音楽の友 2018年5月号
今月号

音楽の友 2018年5月号

未来航路―小澤征爾の21世紀

【定価】¥998 (税込)
【判型】A4変
【発行】2018年4月
【商品コード】031805
購入する

【音楽の友 2018年5月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集

 

未来航路―小澤征爾の21世紀

(佐々木喜久/山崎浩太郎/池田卓夫/下野竜也/広上淳一)
日本を代表するマエストロ小澤征爾。闘病生活を送りながら生命を削って音楽に挑み続ける彼の現在とは。水戸芸術館を中心に21世紀の小澤の活動の総括、また戦後の文化論的アプローチからみえる「小澤征爾」という存在、さらに彼の盟友・同僚たちへの取材を盛り込み、2018年、「現在の小澤征爾」を多角的に掘り下げていく。

 

カラー

 

●[Interview]佐渡裕、手兵との来日公演、そして『ウエスト・サイド物語』(山田真一)
●[連載]ふかわりょうの「クラシックの友」(5)〜〈ゲスト〉宮内義彦さん(オリックス株式会社 シニア・チェアマン)(ふかわりょう)
●[連載]MAROの「つれづれなるままに」〜NHK交響楽団第1コンサートマスター篠崎史紀の音楽雑記(17)(篠崎史紀)
●[連載]大谷康子 音楽交差点(17)〈お客様〉遠藤真理(vc)(大谷康子)
●[連載]和音の本音(9)(清水和音・青澤隆明)
●[連載]私的音楽論考―指揮台から見えること(41)(山田和樹)
●[連載]ウィーン 日々のうつろい(50)(野村三郎)
●[Report]ラン歌劇場が宮本亜門の演出で《金閣寺》(吉田真澄)
●[連載]音楽家の休日(5)〜大萩康司(ギター)(堀江昭朗)
●[連載]モナ・飛鳥のスウィーツなピアノの部屋(17)(モナ・飛鳥)
●[連載]世界音楽家巡礼記(14)(カジポン・マルコ・残月)
●[連載]マインドフルネス紀行(14)(吉井瑞穂)
●[連載]音楽草枕(24)(樋口楼譟
●[Interview]孤高のピアニズム、ピョートル・アンデルシェフスキ(山崎浩太郎)
●[Report]びわ湖ホールの《ワルキューレ》(山田治生)
●[Report]宮本亜門演出《魔笛》再演(東条碩夫)
●[Report]ベルリン州立歌劇場で新演出《トリスタンとイゾルデ》と《サロメ》(堀内 修)
●[Interview]ミハイル・プレトニョフ、チャイコフスキー《イオランタ》を語る(上田弘子)
●[Report]静岡音楽館AOIの「N響×野平一郎プロジェクト」スタート!(小沢優子)

 

特別記事

 

●[Interview]高野燿子の時代(神保夏子/上田泰史)
●ル・シエクルを率いて来日するフランソワ=グザヴィエ・ロト(船越清佳)
●[Interview]伊藤京子、「20周年を迎えた別府アルゲリッチ音楽祭」を語る(堀江昭朗)
●コンポージアム2018(小倉多美子)
●細川俊夫、オペラ《神風》を語る(小倉多美子)
●小曽根真、ニューヨーク・フィルとの共演を語る(小倉多美子)

 

連載

 

●マエストロを友とした日々(24)〜ベルリン・ドイツ・オペラ1993&1998来日公演(広渡 勲/上坂 樹)
●世界のコンサートマスターに聞く(37)〜田中靖人(東京佼成ウインドオーケストラ)(高山直也)
●[対談シリーズ]ベートーヴェンとピアノ(14)(平野 昭/小山実稚恵)
●ミサ曲を通してみた音楽史(8)―神と向かい合った近代の作曲家(西原 稔)
●池辺晋一郎の 大作曲家の音符たち―傑作ア・ラ・カルト(2)ヴィヴァルディ:四季(池辺晋一郎)
●ハイクポホヤの光りと風(9)(舘野 泉)
●巨匠たちの「技」と「心」―神は細部に宿る(5)〜ナタン・ミルシテイン/ゲスト:古澤 巌(征矢健之介)
●オーケストラとともに53年(5)(田邉 稔)
●読むオペラ―聴く前に、聴いた後で〜ムソルグスキー《ボリス・ゴドゥノフ》(堀内 修)
●名曲タイムトラヴェル〜真の鑑賞術(29)(平野 昭)
●新名曲解体新書(5)(佐伯茂樹)
●デジタル・クラシックへの誘い(5)(山田真一)
●[短期連載]オーケストラを救ったデザイナー 水谷武司さんを悼む(3)(最終回)(八木倫明)

