• レコード芸術2023年総集編
  • レコード芸術2023年総集編の中身

ムック レコード芸術 編

ONTOMO MOOK

レコード芸術2023年総集編

別冊付録:レコード・イヤーブック2023年1~7月号&補遺

  • 2023年のCD業界を総括!
  • 特別企画:ONTOMO MOOKレコード・アカデミー賞

音楽之友社

定価
1,980円 (本体1,800円+税)
判型・頁数
B5・112頁+A5・192頁
発行年月
2024年2月
ISBNコード
9784276963757
商品コード
963750

上記リンクの他、書店、楽器店、他ネットショップにてご購入いただけます。

  • 「ONTOMO MOOK」Twitter
  • 音楽之友社ムック課

内容紹介

 2023年7月号で休刊した『レコード芸術』。恒例の看板企画であった「レコード・アカデミー賞」は、形を変えて「ONTOMO MOOKレコード・アカデミー賞」として行なう。今回は、『レコード芸術』1~7月号の特選盤から月評の各担当筆者が1位から3位までを選定。これまでのような合議・投票により大賞や部門賞などを選出する方法ではなく、各筆者単独によるランキングとする。
 ほか、2023年後半に関しては対談形式でのディスク紹介など、「買うべき&聴くべき」ディスクが満載。
 別冊付録の「レコード・イヤーブック」は、月刊誌1~7月号巻末掲載分についてはこれまでと同じ形式で、それ以降のディスク情報については簡略化して1冊にまとめた。

♪「ONTOMO MOOKレコード・アカデミー賞」受賞ディスク一覧はこちら

目次

巻頭言「未完成」のレコード芸術 矢澤孝樹

〇巻頭カラー
Interview ユリアンナ・アヴデーエワ(ピアノ) 飯田有抄 
Interview ピオトル・アンデルシェフスキ(ピアノ) 山野雄大

■第1章
◇ONTOMO MOOKレコード・アカデミー賞
◎交響曲部門
金子建志
満津岡信育

◎管弦楽曲部門
増田良介
大津聡

◎協奏曲部門
岡部真一郎
広瀬大介

◎室内楽曲部門
中村孝義
相場ひろ

◎器楽曲部門
那須田務
草野次郎
濱田三彦

◎オペラ部門
國土潤一
小畑恒夫

◎声楽曲部門
堀内修
城所孝吉

◎音楽史部門
美山良夫
矢澤孝樹

◎現代曲部門
長木誠司
白石美雪

◎吹奏楽/管・打楽器・部門
後藤洋
西村祐

◎ビデオ・ディスク部門「コンサート&ドキュメンタリー」
小宮正安
山崎浩太郎

◎ビデオ・ディスク部門「舞台&劇作品」
小宮正安
小畑恒夫

◎録音部門
石田善之
常盤清
峰尾昌男
宮下博
山之内正

◇2023年後半のおすすめディスク
推しディスク続出 「現代曲」 長木誠司
ジャンル別 対談 満津岡信育×相場ひろ
海外盤ベスト5 佐々木勉/増田良介/山野雄大

■第2章 
TOPICS2023

クラシック界2023年の出来事を振り返る 林田直樹
『レコード芸術』連載書籍化記念
・トーキョー・シンコペーション 番外編 沼野雄司
・古楽夜話 番外編 那須田 務

日本テレマン協会の創立60周年 澤谷夏樹

■第3章
ポスト・月刊『レコード芸術』

クラシック音楽の構造転換 片山杜秀
飯守泰次郎と『レコード芸術』が消えた年 舩木篤也
休刊後に思ったいくつかのこと 矢澤孝樹
『レコ芸』休刊後のディスク・ライフ 喜多尾道冬
インターネット定額制聴き放題サービス 山之内正

■第4章
『レコ芸』アーカイヴ

宇野功芳の月評 芳岡正樹
①初期の管弦楽曲評
②演奏家の発見
③往年の名演の賛美
④CD時代以降

名演出家・三谷礼二の記事 山崎浩太郎
「トゥーランドット」録音なる
あらためて気づくカラヤンとプッチーニの相似