音楽の友 2020年4月号
今月号

音楽の友 2020年4月号

ベートーヴェン演奏の最前線―ベートーヴェン生誕250周年記念特集第2弾

ホール主催事業を考える2020―誌上記者会見

【特別定価】¥1,120 (税込)
【判型】A4変
【発行】2020年3月
【商品コード】032004
購入する

【音楽の友 2020年4月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集

 

ベートーヴェン演奏の最前線―ベートーヴェン生誕250周年記念特集第2弾

(戸部 亮/片桐卓也/池田卓夫/三光 洋/山田治生/山田真一/堀江昭朗/道下京子/上田弘子/萩谷由喜子/越懸澤麻衣/中村真人/安田真子)
ベートーヴェン生誕250周年記念特集第2弾は、「ベートーヴェン演奏の最前線」と題し、第一線のアーティストたちがどのようにベートーヴェンの作品と向き合い、演奏しているのかを紐解いていきます。

 

特集

 

ホール主催事業を考える2020―誌上記者会見

(奥田佳道/小倉多美子/片桐卓也/加藤浩子/山崎浩太郎/山田治生)
全国のホールをピックアップし、主催事業をお伝えする4月号の恒例企画。今年は18のホールが参加、各ホールと『音楽の友』だけの独占誌上記者会見を行いました。

 

カラー

 

●[Interview]アンジェラ・ヒューイット(p)―4シーズン全12回の「バッハ・オデッセイ」をまもなく完走(池田卓夫)
●[Interview]プラシド・ドミンゴ(T/Br) 音楽人生を語る(石戸谷結子)
●[Report]プラシド・ドミンゴ「プレミアム コンサート イン ジャパン 2020」(岸 純信)
●[Interview]五嶋 龍(vn)―北欧の名門と奏でるハーモニー(片桐卓也)
●[Interview]樫本大進(vn)―「小ベルリン・フィル」=八重奏団の愉悦(柴田克彦)
●[Interview]佐渡 裕(指揮)―「スーパーキッズ・オーケストラ」にかける想い(山田真一)
●[Report]諏訪内晶子(vn)& 庄司紗矢香(vn)〜日本が誇るミューズたちの傑演(渡辺和彦)
●[Report]驚きと発見に満ちた、エサ=ペッカ・サロネン×フィルハーモニア管弦楽団来日公演(長谷川京介)
●[Report]藤原歌劇団《リゴレット》〜客席を揺さぶった「劇的な音作り」(岸 純信)
●[Report]水戸室内管弦楽団 第105回定期演奏会(江藤光紀)
●[新連載]コバケンのタクト(1)(千葉 望)
●[連載]和音の本音(32)(清水和音/青澤隆明)
●[連載]林家三平の古典音楽(クラシック)でど〜も・すいません!(7)( 林家三平)
●[連載]マリアージュなこの1本〜お酒と音楽の美味しいおはなし(7)〜〈ゲスト〉篠崎史紀(ヴァイオリニスト)(伊熊よし子)
●[連載]ベートーヴェン的な、余りにベートーヴェン的な(7)〜〈ゲスト〉ルドヴィート・カンタ(vc)(越懸澤麻衣)
●[連載]IL DEVUの重量級・歌道(9)(河野典子)
●[連載]大谷康子 音楽交差点(40)〈お客様〉澤 和樹(ヴァイオリン奏者)(大谷康子)
●[連載]誌上名曲喫茶「まろ亭」―亭主のメモ帳から(16)〜NHK交響楽団第一コンサートマスター 篠崎史紀の偏愛案内(篠崎史紀)

 

特別記事

 