 

People

 

●ペーター・レーゼル(岡本和子)
●アレクサンドラ・スム(長井進之介)
●エドガー・モロー(西村 祐)
●田崎悦子(上田弘子)
●西村 悟(長井進之介)
●マット・ハイモヴィッツ
●深沢亮子(上田弘子)
●松浪恵子&川村文雄(小倉多美子)
●中井正子(上田弘子)
●荒 絵理子
●吉川隆弘/小池賢治
●川口静香&橘高昌男(堀江昭朗)/津留崎 直紀(堀江昭朗)
●若林 顕

 

Reviews & Reports

 

●Concert Reviews 演奏会批評
●〈海外レポート〉イギリス/フランス/イタリア/オーストリア/ドイツ/ロシア/アメリカ(秋島百合子/吉田真澄+前田 炎/野田和哉/野村三郎/来住千保美/有賀太一)
●〈イヴェント・レポート〉第4回高松ピアノ国際コンクール (萩谷由喜子)

 

Rondo

 

●颯爽、三浦文彰&イタマール・ゴラン!
●第4回スタインウェイ・コンクール/スタインウェイ記者会見(上田弘子)/森山開次が描く《春の祭典》の幻想世界(小倉多美子)
●小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト将此粉 純信)
●第7回音楽大学フェスティバル・オーケストラ(堀江昭朗)
●すみだトリフォニーから平和を祈る
●広島交響楽団「Music for Peace」(奥田佳道)
●副島理沙オーボエ・リサイタル(高山直也)
●子ども達がなりきり職業体験!?
●ホテルオークラ賞
●狂言風オペラ《フィガロの結婚》(小倉多美子)

 

News & Information

 

●巻末2 スクランブル・ショット&ミニ・ニュース
●今月のシネマ(河原晶子)/今月のシアター(横溝幸子)ほか
●巻末12 ディスク・セレクション
●巻末17 音楽の友ホールだより/知っておきたい得情報
●巻末18 BOOKS
●巻末20 TV クラシック音楽番組5月の予定
●巻末22 読者のページ
●巻末24 次号予告・編集部だより・編集後記・広告案内

 

別冊付録

 

コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション

付録

●今号の表紙と巻頭カラーは指揮者の佐渡裕さん。今年は、指揮者・作曲家バーンスタインの生誕100周年。愛弟子である佐渡さんも、自分の演奏会で師の曲をたくさん指揮します。エネルギッシュな佐渡さん、演奏会が楽しみですね。
●特集を組ませて頂きました指揮者の小澤征爾さん。残念ながら今回の水戸室内管、別府アルゲリッチ音楽祭の公演はキャンセルされました。一日も早い回復を祈念しております。お大事になさって下さい。
●ふかわりょうの「クラシックの友」。ゲストはオリックスのシニア・チェアマン、宮内義彦さんでした。一般的には「野球のオリックス・バファローズのオーナー」として知られていますが、かつて大学ではグリー・クラブに所属、現在は新日フィルの理事長を務めるなど、クラシック音楽にもかかわりが深いかたです。
●連載「MARO のつれづれなるままに」でおなじみのN 響の第1コンサートマスター、篠崎史紀さんが、NHK のE テレ、「クラシック音楽館」の案内人になりました。今号ではその第1回目の収録のもようをご紹介しています。
●4月号特集/読者アンケート「クラシック音楽ベストテン」のプレゼント当選者が特集記事中(p89)に掲載されています。アンケートにご協力いただいた皆様、まことにありがとうございました。
●池辺晋一郎さんの人気連載「大作曲家の音符たち」。今月号はバロック音楽の代名詞とも言える人気曲、ヴィヴァルディ《四季》を取り上げました。有名曲中の有名曲に「池辺節」が炸裂します!
HOME