• 音楽の友 2024年1月号
  • 音楽の友 2024年1月号の中身

雑誌 音楽の友

音楽の友 2024年1月号

  • トレンド大予想! 日本のクラシック2024年/今年はじめよう Myオーケストラと過ごす
  • 別冊付録:コンサート・ガイド&チケット・インフォメーション
特別定価
1,210円 (本体1,100円+税)
判型・頁数
A4変
発行年月
2023年12月
JANコード
4910021290143
商品コード
032401

上記リンクの他、書店、楽器店、他ネットショップにてご購入いただけます。

  • 「音楽の友」編集長 Twitter
  • 音楽の友 編集部 Twitter
  • 音楽の友 編集部 Facebook
  • 音楽の友 編集部 Instagram

内容紹介

【特集Ⅰ】
●トレンド大予想! 日本のクラシック2024年
(池田卓夫/山崎浩太郎/加藤浩子/飯田有抄/尾高忠明/下野竜也)
怒涛の来日ラッシュだった2023年が終わり、「コロナ明け」2年目の2024年が始まります。年始にあたって、2024年の日本のクラシック音楽シーンのトレンドを、来日演奏家を中心にさぐっていきます。

【特集Ⅱ】
●今年はじめよう Myオーケストラと過ごす
(飯田有抄/村田英也/尾高忠明/片桐卓也/沼尻竜典/高坂はる香/山田治生/トレヴァー・ピノック/西田紘子/太田 弦/篠崎史紀/逢坂聖也/鈴木秀美/佐渡裕/萩谷由喜子/ジョナサン・ノット/後藤菜穂子/山崎浩太郎/大野和士/カーチュン・ウォン/道下京子/クリスティアン・アルミンク/加藤浩子)
新しい音楽の愉しみかたとして「お気に入りのオーケストラ=Myオーケストラ」を見つけるのはいかがでしょうか。国内オーケストラの2024/25シーズン・ラインナップ。その聴きどころをシェフの声とともにお届けします。定期会員入会の特典情報なども必見。

【カラー】
●[Interview]Starring Artist 三浦文彰―新たな名器とともにベートーヴェン「ヴァイオリン・ソナタ全曲」に挑む(満津岡信育/高山直也)
●音楽とともにたどるオーストリア 聖地巡礼の旅(平野玲音)
●[Report]名門オーケストラ来日ラッシュ!
チューリヒ・トーンハレ管弦楽団/オスロ・フィルハーモニー管弦楽団/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団/マーラー・チェンバー・オーケストラ/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(池田卓夫/那須田 務/伊藤制子/長谷川京介/山崎浩太郎/村田英也/戸部 亮/山田治生)
●[Report]ジュリアード弦楽四重奏団、約5年ぶりの来日(國土潤一)
●[Interview]特別対談 山本耕史×古澤 巖 DANDYISM BANQUET Ⅱ
●[Report]ボローニャ歌劇場来日公演《トスカ》&《ノルマ》(國土潤一)
●[連載]小林愛実ストーリー(11)(高坂はる香)
●[連載]マリアージュなこの1本~お酒と音楽の美味しいおはなし(42)〈ゲスト〉ジョン・アクセルロッド(指揮者)(伊熊よし子)
●[連載]山田和樹「指揮者のココロ得」(20)(山田和樹)
●[連載]和音の本音(41) ―スクリャービンという神秘Ⅲ(清水和音/青澤隆明)
●[連載]宮田 大 Dai-alogue~音楽を語ろう(20)ゲスト:菅野祐悟(作曲)(山崎浩太郎)
●[不定期連載]OVER THE BORDER Vol.3 上原理生(vo)

【特別記事】
●野島 稔 メモリアル・コンサート
●[Interview]ベルリン・フィル 社会貢献・教育活動を語る(小倉多美子)
●[Interview]砂川涼子(S)がマルグリートに初挑戦! ―藤原歌劇団《ファウスト》
●追悼ユーリ・テミルカーノフ(清水雄太/堤 正浩)

【特別レポート】
●Bunkamura『未来の巨匠コンサート』(山崎浩太郎)
●TDK Rising Stars Program 2023(飯田有抄)
●来日クァルテットたちの饗宴(渡辺和彦)

【隔月連載】
●耳鼻科医から見たアーティストと演奏(21) ゲスト:辻 功(ob)(道下京子)

