Stereo 2015年9月号
今月号

Stereo 2015年9月号

アナログ奥義伝承.ープンリール・バイブル▲▲淵蹈哀譽魁璽漂得献札奪謄ングを確認する

低音天国大作戦2

在庫
【定価】¥926 (税込)
【判型】B5
【発行】2015年8月
【商品コード】933509
数量:
 

特集1

 

アナログ奥義伝承

.ープンリール・バイブル
 これだけは知っておきたい! オープンリールの基礎知識(峰尾昌男)
 オープンデッキの音を聴く
 オープンデッキ&テープのメンテナンス〜オープンデッキを末永く使うために〜(菱 博嘉)
 アナログテープ録音の実力とは?〜録音フォーマットによる音質の違いを検証〜(生形三郎×石田善之×葉葉)
 オープンリールデッキリペアショップ探訪(福田雅光/編集部)
 オープンリールの楽しみ方を伝承!(小林 貢)

▲▲淵蹈哀譽魁璽漂得献札奪謄ングを確認する
 レコードを良い音で再生するための方法論(炭山アキラ)
 歴史的な名盤の復刻を聴く

 

特別企画

 

低音天国大作戦2

プラス・サブウーファーで小型スピーカーに新たな世界を〜2.1ch再生のすすめ(鈴木 裕)

 

stereo試聴室★話題の新製品を聴く

 

(石田善之/貝山知弘/鈴木 裕/須藤一郎/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正/角田郁雄:遠藤正奥/生形三郎[解説])
[USB DAC]アイファイ・オーディオ micro iDAC2
[プリ・メインアンプ]ラックスマン L-590AX
[USB対応DAC 搭載プリアンプ]プライマー PRE60
[プリアンプ]エソテリック C-02X/アキュフェーズ C-3850
[ステレオ・パワーアンプ]プライマー A60/エソテリック S-02
[スピーカーシステム]モニターオーディオ Bronze 2

 

連載

 

藤岡誠のオーディオコンポーネンツ 組合せの世界(藤岡 誠)
音の見える部屋 オーディオと在る人 今月の人:藤本由紀夫さん(田中伊佐資)
アクセサリーファイル ST-7(井上千岳)

 

注目製品ファイル

 

.┘薀奪 SUB2070(小林 貢)
▲筌泪A-S1100(村井裕弥)
ラックスマンEQ-500(井上千岳)
ぅ僖后XA30.8(林 正儀)
OPPO BDP-105D Japan Limited(小林 貢)
Ε汽Ε鵐疋戞璽轡此AK-15(村井裕弥)
新製品ニュース(遠藤正奥/峰尾昌男)
いい音いい場所いいお店「夢」(上田高志)
イクリプスがひらく音楽の世界とは ゲスト:ジム・アンダーソンさん(生形三郎)
短期集中連載 目で見てナットク! みじんこ荒川&炭山アキラの「オーディオ実験工房」
音溝に刻まれた昭和流行歌史(篠田寛一)
新連載 ポップ・ロック再生イワタ塾(岩田由記夫)
海外ブランド インタビュールーム 英国アイソテック、日本初上陸。気鋭のクリーン電源技術に迫る(鈴木 裕)
使い方を知る〜オーディオの新常識〜(福田雅光)
オーディオ・エクスプローラー 新たな音世界を求めて(生形三郎)
オーディオアクセサリーを科学する(柴崎 功)
コンポリバイバル「ジュピターオーディオ」(石渡 博)
ヴィニジャン〜アナログの壺〜「オールマンのライブ盤100枚に取り囲まれて、モータイヘン!」の巻(田中伊佐資)
Stereo Topics ダイヤソウル発進(柴崎 功)/キュルティを現代に甦らせるために(江崎友淑)
自作スピーカーコンテスト開催のお知らせ
ネットワークプレーヤーはじめました(編集部)
テラシマ円盤堂(寺島靖国)

 

ステレオ・ディスク・コレクション

 

今月の優秀録音(神崎一雄)
今月の特選盤(石田善之/貝山知弘/歌崎和彦/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥)
今月の話題盤 [クラシック](浅里公三)/[ジャズ](市川正二)/[ロック/ポピュラー](宇田和弘)/[日本のポピュラー](増渕英紀)
今月のSACD〜復刻盤編(岩間哲男)
私の特選!ミュージックファイル 今月の選者:村井裕弥
LP情報 ゲスト・井上千岳
BOOKS
TOWNS

 本号の特集はアナログ奥義伝承だ。失われ行くアナログオーディオに関して、2項目をとらえて特集した。大きな企画の方がすでに新製品の供給が止まったオープンリール・デッキに関してである。
 題して「オープンリール・バイブル」。オープンと言えば昭和のウルトラハイエンド・オーディオソースとして君臨し、高品位再生や生録音に大活躍したのが記憶に新しい。実際には、その後のカセットオーディオの方が、安価で簡易でバーサタイルということで人気を博し、オーディオ主役となったわけだが、オープンはプロの収録用や、こだわりのオーディオファイルの間で息長く使われてきている。しかし新製品が途絶え、機器の修理状況も厳しくなり、さらにレコード会社等のマスターテープをはじめ、個人所有のテープの経年変化が厳しく迫り、状況としてはレッドブックなのである。
 そんな状況のなか、この数年、オープンサウンドの再評価と、貴重テープの探求、そしてリファービッシュなどの話題が多くなってきた。デジタルオーディオの、ブラックボックス化と極言までのハイレゾデータ戦争の反動と言えるかも知れないが、実際に聴くと、LPレコードや、デジタルとは違う、極めて豊かなサウンドが得られるのも事実だ。
 本特集では多面的に、オープンリールの伝承をテーマに記事を作成しているので、お楽しみ頂きたい。
 本号から一つ連載が加わった。それが「ポップ・ロック再生の楽しみイワタ塾」である。オーディオ再生のターゲット音楽は、クラシックとジャズと相場が決まっていた。確かにオーディオ創世記はそうであったと思われる。「彼の地のシンフォニーを聴きたい」、「あのジャズ喫茶の音を再現したい」というモチベーションが趣味を牽引していた。しかし、ブームを作ったのは圧倒的に、ビートル以降のロックポップムーブメントからだと思う。本誌の前身には「ポップス」という雑誌があったらしいが、その原点回帰も含め、ポップロックでのオーディオを追求することとした。
 筆者は音楽評論家の岩田由記夫さん。かつてのFMレコパルで健筆を振るわれていた、オーディオニューウェーブの一人である。もちろん大のオーディオファン。ポップミュージック再生のキモに迫って頂く。
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267