• ヨハネス・ブラームス

ムック

ONTOMO MOOK

ヨハネス・ブラームス

生涯、作品とその真髄

  • ブラームスは「地味」で「渋い」のか?

音楽の友レコード芸術

定価
1,870円 (本体1,700円+税)
判型・頁数
B5・152頁
発行年月
2021年11月
ISBNコード
9784276963344
商品コード
963340

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 「ONTOMO MOOK」Twitter

内容紹介

このムックを読めば、ブラームスのイメージが変わるかもしれない――。
J.S.バッハ、ベートーヴェンと並び、「3大B」と称されるヨハネス・ブラームスのすべてがわかるムック。交響曲、協奏曲、室内楽曲、器楽曲、声楽曲……各ジャンルにまんべんなく、しかも精度の高い作品を残したブラームス。シューマン夫妻やJ.シュトラウス、ワーグナー、ドヴォルジャーク、ヨアヒム他、19世紀を代表する音楽家たちとの交流にも注目しながらその人となり、作品を掘り下げる。併せてその作品の演奏史も追いながら、おすすめディスクも紹介。『音楽の友』『レコード芸術』編ならではの、演奏家への取材記事や、音楽学者のブラームス論など情報満載。

目次

[巻頭カラー]ブラームス詣で――鉄道、散策、酒の三題噺 実相寺昭雄

第1章 演奏家が語るブラームス作品の魅力
[Interview]パーヴォ・ヤルヴィ(山田真一)
[Interview]マキシム・ヴェンゲーロフ(渡辺和彦)
[Interview]下野竜也(山田治生)
[Interview]ライナー・キュッヒル(奥田佳道)
[Interview]ゲルハルト・オピッツ
[Interview]ヘルムート・ドイチュ(鮫島有美子)
日本の名演奏家が語るブラームスの魅力
 朝比奈 隆/園田高弘/江藤俊哉/岩崎 淑/原田茂生

第2章 ブラームスの生涯
ブラームスゆかりの地(真嶋雄大)
ブラームス・ミニ事典(平野 昭、樋口隆一)
「1853年の交友」に見るブラームスの人間性(平野 昭)
ブラームスの交友録(樋口隆一、石多正男、平野 昭、美山良夫)
 作曲家/演奏家/学者・評論家/医者・病理学者/詩人・画家/出版人
ブラームスが愛した女性たち(美山良夫)
ブラームスを育んだ作曲家たち(平野 昭)
ブラームスの書簡集(樋口隆一 訳・編)
「ブラームスはお好き?」――同時代の音楽家・文化人が語るブラームスと音楽(美山良夫・編)
現代の作曲家から見たブラームス
  仮面をつけた革新主義者(南 聡)
  偉大なる鬱屈(長生 淳)
[Column]ブラームスとシューマンの深い絆

第3章 ブラームスの演奏法&ディスク
ブラームス演奏の新潮流(満津岡信育)
ブラームスと19世紀後期の交響曲(西原 稔)

交響曲 作品とディスク
第1番 山野雄大/第2番 相場ひろ/第3番 中村孝義/第4番 佐伯茂樹
ブラームス交響曲演奏の「オーセンティシティ」とは(佐伯茂樹)
ブラームスの交響曲は「ドイツ的」なのか?(広瀬大介)
ブラームスの交響曲演奏における「HIP」の現状(相場ひろ)
[Column]ブラームス演奏に残る根強い習慣(佐伯茂樹)
21世紀のブラームス交響曲像(山崎浩太郎)
ブラームスの交響曲「怪演」集(鈴木淳史)

ブラームス演奏の真髄
協奏曲・管弦楽曲編(満津岡信育、増田良介、宮下博、山野雄大)
ピアノ曲編(相場ひろ、小石かつら、山野雄大)
声楽曲編(寺西 肇、喜多尾道冬)
室内楽曲編(山野雄大、中村孝義、広瀬大介、佐伯茂樹、寺西 肇)

[巻末付録]ヨハネス・ブラームス略年譜
奥付