音楽之友社 商品検索

$冠、商品タイトル、サブタイトルを半角スペース空けてつなぐ

●民族音楽学12の視点

  • 【定価】 2,700 円 ( 本体2,500 円)
  • 【判型・頁数】 A5・192頁
  • 【発行年月】 2016年3月
  • 【ISBNコード】 9784276135109
  • 【商品コード】 135100
立ち読み
購入する

【民族音楽学12の視点】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。


  • 内容紹介
  • 目次
内容紹介「民族音楽学」は世界の多様な音楽文化を扱いながら、人間と音楽について考える学問。本書はこの民族音楽学の入門書。専門的な音楽の経験がなくても、音楽への知的な好奇心がある人に向けて編まれた。「民族」という語がついてはいるものの、民族音楽学は遠い異国の音楽だけを扱うものではなく、あらゆる音楽を扱う。本書は地域別・ジャンル別ではなく、むしろ複数の音楽文化を横断的に捉えられるような以下の視点を提示する。第一部「響きと身体」では身体、舞踊、書記性(楽譜)、言葉。第二部「伝承と政策」では、個人にとっての伝承、国家の政策、ユネスコ等の国際機関の関与。第三部「社会の中の音楽」ではマイノリティ、越境、アイデンティティ構築、知的所有権。最後に、「民族音楽学」という学問の現在までを示す。「リズム」「舞踊研究」「音組織」「採譜と分析」「資料としての楽器」「フィールドワーク」「映像」の7つのコラムも読みごたえがある。
目次はじめに

響きと身体
1  音楽と身体
コラム1 リズム
2  音楽と舞踊
コラム2 舞踊の記譜と分析法
3  聴こえるものと見えるもの
コラム3 音組織(音階)
4  音・声・ことば

伝承と政策
5  伝統芸能の伝承―個人にとっての芸の伝承―
コラム4 楽譜・採譜・分析
6  無形文化遺産としての音楽
コラム5 資料としての楽器
7  無形文化財と韓国の伝統音楽

社会の中の音楽
8  マイノリティ
コラム6 映像記録と録音
9  越境・ディアスポラ
コラム7 フィールドワーク
10 ローカルとグローバル、アイデンティティ
11 グローバル化と著作権問題

総括
12 民族音楽学への流れ

あとがき
引用・参考文献    
 日本語・韓国語文献
 英語・ドイツ語・フランス語・ペルシャ語文献
事項・人名索引
世界地図
関連書籍
この商品に興味がある方は、こちらもおすすめです。
アフリカ音楽の正体

塚田健一 著

『バイエル』原典探訪

安田寛 監修/小野亮祐、多田純一、長尾智絵 著

ロマン派の音楽

アントニー・バートン 編/角倉一朗 訳

ヒット曲でわかる! ROCK&POPの音楽理論 コンパクト・ガイド

ジュリア・ウィンターソン、ポール・ハリス 著/大橋悦子 訳

関連書籍
検索トップへ戻る
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267