• Band Journal 2023年5月号
  • Band Journal 2023年5月号の中身

雑誌 Band Journal

Band Journal 2023年5月号

  • 課題曲をどう演奏する?/リペアの仕事を深掘り!
  • 別冊付録楽譜:《メヌエットとガボット ~フランス舞曲より》(ペツォールト、ゴセック 作曲/福島弘和 編曲)
定価
996円 (本体905円+税)
判型・頁数
A4変
発行年月
2023年4月
JANコード
4910075470539
商品コード
192305

上記リンクの他、書店、楽器店、他ネットショップにてご購入いただけます。

  • 「バンドジャーナル」編集部 Twitter
  • 「バンドジャーナル」編集部 Instagram
  • 「バンドジャーナル」編集部 YouTube

内容紹介

●表紙&スポットライト
1年間「ワンポイントレッスン」を執筆される奏者12名
 今月号から1年間、ワンポイントレッスンを書いていただくプロ奏者12名を紹介! 筆者の素顔が垣間見える質問にも答えていただきました。

●第1特集
課題曲をどう演奏する? ――12パートの演奏ポイント付き
 今年の吹奏楽コンクールの課題曲、すでに音源を聴いたり楽譜を読んでいるという方も多いのではないでしょうか。来たる夏へ向かってよりよい演奏に仕上げていくために、毎年恒例、作曲家・指揮者の方々からの各課題曲の解説に加えて、今年は楽器ごとの演奏のポイントや、スコアの読み方についてもお届けします。ご期待ください!

●第2特集
リペアの仕事を深掘り!
 楽器の調整や修理でお世話になるリペアの技術者たち。腕がすべてのように見えるけれど、作業の根拠となる知識や接客などでのコミュニケーション力も必要です。その仕事の全貌が明らかに!?

●練習中オジャマします
おそきウインドアンサンブル青樹
 東京都青梅市を中心に活動する吹奏楽団「おそきウインドアンサンブル青樹」は、大人だけでなく、市内中学校の吹奏楽部員も在籍しているバンド。部活動の地域移行にかかわる課題をどう解決しながら活動しているのか、指導者だけでなく、中学校の校長先生にもコメントをいただきました。

●my楽器 myパートナー
福井健太(サクソフォン)

●Interview
怖い部長だった!? つるの剛士さんから後輩へのエール
NHK大河ドラマ「どうする家康」音楽・稲本響インタビュー

●みんなで話そう 未来へのStep up!
第3回 吹奏楽関連団体 代表者合同会議 レポート

●BJ Pick Up!
第53回日本吹奏楽指導者クリニック
オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ 100th記者会見

●Concert Review
陸上自衛隊中央音楽隊/海上自衛隊東京音楽隊/レ・ヴァン・フランセ/アレキサンダーホルンアンサンブルジャパン

●レポート
第22回動くコンサート
21世紀の吹奏楽“響宴”
第11回シンフォニックジャズ&ポップスコンテスト全国大会
バンド維新2023
第34回東北吹奏楽指導者講習会

●連載など
・トピックス 鈴木英史・大滝実
・吹奏楽“仕事人”列伝――未来への道しるべ 河合敦子
・こちら西久保打楽器研究室 西久保友広

●演奏に役立つOne Point Lesson(新メンバー)
Flute 満丸彬人 Oboe 浅原由香 Clarinet 古賀喜比古 Fagotto 皆神陽太 Saxophone 齊藤健太 Horn 信末碩才 Trumpet 伊藤駿 Trombone 福田えりみ Euphonium 立石香織 Tuba 山本和邦Percussion 金子泰士 Contrabass 森武大和

●別冊付録楽譜
《メヌエットとガボット ~フランス舞曲より》(ペツォールト、ゴセック 作曲/福島弘和 編曲)
 2つのフランス舞曲が、吹奏楽アレンジで登場! メヌエットは、ゆったりとした3拍子の舞曲で、ルイ14世の宮廷で王侯貴族の踊りとして流行。ガボットは、ブルターニュ地方のフォークダンスですが、こちらも17~18世紀の宮廷で流行しました。軽やかなダンスのリズムに親しみましょう。

曲目

  • 1 メヌエットとガボット ~フランス舞曲より 作曲:ペツォールト、ゴセック / 編曲:福島弘和 / ※別冊付録楽譜