• ベートーヴェンの交響曲・協奏曲

ムック

ONTOMO MOOK

生誕250年

ベートーヴェンの交響曲・協奏曲

演奏家が語る作品の魅力とその深淵なる世界

  • 一冊まるごと、楽聖の人気ジャンル、待望の発売!
  • 耳なじみの名曲中の名曲、記念の年にあたり、その魅力を再発見

音楽の友レコード芸術

定価
1,650円 (本体1,500円+税)
判型・頁数
B5・160頁
発行年月
2019年12月
ISBNコード
9784276963016
商品コード
963010

全国の書店、もしくはネットショップよりご購入いただけます。オンラインで購入される場合は、上記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

  • 「ONTOMO MOOK」Twitter

内容紹介

2020年に生誕250周年を迎える"楽聖"ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェンの交響曲と協奏曲にスポットをあて、名演奏家がその魅力を語り、音楽評論家が作品、名盤を紹介する。
ジョン・エリオット・ガーディナー、サイモン・ラトル、パーヴォ・ヤルヴィ、小林研一郎、飯守泰次郎といったベートーヴェンの交響曲演奏に定評のある現役の名指揮者から、朝比奈隆、フランス・ブリュッヘンなど往年の〝ベートーヴェン指揮者〟たちが、その交響曲の魅力とその演奏法などについて語る。9つの交響曲成立への道のりをたどり、作品のオーケストレーションなど、細部について詳細に考察する。また音楽評論家の皆さんが、ベートーヴェンの交響曲、協奏曲の魅力、そのスペシャリストと言うべき〝ベートーヴェン振り〟もご紹介する。

目次


第1章 名演奏家が語るベートーヴェンの交響曲
 パーヴォ・ヤルヴィ  山田真一
 ピエタリ・インキネン  渡辺和彦
 フランス・ブリュッヘン  秋島百合子
 小林研一郎  高山直也
 [コラム]《プロメテウス》は創造の源泉  平野昭
 ジョン・エリオット・ガーディナー  佐々木節夫
 ゲルハルト・ボッセ  片桐卓也
 飯守泰次郎  片桐卓也
 クリストフ・ドホナーニ/デヴィッド・ジンマン/ヴォルフガング・サヴァリッシュ  末延芳晴
 寄稿・下野竜也  下野竜也    
 小川典子  上田弘子
 仲道郁代  山田真一
 庄司紗矢香  山崎浩太郎
 大阪フィルハーモニー交響楽団団員  響敏也
 サイモン・ラトル  山崎睦
 音楽之友社のベートーヴェン関連書籍  萩谷由喜子
 [コラム]「12のコントルダンス」から《エロイカ》への4つの道のり  平野昭

第2章 9つの交響曲誕生への道のり  安田和信
 [コラム]ベートーヴェンの“駄作”  渡辺和彦

第3章 ベートーヴェン「交響曲&協奏曲研究」の最前線
 ベートーヴェン 交響曲&協奏曲 作品解説  山田真一・真嶋雄大
 ベートーヴェン交響曲の知られざる聴きどころ  山田真一・山崎浩太郎・越懸澤麻衣
 ベートーヴェンのオーケストレーション  平野昭
 [対談]ベートーヴェン演奏の傾向と対策   満津岡信育×安田和信
 [コラム]〈不滅の恋人〉とゲーテと「交響曲第8番」   平野昭
 《第九》の構想から完成、初演に至るまでの時代とその精神  喜多尾道冬
 《歓喜の歌》とは一体何か?  浅岡弘和
 “演出”の時代へ~《第九》の問題点を中心に  金子建志
 ベートーヴェン交響曲の金管楽器用法の秘密  佐伯茂樹
 ベートーヴェン交響曲演奏の50年  満津岡信育
 [コラム]《フイデリオ》に関係する4つの序曲  渡辺和彦

第4章 古今東西のベートーヴェン“振り”  池田卓夫

第5章 ベートーヴェン交響曲の名盤100
 相場ひろ/片桐卓也/満津岡信育/山崎浩太郎/渡辺和彦

巻末付録 ベートーヴェン年譜  越懸澤麻衣
 凡例/奥付