音楽之友社出版物に関する公開講座 講座内容のご案内

♪特別講座♪

障がいを持つ子どもへの ピアノレッスン

3回シリーズ テーマ別セミナー

【講座内容】

この3回講座を通して得られることは3つ。
その1、新刊を用いながら「障がいへの知識と対応」を身につけていただくこと。
その2、障がいがあってもなくても、教え方をスモールステップに行う「アイデア」をお持ち帰り頂くこと。
その3、講座を通して、乳幼児やシニアなど幅広く「ユニバーサルなレッスンを行える視点を持てる」ようになること。

第1回目にご参加された先生方からお話しをお伺いしましたが、どの先生も多くの知恵とアイデアをお持ちで、それぞれの経験を惜しまずシェアしてくださった、とても気持ちの良い素晴らしいベテランの指導者の先生ばかりです。自分が生徒にできることは一つの方法だけですが、こうして講座をきっかけに出会った先生から伺った事例の数々は、それぞれのお仕事にきっとプラスとなり、いつか活きてくると思います。

◆第1回 5月24日(木)◆  演奏だけじゃない! ピアノ教室で学ぶこと
初回は参加された指導者の現状をアセスメントするところからスタート。現在障がいのある生徒さんがいなくとも、以前関わった経験や、辞められた方へどうすればよかったのか等、指導者の『今』に寄り添い、それを元に2回目以降の講座内容を構築します。それとは別に、新刊「気になる子へのピアノレッスン」を使用して、障害の枠組みや体験レッスンについて、その他レッスン風景や日頃使用している教材を紹介しながら、留意点などもお話しします。そして、どのような心づもりで子どもや保護者と向き合えばよいかなど、グレーゾーンの生徒への対応でお悩みの方にもお役立ていただける内容です。

◆第2回 6月28日(木)◆  療法と療育を使ったピアノレッスンの手法
1回目にご参加頂いた先生方の情報を元に、症例や特徴ごとに気を付けるべきポイントを整理しながら、それぞれの質に合わせたピアノレッスンについて、アドバイスしつつ具体的な方法をお伝えします。例えば、ADHD(注意欠陥多動症)やLD(学習障害)の生徒さんが多ければ、その障がいの特徴に迫り、そしてその症状に合わせたレッスンを組み立て、一例をご紹介したり。集団レッスン or 個別レッスンで「できること」に合わせた指導法を見出しながら、レッスンの可能性を広げていきます。iPadを使用したレッスン例なども考えています。

◆第3回 7月19日(木)◆ ※日程変更しました! テキスト・教材・楽器の選び方・作り方
最終回は多くの先生方からご相談をいただくテキストや教材について、講師自身が使用している物や、選ぶ時の視点やポイントなどについてもお話しします。生徒さんの障害レベルや状態に合わせて選定する際に、ひとつでも多く持っておきたい「引き出し」の数々をご紹介します。たくさんの生徒さんをみてきましたが、みんな「やらされることがイヤ」「間違えることがコワイ」という質を持っています。それは、ハードルの高さをいつも感じているかもしれませんし、外の世界に潜在的な恐怖を抱いているのかもしれません。ですから、彼や彼女たちに合わせたレッスン方法を模索してきた経験なども、お話ししたいと思います。

福田りえ

教材
講師

福田りえ

参考教材
これまでの開催記録
  • 2018/5/24 伊藤楽器ピアノシティ松戸
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267