●[Interview]来日前のパトリツィア・コパチンスカヤは語る(中 東生)
●[対談]ローム ミュージック フレンズ―中木健二×佐藤晴真(堀江昭朗)
●[Interview]紀尾井ホール 開館25周年記念 室内オーケストラ・フェスティヴァル(片桐卓也)
●[Interview]いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭2020(堀江昭朗)
●[Interview & Report]指揮者 マキシム・パスカルの方法(渡辺 和)
●[Interview] トビアス・ファン・デア・パルス(vc)蘇るレオポルド・ファン・デア・パルスの世界(堀江昭朗)
●[Interview]ジャン=ギアン・ケラスが新録音について語る(片桐卓也)
●[Report]マティアス・バーメルト 札幌交響楽団との新たな歩みへ(山崎浩太郎)
●[Interview]朝岡聡がきく 脇園彩の「ロジーナと私、これまでとこれから」(朝岡 聡)
●追悼 ネッロ・サンティ(中 東生/廣瀬桂子)
●追悼 ピーター・ゼルキン(真嶋雄大)
●追悼 ミレッラ・フレーニ(城所孝吉/安藤赴美子/堀江昭朗)
●[Report]アルド・チッコリーニへのオマージュ(船越清佳)

 

新連載

 

●池辺晋一郎エッセイ 先人の影を踏みなおす(1)(池辺晋一郎)

 

連載

 

●読むオペラ―聴く前に、聴いた後で(93) 〜チレア《アドリアーナ・ルクヴルール》(堀内 修)
●巨匠たちの「技」と「心」―神は細部に宿る(27)〜ノーバート・ブレイニン/ゲスト:土田越子(vn)(征矢健之介)
●ハイクポホヤの光りと風(32)(舘野 泉)
●現地で観た、聴いた ショパン国際ピアノ・コンクール(2)(萩谷由喜子)
●デジタル・クラシックへの誘い(27)(山田真一)
●ミサ曲を通してみた音楽史(31)―神と向かい合った近代の作曲家(西原 稔)

 

People

 

●チェ・ヒョンロク(道下京子)
●アレクサンダー・クリッヒェル(中 東生)
●エフゲニ・ボジャノフ(高坂はる香)
●上原彩子(片桐卓也)
●坂本 彩 & 坂本リサ(奥田佳道)
●ジャン・ロンドー(山崎浩太郎)
●伊藤康英(片桐卓也)
●伊藤京子(萩谷由喜子)
●角 聖子(上田弘子)/竹花加奈子(堀江昭朗)

 

Reviews & Reports

 

●Concert Reviews 演奏会批評
●〈 海外レポート〉イギリス(秋島百合子)/フランス(三光 洋)/イタリア(野田和哉)/オーストリア(中村伸子)/ドイツ 蔽翅漆真諭法織疋ぅ牒◆瞥莉酸虔殀)/スイス(中 東生)/ロシア(浅松啓介)/アメリカ(有賀太一)
●〈イヴェント・レポート〉 クラシック音楽の価値と意義を問う、フォーラム「これからのアウトリーチを考える」(渡辺 和)

 

Rondo

 

●横浜みなとみらいホールの新館長に新井鷗子氏/クルレンツィスのもう一つのオーケストラ、SWR響の定期(中 東生)/ニーナ・シュテンメの《フィデリオ》(三光 洋)/齋藤秀雄メモリアル基金賞贈賞式/ヴェルディ協会創立20周年を祝うガラ・コンサート(堀江昭朗)/能舞台で上演の細川俊夫《松風》(渡辺 和)/日フィルが恒例の九州公演へ(船場ひさお)/ふかわりょうが「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO」のアンバサダーに

 

News & Information

 

●フレッシュ・アーティスト・ファイル Vol.10 ルオシャ・ファン(va)
●スクランブル・ショット
●音楽の友ホールだより
●ディスク・スペース(諸石幸生/真嶋雄大)
●アート・スペース( 映画:河原晶子/舞台:横溝幸子/展覧会:花田志織/書籍:小沼純一、萩谷由喜子)
●クラシック音楽番組表
●読者のページ
●編集部だより(次号予告/編集後記/広告案内)

 

別冊付録

 

コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション

観どころ聴きどころ(戸部 亮&室田尚子)

新型コロナウイルスの影響で、公演やイヴェントの延期・中止が相次いでおります。本誌および別冊付録「コンサート・ガイド」に掲載された公演の最新情報は、各主催者のホームページなどでご確認ください。

付録

 

