• 新 イタリア・オペラ史

書籍 理論・専門書

新 イタリア・オペラ史

水谷彰良

定価
3,025円 (本体2,750円+税)
判型・頁数
4-6・352頁
発行年月
2015年9月
ISBNコード
9784276110410
商品コード
110410

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Twitter
  • 音楽之友社 出版部 書籍課 Facebook
  • 音楽之友社 出版部 LINE

内容紹介

2006年7月初版の「イタリア・オペラ史」をもとに全頁を見直し増補改訂した。補遺や年表もさらに2015年までの情報を入れて充実させ、2段組30ページ近くにわたる索引も、事典のように使える詳細さ。オペラ発祥の地イタリアだけでなく、ドイツ、オーストリア、中央ヨーロッパ、イギリスまでを網羅し、作曲家から台本作家、劇場や演奏方法など当時の社会・歴史に絡めてオペラの歴史が語られる。珍しい肖像画・写真・図版が豊富。新鮮な読み物であるとともに、文献的にも後世にのこる研究書。

目次

序 オペラとその歴史の基本理解
一 オペラが誕生するまで(前史に関する考察)
二 初期バロックの宮廷オペラ(1598~1636)
三 中期バロックのイタリア・オペラ(1637~80)
四 後期バロックのイタリア・オペラ(1681~1730)
五 メタスタージオの時代(1731~70)
六 古典期のイタリア・オペラ(1771~1800)
七 ロッシーニ、ベッリーニ、ドニゼッティの時代(1801~40)
八 ヴェルディとその時代(1841~80)
九 ヴェリズモとプッチーニの時代(1881~1924)
一〇 プッチーニの死から現在まで(1925~2015)

補遺:トスカニーニ後のイタリア・オペラ指揮者と演出家
   ファシズム期から現在に至るイタリア・オペラ歌手
   イタリアの音楽祭と作品の復興
   批判校訂版とその意義

あとがき
イタリア・オペラ年表
索引