• 管楽器 伝説の名手たち

ムック BandJournal 編

ONTOMO MOOK

管楽器 伝説の名手たち

  • “フルートの帝王”ジャン=ピエール・ランパル、“トランペットの神様”モーリス・アンドレ…彼らが目指す音楽とは?
  • 『バンドジャーナル』『音楽の友』『レコード芸術』3誌ハイブリット編!

バンドジャーナル音楽の友レコード芸術

定価
1,980円 (本体1,800円+税)
判型・頁数
B5・144頁
発行年月
2021年8月
ISBNコード
9784276963290
商品コード
963290

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 「ONTOMO MOOK」Twitter

内容紹介

“フルートの帝王”ジャン=ピエール・ランパル、“トランペットの神様”モーリス・アンドレ……彼らをはじめ、歴史に名を遺す偉大な管楽器奏者たちはどうやって技術を高め、どんな音楽を目指していたのか? 時代を象徴した海外の奏者が『バンドジャーナル』に語った、貴重なインタヴューを厳選。楽器を演奏する人への即戦力なヒントが満載だ。また、カラヤンやメータなど大指揮者のサウンドを彩ったオーケストラ奏者のエピソードも見逃せない。さらに『音楽の友』『レコード芸術』の視座から名手たちの人間性、そして今も輝く名盤を掘り下げる。オーケストラ、吹奏楽で演奏する人もクラシックを愛聴する人も必読の書。巻頭言はオーボエ奏者・指揮者の茂木大輔氏。

目次

[巻頭カラー]
〝フルートの帝王〞 ジャン=ピエール・ランパル
ふたたび訪れたい国ニッポン 中村孝子、向坂正久
〝トランペットの神様〞 モーリス・アンドレ
ユーモアに富む平凡なフランス人 飯山惠巳子
[巻頭言]
オーケストラ奏者から芸術的ソリストへの展開 茂木大輔

第1章 華麗なる名手たち
[Flute]
ジャン=ピエール・ランパル 植村泰一
オーレル・ニコレ 西田直孝
アラン・マリオン 一木瑛美
ジェイムズ・ゴールウェイ 中村洪介
[Oboe]
ローター・コッホ 井口博之
ハインツ・ホリガー 三浦矩靖
ピエール・ピエルロ 虎谷迦悦
[Clarinet]
ジャック・ランスロ 浜中浩一
カール・ライスター 北爪利世
[Saxophone]
ダニエル・デファイエ 秋山紀夫
ジャン=マリー・ロンデックス 宗貞啓二
ユージン・ルソー 前沢文敬
[Horn]
ヘルマン・バウマン 松原千代繁
ペーター・ダム 藤田由之
[Trumpet]
モーリス・アンドレ 田宮堅二
チモフェイ・ドクシツェル 中山冨士雄
フィリップ・ジョーンズ クリストファー・ホームズ

ディスクでたどる フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルの足跡 保柳健
[ディスク・ガイド]名手たちの輝ける名盤 西村祐
亀井良信が語る フランス楽派の伝統とビュッフェ・クランポン 横田揺子

第2章 大指揮者とオーケストラ奏者たち
オーケストラの歴史的なスーパー奏者たち
ベルリン・フィルの名手たち 満津岡信育
ウィーン・フィルの名手たち 山崎浩太郎
ロイヤル・コンセルトヘボウ管の名手たち 相場ひろ
大指揮者のサウンドを彩った管楽器奏者たち
アバド、マゼール、メータ、小澤征爾らと多数共演 ウィーン・フィルFlute ヴォルフガング・シュルツ 石原利矩
ジュリーニのチャイコフスキー、ショルティのマーラーほかで名演 シカゴ響Horn デイル・クレヴェンジャー 松原千代繁
ライナーの挑戦的な《ツァラトゥストラ》リハーサルにも正々堂々 シカゴ響Trumpet アドルフ・ハーセス 戸部豊、クリストファー・ホームズ
フルトヴェングラーからカラヤンへの変化を体現 ベルリン・フィルTrombone ヨハン・ドムス 関根五郎
フェネルの指導、メータを待たせたロス・フィルオーディション ロス・フィルTuba ロジャー・ボボ 安元弘行、三浦徹
オーケストラ曲の名場面選 西村祐
現代日本のスーパー奏者たち 増田良介、西村祐

第3章 管楽器の可能性を広げた先駆者たち
[Flute]
マルセル・モイーズ 峰岸壮一
[Oboe]
ヘルムート・ヴィンシャーマン 國土潤一、辻功、堀江昭朗
[Saxophone]
マルセル・ミュール 松沢増保
[Horn]
デニス・ブレイン 千葉馨