Stereo 2016年12月号
今月号

Stereo 2016年12月号

今年のNo.1コンポはこれだ!

年間最優秀コンポ2016/年間最優秀デジタルファイル・コンポ2016

在庫
【特別定価】¥1,200 (税込)
【判型】B5
【発行】2016年11月
【商品コード】933612
数量:
 

特集

 

今年のNo.1コンポはこれだ!

「年間最優秀コンポ」「私のNo.1」
「年間最優秀デジタルファイル・コンポ」
カラーグラフ「今年のNo.1コンポ」一覧

●年間最優秀コンポ2016
 選出機器一覧〜2016年の優秀コンポ
 選考を終えて〜2016年を振り返って
(石田善之/貝山知弘/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正/岩出[本誌])

●本誌筆者6人が主張する最新のイチ押し! 年間最優秀デジタルファイル・コンポ2016
(鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/山之内 正/岩井 喬/逆木 一)

 

stereo試聴室★話題の新製品を聴く

 

(石田善之/貝山知弘/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥[解説])
[SACD プレーヤー]デノン DCD-1600NE
[USB対応D/Aコンバーター]エアー CODEX/T+A DAC 8 DSD/ブリキャスティ・デザイン M1SE
[プリ・メインアンプ]アキュフェーズ E-270
[ステレオ・パワーアンプ]クリーク EVOLUTION 100P/オクターブ RE320
[スピーカーシステム]TAD TAD-ME1/モニターオーディオ PL300 供

 

短期連載

 

The Great Component特別版
マランツ、音楽感動への軌跡
 フラッグシップSACD/CDプレーヤーSA-10に至る伝統を探る 第3回
 音質&総集編(藤岡 誠)

 

アクセサリーファイル

 

山本音響工芸 黒檀ケースコンデンサー(小澤隆久)
iFiオーディオSPDIF iPurifier(林 正儀)
フィデリックス 0 SideForce(柴崎 功)

 

注目製品ファイル

 

.┘薀奪 Uni-Fiスリムラインシリーズ登場(井上千岳)
▲薀奪スマン LX-380(小林 貢)
マッキントッシュ C-2600(林 正儀)
ぅ┘愁謄螢奪 プリ・メイン3機種を聴く(村井裕弥)
ゥーディオテクニカ VM750SH(井上千岳)
Ε侫А璽坤瓠璽轡腑鵝PP-500(小林 貢)
新製品ニュース(遠藤正奥/峰尾昌男)

 

連載

 

音質&総集編(藤岡 誠)
音の見える部屋 オーディオと在る人 今月の人:櫻井洋一さん(田中伊佐資)
いい音いい場所いいお店「エスアイエス」(上田高志)
テラシマ円盤堂(寺島靖国)
音溝に刻まれた昭和流行歌史(篠田寛一)
今月の変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)
MOOK音質改善;パイオニアサウンドドレッサー(生形三郎)
第8回 自作スピーカーコンテスト開催のお知らせ
オントモビレッジ・スピーカーのクラフト(浅生 掘
MOOK「向谷実の青春60切符♪」刊行記念イベント開催(編集部)
話題のエンクロージュア・キット「ベアホーン」のサウンドを探る(浅生掘
使い方を知る〜オーディオの新常識〜(福田雅光)
オーディオ・エクスプローラー 新たな音世界を求めて(生形三郎)
ヴィニジャン〜アナログの壺〜(田中伊佐資)
クラフト・ヴィンテージ(キヨトマモル)
編集部へのお客様
 B&W スチュアート・ネビル/アバンギャルド ジェローム・アンドレ

 

ステレオ・ディスク・コレクション

 

今月の優秀録音(山之内 正)
今月の特選盤(石田善之/貝山知弘/歌崎和彦/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥)
今月の話題盤[クラシック](浅里公三)/[ジャズ](岡崎正通)/[ロック/ポピュラー](宇田和弘)/[日本のポピュラー](富澤一誠)
今月のSACD〜復刻盤編(岩間哲男)
私の特選!ミュージックファイル 今月の選者:須藤一郎
BOOKS
LP新譜情報(編集部)TOWNS

 本号の特集は年末恒例の「年間最優秀コンポ」だ。昨年末からこの10月までに発表発売された新製品の中から、選考担当の本誌筆者8名と編集者1名が今年のベストを選考する企画である。ジャンルは7ジャンルで以下の通りとなる。●スピーカー部門、●デジタルプレーヤー部門、●プリ・メインアンプ部門、●コントロールアンプ部門、●パワーアンプ部門、●DAC部門、●アナログ関連機器部門。
 近年の選考傾向で顕著なのが、対象製品群の高額化とジャンルの流動化であろう。前者は、工業製品でありながら熟練の嗜好品の部分を合わせ持つゆえ、こだわりを重ねていくとどうしても高額化しがちだ。さらに、コンシュマーの高齢化やマーケットの縮小にあわせて販売台数も少なく設定すると、結果的にそうならざるを得ない。当然選考でも3桁価格の製品が人気を集めることとなった。
 後者の流動化に関してはいくつかある。まず第一に、スピーカーである。多くのブランドが新製品を投入し盛況を呈している。ノミネート製品数も多く、志向性と価格レンジ、さらに大きさなどを含め多彩であり、多分多くの選考者が選考に苦慮したと思える。その流れの大きな理由は、スピーカーがオーディオの花であることと、陳腐化と流行の激しいエレクトロニクスがどうであれ、ほぼ100%に近い電磁式スピーカーが不変であるからだろう。素材や方式は様々だが、基本はライス−ケロッグ以来100年も変わらないスピーカーは、オーディオにあって安全アイテムなのだろう。次に流動化が激しいのがDAC、デジタルプレーヤーを核としたデジタル機器のあり方だ。随分様変わりしている。単品DACはあるものの、DACプリアンプ形式が多くなっている。さらにネットワークプレーヤーとの融合も顕著で、プリ・メインのDAC機能搭載なども顕著で境界が曖昧になりつつある。
 最後がアナログ部門である。ブームの本格化で、レコードプレーヤーやカートリッジ、トーンアームなどの意欲作が相次いであり、それぞれ世界が異なるため、1ジャンルで投票することが困難になりつつある。 これらの問題点は動向を見極めつつ、次回、インプルーブを実施したい。
 そうした問題点はあるものの、今年も、適切な選択が行われた。誰が見てもリーズナブルと頷くに違いない。結果は誌面をご覧頂きたい。
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267