む!「高音質」な名曲50選!

[FM放送を聴く]
特別対談
いい音は「未来」を運ぶ!FM放送の「過去」と「現在(いま)」●湯川れい子×大谷隆夫●大高英慈(まとめ:編集部)

現在放送中!
深愛を込めて「音楽」を届けてくれるFM番組
カウントダウン/洋楽/邦楽/マニア向け&他ジャンル

リスナーたちが厳選!
音楽の素晴らしさを教えてくれたFM番組

全国FM NETWORK一覧