MENU

評論・読み物
リッカルド・ムーティ、イタリアの心 ヴェルディを語る

●リッカルド・ムーティ、イタリアの心 ヴェルディを語る

リッカルド・ムーティ 著/田口道子

購入する

【リッカルド・ムーティ、イタリアの心 ヴェルディを語る】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入 ヨドバシカメラで購入

内容紹介
2013年出版の『リッカルド・ムーティ自伝』に続く第2弾。ヴェルディをこよなく愛し、この作曲家に音楽家人生を捧げてきた世界的名指揮者ムーティ自らが語るヴェルディのオペラの真実。
「楽譜に全て書かれている」「楽譜に忠実である」ことの意味。自身が指揮した舞台を例にとり、歌手や演出家の興味深いエピソードを入れながら、名演奏家だからこその、実際に演奏してきたからこその説得力あるオペラ解説は、世界のオペラ・ファンのために、ヴェルディとその作品が描かれた貴重な書となっている。同時にムーティという真摯な音楽家の姿も浮かぶ。なるほど!の発見がいっぱい。付録に、鑑賞に便利なヴェルディのオペラ作品ミニ事典付き。
目次
まえがき アルマンド・トルノ

序 人生を共にする音楽家
1 書いてある通りに正確に
2 ヴェルディに魔法をかけられた
3 音楽と言葉の完璧なる一致
4 誰が未来を読むことができるのか?
5 ヴェルディ、イタリアの男
6 ヴェルディとワーグナー
7 情熱と情熱を失うこと

エピローグ『お役に立てるよう努めました』
マエストロ・リッカルド・ムーティが指揮したヴェルディ作品

付録 ジョゼッペ・ヴェルディのオペラ作品  アルマンド・トルノ監修
この商品に興味がある方は、こちらもおすすめです。
リッカルド・ムーティ自伝
リッカルド・ムーティ 著/田口道子 訳
〔作曲家◎人と作品〕 ヴェルディ
小畑恒夫 著
ウィーン国立歌劇場 すみからすみまで
野村三郎 著
音楽家 近衞秀麿の遺産
藤田由之 編
名曲の暗号
佐伯茂樹 著
お役立ちメニュー
音楽の友ホール
公開講座
教材カタログ
レンタル楽譜ライブラリー
音楽大学・学校案内WEB付録
小売店様向けお役立ち情報
和声問診票

お知らせ
採用について
雑誌の定期購読
雑誌の広告につきまして
お問合せ一覧
教科書採択の公正確保に関する基本方針