音楽之友社 商品検索

$冠、商品タイトル、サブタイトルを半角スペース空けてつなぐ

●ピアノ共演法
パートナーとしてのピアニスト

  • 【定価】 4,212 円 ( 本体3,900 円)
  • 【判型・頁数】 菊判・336頁
  • 【発行年月】 2012年3月
  • 【ISBNコード】 9784276143784
  • 【商品コード】 143780
購入する

【ピアノ共演法】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。


  • 内容紹介
  • 目次
内容紹介アンサンブルや伴奏を愛する音楽家にとって必読の書である。カレーラスやマリリン・ホーンらに厚く信頼され、伴奏の世界的な第一人者である著者が、素晴らしい共演者になるためのノウハウを、ユーモアを交えながら、255個の豊富な譜例とともにきわめて具体的に公開する。ピアニストの呼吸の取り方、歌詞から曲想を読み取る方法、抑揚の付け方、前奏や間奏をどのように演出するか、言葉をどのように音に託すか、オーケストラの各楽器をピアノで模倣する方法、出だしのアインザッツの取り方、バランスを考えるときの注意点、等々、どれも実践的で、役立つ内容ばかり。ソロ演奏にも有益だ。「共演こそすべてだ!」と言う筆者の、大らかな人間性と音楽への深い愛情が全編に溢れ、気取らない語り口は説得力があって、読み物としても楽しい。訳文にも筆者の情熱が乗り移っている。
目次献辞

謝辞

日本語版へのまえがき

訳者まえがき

第1章:まえがき とにかく、共演するって、どういうこと?
第2章:呼吸することと歌うこと
第3章:言葉こそ大事
第4章:ピアニストはデザイナー
第5章:ピアニストは舞台監督
第6章:料理道具
第7章:バランスは厄介だ
第8章:スタインウェイ管弦楽団
第9章:もう少しオーケストラ演奏について
第10章:その他もろもろ
第11章:歌手がいなくても生きていける?
第12章:終わりに──激励の言葉を

訳者あとがき

譜例一覧とウェブサイトについて
関連書籍
この商品に興味がある方は、こちらもおすすめです。
パスカル・ドゥヴァイヨンのピアノと仲良くなれるテクニック講座

パスカル・ドゥヴァイヨン 著/村田理夏子 訳

パスカル・ドゥヴァイヨンのショパン・エチュード作品25の作り方

パスカル・ドゥヴァイヨン 著/村田理夏子 訳

関連書籍
検索トップへ戻る
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267