表紙の人

 
 ●アンジェラ・ヒューイット(ピアニスト)(c)堀田力丸

1958年生まれ、カナダ・オンタリオ州オタワ出身。3歳でピアノを始め、ヴァイオリンやリコーダー、バレエなども学ぶ。トロント音楽院に学んだ後、オタワ大学でジャン=ポール・セヴィラに師事。1978年ヴィオッティ国際音楽コンクール、1985年トロント国際バッハ・ピアノ・コンクールにて優勝。著名なオーケストラと共演して国際的な活動を展開し、録音も多い。2000年にカナダ政府、2006年に英政府から受勲。また、2005年からイタリア・マジョーネにてトラジメーノ音楽祭を開催、芸術監督を務める。

編集後記

 
●ハイE、ハイC……声楽の記事などでよく目にする言葉です。声楽といえば、今月号では3年ぶりに来日したプラシド・ドミンゴさんのインタヴューとコンサートレポートを掲載。コンサートソムリエの朝岡聡さんはメゾソプラノの脇園彩さんへインタヴューしています。他にも数々の公演の話題をお届けすることができましたが、昨今コロナウイルスの影響による公演の中止や延期が相次いでおり、事態の早い終息を願う日々です。本誌や別冊付録「コンサート・ガイド」に掲載された公演の最新情報は、各主催者のホームページなどでご確認ください。(荒井)
●ナイアガラといえばアメリカとカナダの国境にある巨大な滝を想起する人が多いだろうが、鉄っちゃんにとっては祐天寺にある「カレーステーションナイアガラ」に違いない。言葉の響きでもって、かたや規格外の大きさを彷彿とさせるが、もう一方には微風に乗って香ってくるよい匂いについつい空腹を覚えてしまうオマジナイかもしれない。ある言葉だって、酒好きにとってはビールだし、車好きにとってはトヨタがかつて生産していた車種以外のなにものでもないだろう。でも今後、殺伐とした忌み嫌われる響きとして、後世まで残っていってしまうのだろうか、コロナ。ハーケンクロイツと同じく、言葉や記号そのものに罪はないんですがねえ。(岩永)
●インフルエンザのみならず、この冬〜春は新型コロナウイルスで世界中が大騒ぎ。3月上旬はあらゆる演奏会が中止または延期となり、『音楽の友』編集部でも、3月11日に予定していた読者招待イヴェント「ふかわりょうのクラシックの友」が延期になりました。その少し前の1月、今号の特集兇里燭瓠東京、大阪、西宮、京都、三重、高崎の18ホールに3度の出張をふくめ、ほぼ毎日取材でした。午前は大阪、終わって1時間後に西宮、翌日は午前が京都、終わって3時間後に名古屋でといった、殺人的スケジュールもありました。で、帰ってきて2日後にふたたび大阪へ。このようなハードスケジュールに付き合ってくださった音楽評論家・ライターの6名さまと、取材にご協力いただいた各地のホールさまに、この場を借りてお礼申し上げます。(真田)
●チャレンジが続く日々ですが、音楽の力を信じて、なにができるのか、自分なりに考えていきたいと思います。棚から消えた一部の日用品、真偽がわからない情報を信じ行動に移してしまうのも、不安が大きいからこそ。分け合えば皆が足りる。それぞれの心がけも大切ですが、ある程度の仕組みづくりも必要なのかなと感じました。演奏会等への影響も大きく事態収束の気配もまだ感じられない日々ですが(この号が出るころはまた状況が変わっているかもしれませんが)、普段と異なる視点から音楽の未来を考える良い機会にしていければと思います。(熊野)
●ゲ……もうこんな時間!? と起き上がる毎朝です(笑)。余裕のあるエレガントな朝を過ごしたいなぁと思いながらも、いつも必要最低限の準備をして家を飛び出しています。最近YouTubeでは、そんな朝の理想を映像にしてくれる“Morning Routine”の投稿も流行っていますよね。ちなみに「ピアノ」で検索すると、ここ数年で増えた「ストリートピアノ」でのにぎやかで明るい演奏動画がたくさん出てきます。今月は多くのコンサートが中止となり心苦しく思いましたが、アーティストのかたがたによる演奏動画配信やSNSを通じたファンとの交流する姿が心を癒してくれました。(掛川)

HOME