音楽の友 2016年10月号
今月号

音楽の友 2016年10月号

名チェリストたちが拓く「新世界」

弦楽四重奏(クァルテット)の小宇宙

在庫
【定価】¥998 (税込)
【判型】A4変
【発行】2016年9月
【商品コード】931610
数量:
 

特集Ⅰ

 

名チェリストたちが拓く「新世界」

(相場ひろ/青澤隆明/片桐卓也/那須田務/増田良介/山崎浩太郎/渡辺和彦)
ヴァイオリンと並ぶ人気弦楽器、チェロ。今年、来年にかけて続々と来日するチェリストたちを前に、現在活躍する名手たちと、彼らが現在取り組み続けるチェロの名曲たちをあわせて紹介する。チェリストとしての「現代」をテーマとして、次々と新しいレパートリーを開拓するジャン=ギアン・ケラス、堤剛という二人の名手のインタヴュー記事も収録。

 

特集Ⅱ

 

弦楽四重奏(クァルテット)の小宇宙

(片桐卓也/喜多尾道冬/寺西基之/那須田務/野平多美/山崎浩太郎/渡辺和彦/渡辺和)
クラシック音楽の真髄の一つと言うべき「弦楽四重奏」が描く濃密な音世界――。その起源から必聴の名曲たち、現在世界中で活躍する数々の名四重奏団まで、クァルテットの魅力溢れる世界を紹介する。

 

カラー

 

[Interview]ダニエル・ハーディング&パリ管来日直前!新コンビの幕開け(山田治生)
[連載]小山実稚恵新感覚対談シリーズ「脱力の極み」(22)〈お客様〉野村萬斎(片桐卓也)
[Report]パシフィック・ミュージック・フェスティバル2016(後編)(本堂知彦/東条碩夫)
[Report]名手が集結!第37回「霧島国際音楽祭2016」(寺西基之)
[Report]2016セイジ・オザワ松本フェスティバル Vol.1(山崎浩太郎)
[連載]私的音楽論考―指揮台から見えること(22)(山田和樹)
[対談]プレガルディエン&鈴木優人、《冬の旅》に挑む!(柴田克彦)
[観どころ・聴きどころ]今年も聴き逃せない!「横浜音祭り2016」(真嶋雄大)
[Report]ヴェルビエ音楽祭2016レポート(秋島百合子)
[Report & Interview]反田恭平がトリノでバッティストーニとレコーディング(加藤浩子)
[Report]ザルツブルク音楽祭2016レポート(野村三郎/岩下眞好/岡部真一郎)
[海外取材]ありがとう、キュッヒルさん! ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団定年者引退セレモニー(野村三郎)
[Report]三枝成彰が行くバイロイト、ザルツブルクの夏(三枝成彰)
[Report]ラザレフ、首席指揮者としての最後の日フィル定期演奏会(東条碩夫)
[Report]佐渡裕が登場!グラーフェネック音楽祭(後藤菜穂子)
[Interview]ベートーヴェン録音完成の小菅優が記念コンサート(上田弘子)

 

特別記事

 

追悼 中村紘子
7月末に他界されたピアニストの中村紘子さん。お悔み、追悼の声が絶えず……。改めて縁の方々に筆を執って頂きました。(アレッシオ・バックス/野島稔/小川典子/清塚信也/奈良希愛/西村朗/三善清達/真嶋雄大/島田篤志/加納民夫/新垣隆)
マエストロたちが語るショスタコーヴィチの交響曲(藤盛一朗)
ロシア狡詐絖畭价夢瀚槊蓮澣技外衂廛轡腑好織魁璽凜チの狷麕臉絖瓠平薪萢座隋
[特別企画]生誕100年・没後20年柴田南雄と音楽(田中信昭/佐野光司/長木誠司/山野雄大)
バイロイト音楽祭2016の猊饌耄↓瓠聞眥塹袖繊
イタリア・オペラ紀行(盧衒歟法

 

連載

 

