レコード芸術 2016年8月号
今月号

レコード芸術 2016年8月号

巨匠は語る――音楽家の言葉とディスク

追悼 宇野功芳

在庫
【定価】¥1,512 (税込)
【判型】B5
【発行】2016年7月
【商品コード】932608
数量:
 

特集1

 

巨匠は語る
――音楽家の言葉とディスク

●レンズがとらえた「音」「時」「記憶」……船越清佳
●ブリュノ・モンサンジョン・ロング・インタヴュー……船越清佳
 .罅璽妊・メニューイン
 ▲哀譽鵝Ε亜璽襯
 ダヴィド・オイストラフ
 ぅ好凜礇肇好薀奸Ε螢劵謄襦織妊ートリヒ・フィッシャー=ディースカウ
 ゥ哀螢乾蝓次Ε愁灰蹈奸織┘團蹇璽
●モンサンジョンを観る
 ◎ユーディ・メニューイン……満津岡信育
 ◎オイストラフとロジェストヴェンスキー……増田良介
 ◎フィッシャー=ディースカウ……喜多尾道冬
●モンサンジョン論……宮澤淳一
●3人の天才が語るもの
 ◎マリア・カラス……岸 純信
 ◎カルロス・クライバー……広瀬大介
 ◎グレン・グールド……宮澤淳一

 

特集2

 

追悼 宇野功芳

●Koho Uno & Record Geijutsu 1957〜2016
●宇野先生,本当にありがとうございました……平井 宏
●その生涯をたどる……山崎浩太郎
●宇野功芳を語る 帖鳥該蟾逝析
●宇野功芳を語る◆帖槌珍匳斗
●心の師,心の拠りどころ,宇野功芳先生との思い出……佐藤久成
●閑話芳題 第3回
●閑話芳題「アーノンクールの《運命》について」
●宇野功芳氏を偲んで……宇神幸男/金子建志/喜多尾道冬/中野 雄/野口剛夫/山之内正

 

表紙&今月のアーティスト

 

●ヴィクトリア・ムローヴァ(vn)……青澤隆明

 

注目連載

 

●東欧採音譚……伊東信宏

 

特別企画

 

●対談シリーズ「音語り(おとがたり)〜小山実稚恵と仲間たち〜」山田和樹(指揮)……ききて・構成:山野雄大

 

連載

 

●この今 あの頃 ウィーンはウィーン 20……前田昭雄
●ムーサの贈り物――絵画・詩・音楽の出会うところ 278 クレーと音楽 その7……喜多尾道冬
●海外盤REVIEW
 毎月120枚以上を紹介
●「レコード芸術 クラシック・データ資料館」2016年第3回メンバー登録者募集)

 

好評連載

 

●ディスク遊歩人 92「《ミカド》の肖像」(承前)……長木誠司
●現代名盤鑑定団 200「シューマン:チェロ協奏曲」小林利之,浅里公三,ゲスト=山崎浩太郎
●LP藝術 44 芳岡正樹

 

インタヴュー

 

●ミシェル・ダルベルト(p)……鈴木淳史
●ファミ・アルカイ(gamb)……那須田務
●広田智之(ob)……山崎浩太郎
●ギュンター・ヘンスラー(プロフィール,ヘンスラー・クラシックCEO)……満津岡信育

 

連載

 

●「クラシック版」インターネット配信音源ガイド……相場ひろ/満津岡信育
●ピアノ名曲解体新書 68 ブラームス:ハンガリー舞曲集……下田幸二
●演奏家の脱帽ディスク ザ・プレイヤーズ・セレクション Vol.68 白石光隆さん(ピアニスト)
●欧米批評家によるレポート
 英▼グレアム・ケイ
 仏▼ミシェル・パルーティ
 米▼セオドア・W・リビーJr
 独▼ペーター・コッセ
●海外楽信
 イタリア:野田和哉
 フランス:柿市 如
 ドイツ:城所孝吉
 アメリカ:小林伸太郎
 イギリス:山形優子フットマン
 オーストリア:野村三郎

 

Audio for classical music

 

●俺のオーディオ 物欲篇……村井裕弥/広瀬大介
●クロスポイント〜音楽とオーディオの交差点〜お気に入りディスクは,こんなシステムで 第52回 鈴木裕×満津岡信育
●クォリティ主義者のために選ぶ藤岡誠の逸品
●これ使ってみて! 村井裕弥が選ぶクラシック再生のためのオーディオ・アクセサリー
●超入門! PC&ネット・オーディオ講座……山之内正
●鈴木裕流 スピーカー・チューニング・メソッド……鈴木 裕
●Prof.中矢の海外録音評パトロール……中矢一義
●クラシック・ファンのための“音のいい”JAZZ CD……寺島靖国

 

新譜月評

 

[新譜月評]すべての新発売新譜を複数批評にて掲載
[新譜CD&ビデオ一覧表]
[綴込付録]CD「INTERMEZZO」

 暑い日が続いておりますが、読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
 さて、前号のこの欄でもお知らせしましたが、6月10日の夜、宇野功芳氏がお亡くなりになりました。86歳でした。宇野氏は1957年11月号に「ブルーノ・ワルターの生涯と芸術」という一文をご寄稿され、これが本誌への初登場となりましたが、以来約60年間、氏は本誌にとって、なくてはならない執筆者のお一人でした。「新譜月評」は1963年からご執筆され、昨年の12月号まで、「普及盤」→「管弦楽曲」→「協奏曲」→「管弦楽曲」→「協奏曲」→「交響曲」とご担当されました。特集や連載でのご執筆も数え切れないほどで、今年からはインタヴュー形式による不定期の新連載「閑話芳題」を開始、5月17日にはこの連載のためのインタヴューをさせていただいたばかりだったのですが……。氏の訃報が報道されるや、編集部には読者の方々の反響が数多く寄せられました。本号ではそれに応え、第2特集として宇野氏の業績を振り返り、氏の音楽界への多大なる貢献に対し敬意を表したいと思います。
 第1特集では、「巨匠を語る」と題し、名演奏家が語った言葉とその演奏の関係について、参照すべきディスクを紹介しながら記事展開しています。こちらも合わせてご高覧いただければありがたく存じます。
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267