【連載】
●オペラ MenuとRecipe(8)ソプラノいろいろ(山田治生)
●猪居亜美のGuitar’s CROSS ROAD(10)イングヴェイ・マルムスティーン vol.1(猪居亜美)
●池辺晋一郎エッセイ 先人の影を踏みなおす(46)吉田秀和(池辺晋一郎)
●ClaTech―クラシック×テクノロジー(9)演奏×点字楽譜(池田卓夫)
●いまどきのクラシックの聴きかた(16)~もっとステキにいい音で特別編 年始対談(生形三郎/飯田有抄)
●音楽家の本棚(10)藤倉 大(作曲)(後藤菜穂子)

【Artists Lounge】~今月のインタビュー
●フレッシュ・アーティスト・ファイル Vol. 55上島緑(Ms)
●ジャナンドレア・ノセダ(指揮)(青澤隆明)
●ジャン=ミッシェル・キム(p)(上田弘子)
●渡邊順生(fp)(道下京子)
●レア・デザンドレ(Ms)&トーマス・ダンフォード(lute)(山崎浩太郎)

【Reviews & Reports】
●Concert Reviews 演奏会批評
●〈海外レポート〉今月の注目公演 アルティノグリュの《ラインの黄金》(三光洋)
イギリス(秋島百合子)/フランス(三光 洋)/イタリア(野田和哉)/オーストリア(平野玲音)/ ドイツ(1)(中村真人)/ドイツ(2)(来住千保美)/スイス(中 東生)/ロシア(浅松啓介)/ アメリカ(小林伸太郎)
●〈イヴェント・レポート〉ジャン・ロンドーによるマスタークラス(門岡明弥)

【PR】
●〈イヴェント告知〉耳鼻科医から見たアーティストと演奏
 2024年1月25日(木)19時・音楽の友ホール ゲスト:堀ちえみ、他
●『音楽の友』バックナンバー紹介

【Rondo】
●久石譲プレゼンツ ミュージック・フューチャー Vol. 10(片桐卓也)
●日生劇場《マクベス》(萩谷由喜子)
●新国立劇場《シモン・ボッカネグラ》(岸純信)
●パリ管弦楽団メンバーによる特別アカデミー(高山直也)
●ハインツ・ホリガー健在!水戸室内管弦楽団 第112回定期演奏会(矢澤孝樹)

【News & Information】
●スクランブル・ショット・エクストラ
舘野泉米寿記念演奏会/第13回国際オーボエコンクール・東京/Music Dialogue/第2回ジュディッタ・パスタ記念熊本復興国際オペラ歌手コンクール/第9回静岡国際オペラコンクール
●スクランブル・ショット+音楽の友ホールだより
●アート・スペース(1)(映画:中村千晶/舞台:横溝幸子/展覧会:花田志織)
●ディスク・スペース(真嶋雄大/満津岡信育)
●今月のNew Disc 新譜一覧
●アート・スペース(2)(書籍:小沼純一、増田良介)
●クラシック音楽番組表
●読者のページ
●編集部だより(次号予告/編集後記/広告案内)

【表紙の人】
●三浦文彰(ヴァイオリニスト)(c)ヒダキトモコ
2009年世界最難関と言われるハノーファー国際コンクールにおいて、史上最年少の16歳で優勝。国際的に一躍脚光を浴びた。国内外の著名オーケストラ、アーティストと共演を続ける、現代を代表するヴァイオリニストの一人。国内では、大河ドラマ『真田丸』テーマ音楽を演奏したことやTBS『情熱大陸』への出演も大きな話題となった。18年からスタートしたサントリーホールARKクラシックスではアーティスティック・リーダーに就任。ロンドンの名門ロイヤル・フィルのアーティスト・イン・レジデンスも務める。使用楽器は株式会社クリスコ(志村晶代表取締役)から貸与された1732年製グァルネリ・デル・ジェス『カストン』。

【別冊付録】
●コンサート・ガイド&チケット・インフォメーション
Concert Guide & Ticket Information
観どころ聴きどころ(戸部 亮&室田尚子)

【お詫びと訂正】
●「演奏会批評」1ページ目、2点の写真のクレジット表記に誤りがございました。
正しくは、下記となります。
写真上:9月29日 新日本フィルハーモニー交響楽団 すみだクラシックへの扉 第17回 ©K.Miura
写真下:9月29日 アンドラーシュ・シフ ピアノ・リサイタル ©Yuki Tsunesumi

●「演奏会批評」1ページ目、筆者一覧の部分で筆者の名前に誤りがございました。
馬場有里子氏の次は「原 明美」です。

●「Myオーケストラと過ごす」74ページ、「交響曲第9番」の公演情報に誤りがございました。
広島交響楽団第445回定期演奏会の指揮者がクリスティアン・アルミンクとありますが、正しくは準・メルクルです。

関係各位、読者の皆様にお詫びし、訂正いたします。