レコード芸術 2018年3月号
今月号

レコード芸術 2018年3月号

ピリオド演奏が拓くオーケストラ新時代―HIP(歴史的情報に基づく解釈)最前線を追う

【定価】¥1,404 (税込)
【判型】B5
【発行】2018年2月
【商品コード】041803
購入する

【レコード芸術 2018年3月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集

 

ピリオド演奏が拓くオーケストラ新時代
―HIP(歴史的情報に基づく解釈)最前線を追う

●「HIP」は,すべてをつなぐ……矢澤孝樹
●[対談]HIPとはなにか――その実像のこれまでとこれから……満津岡信育・安田和信 構成=友部衆樹
●HIPであるための条件とは……安田和信
●古典派以降のレパートリーにおけるオーケストラのピリオド・アプローチ録音史……佐伯茂樹
●HIPをリードする指揮者たち……相場ひろ
●フランソワ=グザヴィエ・ロトに聞く……佐伯茂樹
●HIPを聴くためのおすすめディスク……相場ひろ/佐伯茂樹/鈴木淳史/寺西 肇/増田良介/満津岡信育/矢澤孝樹/安田和信/山崎浩太郎
●クルレンツィスはHIPなのか?……鈴木淳史

 

巻頭カラー/今月のアーティスト

 

●山田和樹(指揮)……満津岡信育

 

注目連載

 

●東欧採音譚……伊東信宏
●〔カラー〕青春18ディスク――私がオトナになるまでのレコード史 第3回 久石 譲(前編)……飯田有抄
●レコード誕生物語――その時,名盤が生まれた 第3回「ストラヴィンスキー:春の祭典(自作自演盤)」……相場ひろ
●古楽夜話 第三夜「ロレンツォ・デ・メディチ《バッカスの歌》」……那須田務

 

好評連載

 

●ディスク遊歩人 111「オペラ〜愛の壊れるとき 5 《ペレアスとメリザンド》」……長木誠司
●Viewpoints――旬の音盤ためつすがめつ……ホスト:満津岡信育 ゲスト:安田和信
●LP藝術 63 中村孝義
●海外盤REVIEW
 毎月120枚以上を紹介

 

特別企画

 

●2017年度 第55回「レコード・アカデミー賞」贈呈式
●佐藤久成ヴァイオリン・リサイタル〜宇野功芳メモリアル 読者招待のお知らせ
●「レコード芸術 クラシック・データ資料館」2018年第1回メンバー登録者募集

 

インタヴュー

 

●ヤン・リシエツキ(p)……片桐卓也
●加藤訓子(perc)……鈴木淳史
●周防亮介(vn)……満津岡信育
●鈴木愛理(vn)……山野雄大

 

連載

 

●「クラシック版」インターネット配信音源ガイド……相場ひろ
●ピアノ名曲解体新書 87 J.S.バッハ:フランス組曲……下田幸二
●海外楽信
 イタリア:野田和哉
 フランス:柿市 如
 ドイツ:城所孝吉
 アメリカ:小林伸太郎
 イギリス:山形優子フットマン
 オーストリア:野村三郎

 

Audio for classical music

 

●鈴木 裕&山之内正が選ぶ「傑作セブン〜オーディオ2017」
●クロスポイント〜音楽とオーディオの交差点〜お気に入りディスクは,こんなシステムで 第71回 山之内正×満津岡信育
●クォリティ主義者のために選ぶ藤岡誠の逸品
●よりよい音でクラシックを楽しむための+ONE……村井裕弥
●山之内正のネットオーディオ生活……山之内正
●Prof.中矢の海外録音評パトロール……中矢一義
●クラシック・ファンのための“音のいい”JAZZ CD……寺島靖国

 

新譜月評

 

すべての新発売新譜を複数批評にて掲載
[新譜CD&ビデオ一覧表]

 今月の特集は、「ピリオド演奏が拓くオーケストラ新時代――HIP最前線を追う」です。HIPとは「Historically informed performance=歴史的情報に基づく解釈」の略ですが、現在のオーケストラ演奏にとって、それがモダン楽器のオーケストラであっても、HIPは無視できないものとなってきています。その証拠に今、多くの指揮者が古楽器演奏の影響を受け、それを各自の方法で咀嚼し、自身の演奏に反映させています(もちろん一方では、こうしたことに見向きもしない硬派の指揮者もいますが……)。この特集では、6月に来日するロト指揮レ・シエクルの演奏活動などに注目し、こうした現在のオーケストラ界の趨勢に迫っていますので、ぜひご高覧ください。
HOME