Stereo 2014年11月号
今月号

Stereo 2014年11月号

そろそろレコード再生!アナログレコードの話題あれこれ

特別企画:魅力の国内ビンテージと中古オーディオ必勝法

在庫
【定価】¥926 (税込)
【判型】B5
【発行】2014年10月
【商品コード】933411
数量:
 

特集

 

もう一度アナログ再生を!「話題のレコードから再生基礎知識まで」

話題の新作レコードの魅力を体験する
アナログ盤ならでは! 丁寧に制作されたLP盤はひと味違う!!(石田善之)
★評価付き2014年発売ロックレコード20枚いっき聴き(田中伊佐資、鈴木公平さん、編集部)
Beetles in Monoからジャック・ホワイトまで 最新のLP事情(編集部)
TIASに出品された最新レコード機器を見る(柴崎 功)
これで魅惑の音世界を味わおう! アナログプレーヤー&カートリッジ試用紹介レポート(鈴木 裕)
フォノイコライザーKITに挑戦した(石田善之)
レコード再生基礎知識(柴崎 功)

 

stereo試聴室★話題の新製品を聴く

 

(石田善之/貝山知弘/鈴木 裕/須藤一郎/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥[解説])
[SACDプレーヤー]ヤマハCD-S2100/エソテリックK-03X
[プリ・メインアンプ] ヤマハA-S2100
[コントロールアンプ]ケンブリッジオーディオAzur 851E
[ステレオ・パワーアンプ] ケンブリッジオーディオAzur 851W
[モノーラル・パワーアンプ] ムーン Neo 400M
[インターコネクト・ケーブル]アコースティックリヴァイブLINE-1.0X-tripleC-FM

 

Stereo試聴室★話題の新製品を聴く《別館》

 

デジタルファイル・コンポ編(鈴木 裕/角田郁雄/山之内 正、プロフィール&使用感:生形三郎)
USB対応DAC ノース・スター・デザイン Intenso
ネットワークオーディオ・プレーヤー ルーミン The Audiophile Network Music Player S1

 

連載

 

「音の見える部屋 オーディオと在る人」今月の人:長門賢治さん(田中伊佐資)
集中連載 第4回目イクリプスがひらく音楽の世界とは ゲスト:飯森範親さん(生形三郎)
“月刊ステレオの音”が楽しめるラジオ 集合! ミュージックバードの広場へ
[特別企画]国産ビンテージの魅力を探る(村井裕弥)/オーディオユニオン/サウンドハイツ/プロショップA&P、他
MOOK「Stereo編 マルチアンプによるスピーカーの楽しみ倍増法」付録チャンネルデバイダーを試す(炭山アキラ)
テクニクス再発進!
海外ブランド インタビュールーム
河を越えたのか?DALIルビコンシリーズ(編集部)
前衛派による新世代オーディオの究極――。アバンギャルド、ZERO1を語る(鈴木 裕)
同軸の良さをより多くの人に。エントリークラスにおけるタンノイの仕掛けに迫る(鈴木 裕)
テラシマ円盤堂 

 

注目製品ファイル

 

KEF REFERENCE 3(林 正儀)
▲泪奪ントッシュMC75(篠田寛一)
ヤマハ A-S801(林 正儀)
ぅ皀縫拭璽ーディオ SILVER1,2 (須藤一郎)
Accessory File サエク PL-5800、PL-7000(村井裕弥)
新製品ニュース(峰尾昌男/遠藤正奥)
いい音いい場所いいお店「ジャマイカ」(上田高志)
使い方を知る〜オーディオの新常識〜(福田雅光)
ヴィニジャン〜アナログの壺〜「陶器製織部アーム」の巻(田中伊佐資)
オーディオ・エクスプローラー?新たな音世界を求めて(生形三郎)
Topics タスカム新PCMレコーダーIFA2014で見つけた注目の新製品!(山之内 正)
柴崎印!オーディオアクセサリーを科学する「CDアクセサリー」(柴崎 功)
音の余白に/石川綾子ハイレゾ録音
オントモヴィレッジ オンラインショップ

 

ステレオ・ディスク・コレクション

 

今月の優秀録音(峰尾昌男)
今月の特選盤(石田善之/貝山知弘/歌崎和彦/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥)
今月の話題盤 [クラシック](浅里公三)/[ジャズ](市川正二)/[ロック/ポピュラー](宇田和弘)/[日本のポピュラー](増渕英紀)
今月のSACD〜復刻盤編(岩間哲男)
連載「私の特選!ファイルミュージック」今月の選者:林 正儀
BOOKS
タウン

 秋のオーディオシーズン真っ盛りである。9月の東京インターナショナルオーディオショウを皮切りに、CTEC、そして10月中旬に行われた真空管オーディオフェア、さらにオーディオ&ホームシアター展、大阪ハイエンドショウと展示会が目白押しである。その折々で微妙に流れが変わるが、今年はアナログ関連の露出が多いような気がする。例えば10年くらい前だと、どこでもホームシアターが提案されていたし、昨年あたりはヘッドフォンやファイルオーディオに話題が集中していた。今年はというと、ファイルオーディオ分野がハイレゾという概念で一層進化し、隆盛を極める反面、モノとしてわかりやすく、動作やメカが見えるアナログオーディオの注目が高かった。ヨシノトレーディングのブースでは、ティム・ド・パラビチーニが自ら調整したオープンデッキで、アメリカのテーププロジェクト、テープロジックのソフトを演奏しており、多くの観客を感動させていた。確かにその太くて、雰囲気のある再生音は、現代においてなかなか得られない美点である。これは繊細緻密ワイドバンドのハイレゾと似て非なる、全く違う評価軸を持つ。TIASの多くのブースでは、アナログレコード関連の製品が展示され、LPレコードが演奏されていた。
 こうした流れを受けて本号ではアナログレコード再生の特集を掲載している。LPレコードは2000年あたりの底を境に、微増を続け、この2,3年は、新規出版点数および、枚数は大きく増加させている。これは、音楽性と音質にこだわるミュージッシャンが、CDやファイルオーディオと同時に、LPをリリースすることが増えたことも理由の一つだろう。
 さらにオーディオファイルの中で、可処分時間が増えた方も多く、スピーカー工作や、真空管アンプ、そしてアナログと、手間と時間のかかる、しかしやりがいのある趣味に再注目したからに他ならない。
 さて、次号は恒例の、年会最優秀コンポの発表である。お楽しみに。
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267