MENU

音楽教育
改訂版 最新 中等科音楽教育法 2017/18年告示「中学校・高等学校学習指導要領」準拠 中学校・高等学校教員養成課程用

●改訂版 最新 中等科音楽教育法 2017/18年告示「中学校・高等学校学習指導要領」準拠 中学校・高等学校教員養成課程用

中等科音楽教育研究会

購入する

【改訂版 最新 中等科音楽教育法 2017/18年告示「中学校・高等学校学習指導要領」準拠 中学校・高等学校教員養成課程用】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

内容紹介
2017年3月に告示された「中学校学習指導要領」、2018年3月に告示された「高等学校学習指導要領」のそれぞれに対応した事例や解説、教材、資料を豊富に掲載。実践的な内容で即戦力が身につくように構成した。教育の第一線で活躍中の執筆者陣が、「主体的・対話的で深い学び」の実現に導く。学習評価の方法などが改められたため、最新の情報に対応した。
〈概説編〉音楽科教育の意義、これからの中等科音楽、音楽科の目標、音楽科の指導内容、学習指導計画、評価
〈実践編〉授業実践にあたって、主体的・対話的で深い学び、歌唱・器楽・創作・鑑賞の学習と指導、共通事項の活用
〈今日的課題〉音楽科と生涯学習、カリキュラム・マネジメント、他教科等の関連、地域との連携、校種間の連携、多様な音楽文化、著作権、ICT、ほか
〈教材編〉教材例(歌唱共通教材の研究、ウォーミングアップ、合唱の響き、日本の伝統音楽の響き、器楽アンサンブル)
〈資料編〉特色ある音楽教育法、日本の伝統音楽の指導法、学習指導案例、音楽教育の歩み、教育実習、教員採用試験、部活動指導、諸民族の音楽と楽器、教育用音楽用語、日本音楽の用語、移調楽器、音楽(教育)史年表、中学校生徒指導要録、小学校学習指導要領「音楽」 ほか。
別冊:中学校学習指導要領〈前文/総則/音楽〉、高等学校学習指導要領〈前文/総則/芸術・音楽/専門科目・音楽〉、教育基本法、学校教育法(抄)
目次
まえがき

○第1部 概説編
<序>音楽教育の意義:音楽はなぜ学校に必要か
これからの中等科音楽

第1章 目標
1.中学校音楽科の目標
2.高等学校芸術科音楽の目標

第2章 指導内容
1.中学校音楽科の各領域,[共通事項],配慮事項
2.高等学校芸術科音楽の各領域,[共通事項],配慮事項

第3章 学習指導計画
1.概論
2.年間指導計画の作成
3.題材の構成
4.学習指導案の作成

第4章 評価
1.概論
2.評価の観点と方法

○第2部 実践編
<序>授業実践にあたって
1.青年期の発達特性と音楽的発達
2.教材研究の視点

第1章 主体的・対話的で深い学び
◇概要と実践との関わり

第2章 歌唱の学習と指導
1.「歌唱」の意義と留意点
2.発声とその指導
 “声の基礎
 我が国の伝統音楽と発声
3.歌唱教材研究
 ゞδ牟戯
  (1)歌唱共通教材の意義と歴史的経緯
  (2)教材研究
 △修梁召龍戯
4.音高・音程を合わせられない生徒,変声期の生徒に対する指導

第3章 器楽の学習と指導
1.「器楽」の意義と留意点
2.各楽器の奏法と指導法
 .螢魁璽澄
 ▲ター
 O続擺
 ぢ燃擺
 ヅ纏匈擺
3.器楽教材研究
■参考資料:リコーダー運指表/ギター・コード表

第4章 創作の学習と指導
1.「創作」の意義と留意点
2.指導法
 〇愼各睛
 ⊆汰例

第5章 鑑賞の学習と指導
1.「鑑賞」の意義と留意点
2.指導法
3.中学校鑑賞教材選択の観点と教材研究
《第1学年》
 「四季」より<春>(ヴィヴァルディ)
 魔王(シューベルト)
 青少年のための管弦楽入門(ブリテン)
 雅楽「越天楽」〔平調〕(日本古曲)
 箏曲「六段の調」(八橋検校)
 スコットランドの音楽
《第2〜3学年》
 バレエ音楽「火の鳥」(ストラヴィンスキー)
 ボレロ(ラヴェル)
 ラプソディ・イン・ブルー(ガーシュイン)
 小フーガ ト短調(J.S.バッハ)
 交響曲第9番「新世界より」第2・4楽章(ドヴォルジャーク)
 組曲「展覧会の絵」(ムソルグスキー)
 歌舞伎「勧進帳」
 能「羽衣」
 諸民族の音楽―声の音楽―
 諸民族の音楽―舞踊音楽―
4.高等学校鑑賞教材選択の観点と教材研究
 郷土の伝統芸能
 中国と韓国の音楽
 歌曲集「詩人の恋」(シューマン)
 交響曲第9番「合唱」(ベートーヴェン)
 ノートル・ダム・ミサ曲(マショー)
 ノヴェンバー・ステップス(武満徹)
 オペラ「フィガロの結婚」(モーツァルト)
 ミュージカル「ウエスト・サイド物語」(バーンスタイン)

