教育音楽 中学・高校版 2018年11月号
今月号

教育音楽 中学・高校版 2018年11月号

楽曲の何をどう聴かせる? 鑑賞授業の教材研究

私のテッパン指導ネタ【創作編】

【定価】¥905 (税込)
【判型】B5
【発行】2018年10月
【商品コード】171811
購入する

【教育音楽 中学・高校版 2018年11月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集Ⅰ

 

楽曲の何をどう聴かせる? 鑑賞授業の教材研究

[Part1 お伝えします! 鑑賞授業の教材研究を授業の組み立て方]
 「自分の聴き方ができる子ども」を育てるためには 中島 寿
[Part2 現場教師が語る]
 対談:聴取のポイントをどう絞る? 鑑賞授業の組み立て方 佐藤太一・眛四美子
[Part3 鑑賞授業の指導事例]
 鑑賞と表現を往還する授業づくり 高野恵里
 既習内容を生かし体験を通して理解を深める 中村麻里

  
 

特集Ⅱ

 

私のテッパン指導ネタ【創作編】

作品をつくる時間は20分! サービス2分!/中間発表会scrap and build 小野寿文
写真に合う旋律をつくり表現しよう/ボディパーカッションに挑戦しよう 岡本美穂
思いと意欲を引き出すささやかなきっかけ〜例示〜/ワークシートは思いの地図 服部優子
誰でもできる!リコーダーで即興創作/「選択する」創作活動 坂本光宏

 

特別記事

 

日本学校音楽教育実践学会 第23 回全国大会in京都 理論・実践を通じて見える新たな音楽教育

 

まるごとWATCH!

 

夏休みスペシャル! ゼツメツキグシュノオト学校夏休みスペシャル! ゼツメツキグシュノオト学校

 

グラビア

 

「授業ライヴ・リポート」埼玉県鴻巣市立吹上北中学校 1年3組&中村美穂子教諭
We love ミュージック! 千葉県立津田沼高等学校合唱部&山宮篤子教諭

 

連載

 

「巨匠たちの舞台裏」20 マリアン・アンダーソン 長岡 英
「キーワードから読み解く! 学習指導要領」8 体を動かす活動 伊野義博
「教師の悩み相談室」104 仕事ではやる気があるのにプライベートでやる気が起きない 諸富祥彦
「フルティ&ゆげちゃんのほっと一息音楽室」16 人権教育と音楽 古川敏子・弓削田健介
「音楽っていいな! 新実徳英の音・人・出会い」20 社会人一年生 新実徳英
「折々の美景〜音楽を巡る随想〜」32 キーツのことばから 清水敬一
「がんばれ! 音楽教師」8 ところ変われば〜学校によっての指導いろいろ〜 石田浩紀
「生徒と先生のドラマを築く! 大妻中野流合唱指導メソッド」2 合唱はじめてでも大丈夫! 見事に変身させる声づくりのワザ 宮澤雅子
「私のイチオシ◎創作の授業」8 雰囲気を感じ取り創作をしよう〜琉球音階編〜 森下円佳
「楽譜に書ききれなかったこと」7 『君と歩こう』 栂野知子
授業にそのまま活用! 学習プリント」68 オペラの魅力を味わおう 佐藤太一
「特別支援学校・学級 指導事例」2 ファンクに乗って合奏しよう!〜誰でもできるバンド演奏〜 謀掴柁

 

校種別・学年別●わたしの教材料理法

 

中学校第1学年●祭り囃子ってなんだろう?(器楽・鑑賞) 今井由喜
中学校第2学年●世界の民族音楽(鑑賞) 仲地綾子
中学校第3学年●『ブルタバ』(鑑賞)スメタナ作曲 眛四美子
高等学校 音楽●『ほたるこい』(器楽)わらべ歌 菅 龍之介

 

教音ジャーナル

 

ネットワーク/おすすめの一冊 吉村美保/新刊案内/著者に聞く 春畑セロリ/全日音研ニュース/音楽・子ども・生き生き!マイ・スクール[山形]/バックナンバーのお知らせ

 

別冊付録●楽譜資料

 

『クラス合唱曲集』
この歌を(混声三部合唱)古宮真美子作詞・作曲
いくつもの一瞬(混声三部合唱)長井理佳作詞|桜田直子作曲

■特集
鑑賞の授業を組み立てる鍵になるのが教材研究。楽曲によって聴取のポイントはさまざまです。そこで、今月は「鑑賞授業の教材研究」に焦点を当て、基礎となる「教材研究」から「聴取のポイントを設定」、そして実際に「どう授業を組み立てるか」に迫ります!

■特集
ふとした場面で輝く小さな「指導ネタ」。他の学校の先生方は授業の中で、いったいどんなひと工夫や伝え方をしているのだろう? と、気になる方も多いのではないでしょうか? 今回は4名の先生方に、創作を扱う授業で役立つ「指導ネタ」を教えていただきました!

■付録楽譜
『この歌を』の作者、古宮真美子さんは中学・高校版初登場! 大阪府の小学校で教える音楽専科の先生です。この曲が生まれたのは2011年、未曾有の震災から復興に向けて立ち上がろうとする人たちに向けて歌いたい……という強い思いから生まれました。サビでは「この歌を!」という言葉を何度も力強く繰り返す場面が印象的です。1〜2年生から無理なく取り組めます。桜田直子さん作曲の『いくつもの一瞬』(長井理佳作詞)……人生は文字通り無数の「一瞬」でできている。中には「くじけそうな一瞬」もあるけれど、それを心の強さでキラキラ輝く「一瞬」に変えよう! とみんなの背中を“そっと”後押しする軽快なビートとやさしいハーモニーが素敵な合唱曲です。
HOME