• ピアニストを生きる―清水和音の思想

書籍

ピアニストを生きる―清水和音の思想

清水和音 著/青澤隆明 著・編著

定価
2,200円 (本体2,000円+税)
判型・頁数
4-6・224頁
発行年月
2020年12月
ISBNコード
9784276211322
商品コード
211320

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Twitter
  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Facebook

内容紹介

「ピアノを弾くのが嫌い。だけど、音楽は好きだった」、「ピアニストであることにいつも抵抗していた」、「他人の言うことはなにも聞きたくない」、「面白おかしい人生が送れたらいい」、「天才だけに権利があるわけではない」、「作曲家の偉大さからみたら、演奏家はちっぽけな存在だよ」、「ピアニストこそは真の男である」、「ずっと夢のなかで生きている」――。
1981年、20歳でロン=ティボー国際コンクールで優勝してセンセーショナルなデビューを飾って以来、30年以上にわたって第一線で存在感を示してきた清水和音が、長年のピアニスト人生を通じて貫く音楽家としての姿勢、作品との対峙のしかた、演奏の思想などを中心に、率直な口調でわかりやすく、広い層の聴き手や読み手に語りかける。還暦を迎えた正統派ピアニストが本音で語る「音楽と人生を深く愛するための一冊」。『音楽の友』の人気連載「和音の本音」(ききて:青澤隆明)、待望の書籍化。

目次

本当の音、ほんとうのこと――まえがきにかえて 青澤隆明

Ⅰ ピアニストとして生きてきて THOUGHT 1
   ピアニストという職業
   才能とは、個性とはなんだろう?
   作曲家との対話――生死を超えたコミュニケーション
   音楽がわかるって、どういうこと?

Ⅱ 生い立ちからデビューまで LIFE 1
   音楽のはじまり
   ピアノを弾きはじめる
   演奏家というものは
   10代の終わり、ヨーロッパへ
   ルイ・ヒルトブランとの出会い――最初の他人と、初めての外国人
   ロン=ティボー国際コンクールで優勝して

Ⅲ ピアニストは音で語る THOUGHT 2
   ピアノを弾くということ

Ⅳ コンサート、苦難と葛藤の日々 LIFE 2
   うれしさと苦しみと
   ピアニストであることの葛藤
   ベートーヴェン ピアノ・ソナタ全曲への挑戦

Ⅴ 演奏家という仕事 THOUGHT 3
   ピアニストとして生きる実感

Ⅵ ヨーロッパの宝物を扱うこと――20世紀を生きて LIFE 3
   ヨーロッパでの演奏活動
   20世紀の記憶を生き継ぐ
   アシュケナージとの共演――時代のスタンダード

Ⅶ 教えること、教わること――教育の現場から EDUCATION
   若い仲間たちと――清水和音クラスにて
   教えるということ
   三浦浩先生のこと――天国にいる作曲家と自分との間にいるマスター

Ⅷ これまでも、これからも THOUGHT 4
   これまでのあらゆることが、いまの自分をつくっている。
   ピアニストとして生きるしあわせ
   ずっと夢のなかで生きている

夢のつづき――あとがきにかえて 清水和音