第6章〔共通事項〕の活用
1.実践における留意点と課題
2.〔共通事項〕を活用した実践例
 _両АΥ鏗擇抜嫋泙魎慙△気擦深汰例
 ∩郎遒抜嫋泙魎慙△気擦深汰例
3.言語活動の充実と音楽科

○第3部 今日的課題
1.音楽と様々な関わり
2.音楽科と生涯学習
3.カリキュラム・マネジメントの概説・構想例
4.音楽科と他教科等との関連
 ‘仔繕軌蕕箸隆慙
 △修梁召龍飢覆箸隆慙
5.特別活動との関連
6.「総合的な学習の時間」と音楽科
7.特別支援教育と音楽教育
8.校種間の連携と音楽科
 ‐・中の連携
 中・高の連携
 9癲β腓力携
9.地域との連携
10.多様な音楽文化
 ‘本の伝統音楽
 ⊇外国(諸民族)の音楽
 ポピュラー音楽
11.著作権
12.音楽科とICT
●学習指導要領の変遷

○第4部 教材編
【歌唱共通教材】
【ウォーミングアップ】  
【ヨーロッパの歌】
【合唱の響き】
【リズム・アンサンブルの楽しみ】  
【日本の伝統音楽の響き】
【器楽アンサンブル】
■参考資料:キーボード・コード表

○第5部 資料編
1.特色ある音楽教育法
 .螢肇潺奪
 ▲灰澄璽ぁΕ瓮愁奪
 オルフ・シュールヴェルク
 ぅ灰鵐札廛船絅▲襦Ε蕁璽縫鵐(概念学習)
 チ和づ音楽学習(CMM)
 Ε汽Ε鵐鼻Ε┘妊絅院璽轡腑
2.日本の伝統音楽の指導法
3.学習指導案例
 [歌唱]中学校第1学年
 [創作]中学校第1学年
 [器楽]中学校第2学年
 [鑑賞]中学校第3学年
 [表現]高等学校音楽I
 [表現と鑑賞の関連]高等学校音楽II
4.音楽教育の歩み(略史)
5.教育実習
6.教員採用試験
7.部活動指導
8.生徒指導
9.諸民族の音楽の主要ジャンルと楽器
10.教育用音楽用語
 ヽ惱指導要領の用語
 ⊆腓箸靴得祥硫山擇亡悗垢襪發
11.日本音楽の用語
12.移調楽器
13.音楽(教育)史年表
14.中学校生徒指導要録
15.小学校学習指導要領 音楽
執筆者一覧

別冊
◆2017年3月告示
「中学校学習指導要領(前文/第1章 総則/第2章 各教科 第5節 音楽)」
◆2018年3月告示
「高等学校学習指導要領(前文/第1章 総則/第2章 各学科に共通する各教科 第7節 芸術 第2款 各科目 音楽I〜III/第3章 主として専門学科において開設される各教科 第11節 音楽)」 
◆教育基本法
◆学校教育法(抄)
曲目一覧
この商品に興味がある方は、こちらもおすすめです。
 中学校・高等学校教員養成課程用 最新 中等科音楽教育法 2017/18年告示「中学校・高等学校学習指導要領」準拠
中等科音楽教育研究会 編
改訂版 最新 初等科音楽教育法 2017年告示「小学校学習指導要領」準拠 小学校教員養成課程用
初等科音楽教育研究会 編
 小学校教員養成課程用 最新 初等科音楽教育法 2017年告示「小学校学習指導要領」準拠
初等科音楽教育研究会 編
〔教育音楽ハンドブック〕 キーワードで分かる! 音楽科学習指導要領
伊野義博 著
〔音楽指導ブック〕 よくわかる日本音楽基礎講座〜雅楽から民謡まで
福井昭史 著
お役立ちメニュー
音楽の友ホール
公開講座
教材カタログ
レンタル楽譜ライブラリー
音楽大学・学校案内WEB付録
小売店様向けお役立ち情報
和声問診票

お知らせ
採用について
雑誌の定期購読
雑誌の広告につきまして
お問合せ一覧
教科書採択の公正確保に関する基本方針