神楽坂通信

ONTOMO MOOK 佐伯茂樹の本「新名曲解体新書」好評発売中!

ONTOMO MOOK
佐伯茂樹の本
●新名曲解体新書
『音楽の友』『レコード芸術』編
好評発売中!

【発売日】2020年1月20日(月)
【定価】1,650円(本体1,500+税)
【判型・頁数】B5・160頁

博覧強記の音楽人による蘊蓄が全開、読みごたえ満点のムック!
音楽と濃くつきあい続けた佐伯茂樹のすごさが、この一冊に結実。

 2019年8月1日に他界した音楽評論家でトロンボーン奏者、オフィクレイド奏者の佐伯茂樹氏の音楽論考集。楽曲分析、楽器発達史などの分野における、氏の傑出した情報量と博学ぶりは、「名曲の『常識』『非常識』〜オーケストラのなかの管楽器考現学」「名曲の暗号〜楽譜の裏に隠された真実を暴く」、ONTOMO MOOK「オーケストラ〜楽器の仕組みとルーツ」「ピリオド楽器から迫るオーケストラ」に結実している(いずれも音楽之友社刊)。
 「音楽の友」2019年9月号、21回で絶筆となった連載「新名曲解体新書」を中心に据え、氏が「音楽の友」「レコード芸術」に執筆されたインタヴュー記事、特集記事やコラム、CD評などを併せた《佐伯茂樹のクラシック音楽講座》とでも言うべき、氏の蘊蓄が全開のムック。

[主要目次]
作品に隠された暗号
管楽器から見たモーツァルト名曲解剖
ブルックナー的とは何か?
マーラーの特殊楽器
ウィーン・フィルとベルリン・フィルの楽器の違い
新・旧ロンドン交響楽団、徹底比較
ピリオド・アプローチ録音史
バッハとピリオド楽器論
自作自演史
「郷愁」を呼ぶ音楽の仕組みについて
カリスマ指揮者の系譜
「ク」はクラシックの「ク」〜「ゲシュトップ」
「ク」はクラシックの「ク」〜「コン・ソルディーノ」

〈インタヴュー〉
内外のオーケストラの名奏者との数々のインタビューを紹介。

〈ディスク・アーティスト評論〉
健筆をふるった評論には、氏の鋭い視点がある。他


★ ご注文はこちら

HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267