バイエルン放送交響楽団の名手たち(3)
マエストロを友とした日々 ―あるプロデューサーの伝記(5)(広渡勲/上坂樹)
世界のコンサートマスターに聞く(18)〜デイヴィッド・チャン(メトロポリタン歌劇場)(小林伸太郎)
教えて!音楽大学最前線桐朋学園大学
犒劼り瓩猫狡阿甓山效桔(22)〜「印象派」、「新しい響き」、「音楽の時代」(山田真一)
「音楽と文学」創刊100周年記念/「音楽の友」創刊75周年記念 音楽ジャーナリズムの100年〜ニッポンの巨人たち【第7回】吉田秀和(長木誠司)
メンデルスゾーンの音符たち(7)《真夏の夜の夢》序曲(池辺晋一郎)
80歳の屋根裏部屋(14)(舘野泉)
音楽草枕(6)(樋口隆一)
読むオペラ ―聴く前に、聴いた後で(51)(堀内修)
オーケストラをもっと楽しく!楽器ものしり講座(22)〜ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ(佐伯茂樹)
楽聖の遺言ベートーヴェン後期の世界―過去から未来へ(6)(越懸澤麻衣)
名曲タイムトラヴェル〜真の鑑賞術(10)(平野 昭)
調律師から見たピアノと音楽(34)(高木裕)
ウィーン日々のうつろい(31)(野村三郎)

 

People & UNA VOICE

 

クァルテット・エクセルシオ(堀江昭朗)茂木大輔(道下京子)
松田理奈(東端哲也)
佐藤卓史(道下京子)
須川展也(堀江昭朗)
谷直人(堀江昭朗)
熊本マリ(上田弘子)/鈴木愛理(渡辺和彦)
渡邉康雄(道下京子)/豊田弓乃(堀江昭朗)
朴葵姫/住谷美帆/萩原麻未(堀江昭朗)

 

Reviews&Reports

 

[Concert Reviews]2016年8月の演奏会批評
[海外レポート](イギリス・秋島百合子/フランス・吉田真澄+前田炎/イタリア・野田和哉/オーストリア・野村三郎/ドイツ・城所孝吉+来住千保美/アメリカ・有賀太一)※「ロシア」は休載いたします。
[イヴェント・レポート]白熱!プロの音楽づくりを公開「アフィニス夏の音楽祭2016山形」(石川浩)
[イヴェント・レポート]東京音楽コンクール(声楽・金管・ピアノ)(岸純信/高山直也/上田弘子)
[イヴェント・レポート]第11回 Hakujuギター・フェスタ2016名手たちが描く武満徹の世界(國土潤一)

 

Rondo

 

フェスティバル開幕を飾った若き演奏家たちの熱演 OMF室内楽勉強会/新垣隆plays新垣隆(道下京子)/インスブルック音楽祭(三光洋)/ロームスカラシップ・コンサート/グラーフェネック音楽祭(奥田佳道)/月見の里室内楽アカデミー2016/山田和樹と尾上右近が競演、歌舞伎とオーケストラとっておきアフタヌーン

 

News&Information

 

スクランブル・ショット&ミニ・ニュース
今月のシネマ(河原晶子)/今月のシアター(横溝幸子)ほか
ディスク・セレクション
音楽の友ホールだより/知っておきたい得情報
BOOKS
TVクラシック音楽番組10月の予定
読者のページ
次号予告・編集部だより・編集後記・広告案内

 

別冊付録

 

コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション

付録

●特集気録裕じ抗擺錙屮船Д蹇廚縫好櫂奪肇薀ぅ箸鯏て、現在活躍中の名手からそのレパートリーの変遷まで、この楽器が持つ多様な魅力をまとめました。ぜひご一読ください。
●今月号の特集兇任蓮▲ラシック・ファンの間でもシブい(?)とされる弦楽四重奏の魅力に迫りました。「聴き始めるならこの曲」という名曲ガイド、現在特に活躍しているクァルテットの紹介など、お楽しみいただければと思います。
●1カ月にわたって開催される「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」の模様を2号に分けてご紹介します。vol.1となる今月号では、小澤征爾総監督がタクトをとったオーケストラ・コンサートなどをお届けします。次号ではオペラ公演の模様をお届けする予定です。
●特別記事では生誕100年・没後20年の柴田南雄についてご紹介しました。作曲家と音楽評論家、どちらの立場としても大きな功績を残し、日本の音楽界を発展させた一人。その偉業を振り返ります。
●毎年10月号では、世界各地の音楽祭を紹介していますが、いかがだったでしょうか。日本はPMF と霧島国際音楽祭、セイジ・オザワ 松本フェスティバルを、海外はヴェルビエ音楽祭、ザルツブルク音楽祭、グラーフェネック音楽祭をグラビアでご紹介しました。ひと夏の華やかな音楽のお祭りの模様をどうぞお楽しみください。
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267