• シェーンベルク書簡集
  • シェーンベルク書簡集の中身

書籍 理論・専門書

シェーンベルク書簡集

世紀末ウィーンの一断面 一八九一年~一九〇七年五月

イーサン・ハイモザビーン・ファイスト 編/佐野旭司

定価
13,200円 (本体12,000円+税)
判型・頁数
A5・592頁
発行年月
2023年2月
ISBNコード
9784276131538
商品コード
131530

上記リンクの他、書店、楽器店、他ネットショップにてご購入いただけます。

  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Twitter
  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Facebook
  • 音楽之友社 出版部 LINE
  • 音楽之友社 出版部 YouTube

内容紹介

 作曲家アルノルト・シェーンベルク(1874-1951)が1891年から1907年5月までに文通した、300もの手紙を英訳した書簡集の日本語版。新ウィーン楽派を形成し、表現主義、無調、十二音技法を牽引、今もなお現代音楽やポップカルチャーに影響を与えつづける音楽史上最大の風雲児の素顔とは――
 本書には、アルマ・マーラーやグスタフ・マーラー、リヒャルト・シュトラウス、ツェムリンスキー、ブゾーニ、ベルク、ウェーベルン、作家カール・クラウスをはじめ世紀末ウィーンの大芸術家との手紙を多数収録。またシェーンベルクの初期作品《浄夜》や《グレの歌》、《ペレアスとメリザンド》、弦楽四重奏曲第1番、さらにツェムリンスキー《人魚姫》の作曲背景を知ることができる。楽譜商との応酬、赤裸々な恋愛模様、当時の衣食住についての記述も興味深い。
 シェーンベルク研究者の執念、ここに結実。19世紀末から20世紀初頭にかけての、ウィーン楽壇の動向が鮮やかに浮かび上がる。

♪【関連情報】「専門書にチャレンジ!」掲載記事はこちら

目次

原書における前書きと編集のポイント 
原書における謝辞 
日本語版凡例 

【Ⅰ】一八九九年までの手紙
【Ⅱ】一九〇〇~一九〇一年の手紙
【Ⅲ】一九〇二年の手紙
【Ⅳ】一九〇三年の手紙
【Ⅴ】一九〇四年の手紙
【Ⅵ】一九〇五年の手紙
【Ⅶ】一九〇六年の手紙
【Ⅷ】一九〇七年五月までの手紙
・日付の特定が不可能な手紙

訳者あとがき

<巻末資料>
除外された項目 
参考文献(抜粋) 
注釈における略語一覧 
索引 その他 
索引 シェーンベルク作品 
索引 人物&作品

関連商品