• パスカル・ドゥヴァイヨンとめぐるドビュッシーの島々

書籍 理論・専門書

パスカル・ドゥヴァイヨンとめぐるドビュッシーの島々

前奏曲集を中心に

パスカル・ドゥヴァイヨン 著/村田理夏子

定価
1,980円 (本体1,800円+税)
判型・頁数
A5・136頁
発行年月
2016年5月
ISBNコード
9784276143890
商品コード
143890

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Twitter
  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Facebook

内容紹介

「ドビュッシーのピアノ作品の真髄」と著者が考えるのが《24の前奏曲》。本書ではこれら24曲を11の「島」(植物、風、文学、ユーモア、神秘、過去、静寂、踊り、旅、不思議、ヴィルトゥオーゾ)に分類し、それぞれの作品の特徴をユーモアも交えながら解説。多くの譜例を用いながら、具体的な練習方法も提示する。ドビュッシー自身の言葉や、影響を受けた文学、絵画などにも触れた、ドビュッシー作品のエッセンスがつまった一冊である。音楽を介してイメージを持つことがドビュッシー作品の演奏には重要であり、本書が、読者一人一人の想像力を掘り起こす手助けになればと著者は語る。今、最もレッスンを受けたいピアノ科教授の一人と言われるパスカル・ドゥヴァイヨン、待望のドビュッシー作品の紙上レッスンである。「ムジカノーヴァ」連載(2012年4月号~2013年5月号)の単行本化。連載記事から大幅に加筆修正している。

目次

まえがき
序章

1.植物の島―ヒースの茂る荒地/枯葉
2.風の島―野を渡る風/西風の見たもの
3.文学の島―音と香りは夕べの大気に漂う/亜麻色の髪の乙女/パックの踊り/ピクウィック卿を讃えて
4.ユーモアの島―とだえたセレナード/ミンストレル/風変りなラヴィーヌ将軍
5.神秘の島―沈める寺/霧/月光の降り注ぐテラス
6.過去の島―デルフィの舞姫たち/カノープ
7.静寂の島―雪の上の足跡
8.踊りの島―アナカプリの丘/妖精たちはよい踊り子
 コラム:「自由」を求めるドビュッシー
 コラム:「印象派」から「点描画法」へ
9.旅の島―ヴィーノの門
 コラム:時間や距離が廃絶された世界
10.不思議の島―帆(ヴェール)/オンディーヌ(水の精)
11.ヴィルトゥオーゾの島―交代する三度/花火
 コラム:ヴェルトゥオジティの占める位置
 コラム:ドビュッシーの“難しさ”

あとがき