• Band Journal 2018年6月号

雑誌

Band Journal 2018年6月号

  • 検証!! 「アンブシュア」のスタンダードを考える
  • 別冊付録楽譜:合唱と吹奏楽のための《明日への虹》(伊藤康英)
定価
996円 (本体905円+税)
判型・頁数
A4変
発行年月
2018年5月
JANコード
4910075470683
商品コード
191806

完売のため、お取り扱いできません。
ご了承ください。

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 「バンドジャーナル」編集部 Twitter

内容紹介

[特集]
検証!! 「アンブシュア」のスタンダードを考える
 管楽器のアンブシュアについて、プロ奏者の先生方にその基本的な考え方を教えていただきます。とくに年度始めの今の時期は、初めて楽器を吹く子どもたちが、問題のあるアンブシュアで練習を始めてしまい、将来的にいくら練習をしても上達せず、楽器や音楽をやめてしまう……という悲劇を数多く生みだす危険がいっぱいです。そうならないために、管楽器奏者にとって“一丁目一番地”の奏法の事始めを考えていきましょう。

[表紙&SPOTLIGHT]
エイステイン・ボーツヴィック(テューバ)
 数少ない「テューバ・ソリスト」として世界中で活躍しているノルウェー出身のテューバ奏者エイステイン・ボーツヴィックさん。3月に来日した際には藤倉大《テューバ協奏曲》の世界初演を手がけ、リサイタルでもすばらしい音色と歌心にあふれた演奏を聴かせてくれました。11年ぶりとなる表紙インタビューでも、いろいろなお話をしてくださいました。お楽しみに!

[練習中オジャマします]
秋田市立山王中学校吹奏楽部(秋田)
 山王中学校吹奏楽部は、秋田県のみならず日本を代表する吹奏楽部のひとつと言ってもいい伝統と実績を持ち、高い実力を保ち続けている。1960年代から吹奏楽コンクールでは頻繁に全国大会に出場しているが、その基礎を作ったのが故木内博さん、現在の顧問である木内恒(きのうちこう)先生のお父さまであり、その功績をたたえて秋田県では「木内音楽賞」も制定されている。コンクール以外でも数多くの本番を行ない、合同演奏会や合同練習と忙しい毎日を送る山王中。そのすばらしい音はどこから生まれるだろうか。

[ガンバレ!! 小編成バンド]【番外編】
 今回は特別番外編として、3月11日(日)に行なわれた“21世紀の吹奏楽”実行委員会主催による『小編成レパートリー・プロジェクト~コンサート形式による編成への新しい提案』の様子を、実際に小編成バンドを指導されている都賀城太郎先生にレポートしていただきます。小編成バンドのレパートリーを考える際の参考にしていただければと思います。

[好評連載]
エリック宮城さんに聞く 楽器の悩み何でも相談室
3分で分かる!? 吹奏楽で人気の作曲家&作品辞典(柴田克彦)
Tak(タク)の“Play by Ear”~カナダからのメッセージ(前田卓哉)

[別冊付録楽譜]
合唱と吹奏楽のための《明日への虹》(伊藤康英)
 横浜市立港南中学校の委嘱により伊藤康英先生が作詩・作曲した合唱と吹奏楽のための《明日への虹》から、合唱の入る後半部分を抜粋してお届けします。また、5月発売の「教育音楽」中高版6月号(音楽之友社)ではピアノ伴奏の合唱譜が付録になる予定ですので、こちらもぜひ手に取ってみてください!

曲目

  • 1 合唱と吹奏楽のための《明日への虹》 作詞:伊藤康英 / 作曲:伊藤康英 / ※(別冊付録楽譜)