• ギタンジャリ~歌のささげもの

楽譜 合唱

混声合唱とピアノのための

ギタンジャリ~歌のささげもの

タゴール 詩/川名澄 訳詩/木下牧子 作曲

定価
1,980円 (本体1,800円+税)
判型・頁数
A4変・64頁
発行年月
2013年8月
ISBNコード
9784276546332
商品コード
546330

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 音楽之友社 出版部 楽譜課 Twitter
  • 音楽之友社 出版部 楽譜課 Facebook

内容紹介

インドを代表する詩人・タゴールの詩集『ギタンジャリ』(邦訳:川名澄)による混声合唱とピアノのための組曲。東洋大学白山グリークラブの創立50周年を記念して委嘱され、同団により2012年に初演された。(指揮=塚田佳男/ピアノ=小原孝)
“ギタンジャリ”とは“歌のささげもの”を意味するベンガル語で、詩は全篇の作者である“わたし”から永遠の存在“あなた”(=神、永遠、宇宙、自然、愛、希望…)へ捧げる歌の形式をとる。組曲は「光よ、私の光よ」「一日が終わろうとしている」「蓮の花が咲いた日」「昼も夜も」の4曲からなり、時代や地域を隔てた詩人の言葉を、現代日本人に共通し得る普遍的なメッセージとして歌う。音楽は大きなスケールでタゴールの世界を描き出し、神秘的な転調や生命の鼓動を刻む力強いリズムなど、瑞々しく多彩な楽想を展開する。合唱パートは中級程度で取り組みやすいが、充実したピアノパートと相俟って高い演奏効果を生む作品。
[難易度]中級 [対象]高校生・一般合唱団

曲目

  • 1 光よ、わたしの光よ(ca.4'20") 【混声4部合唱/伴奏:ピアノ】 作詞:タゴール/川名澄(訳詩) / 作曲:木下牧子
  • 2 一日が終わろうとしている(ca.4'30") 【混声4部合唱/伴奏:ピアノ】 作詞:タゴール/川名澄(訳詩) / 作曲:木下牧子
  • 3 蓮の花が咲いた日(ca.5'00") 【混声4部合唱/伴奏:ピアノ】 作詞:タゴール/川名澄(訳詩) / 作曲:木下牧子
  • 4 昼も夜も(ca.3'40") 【混声4部合唱/伴奏:ピアノ】 作詞:タゴール/川名澄(訳詩) / 作曲:木下牧子