音楽之友社 商品検索

$冠、商品タイトル、サブタイトルを半角スペース空けてつなぐ

〔作曲家◎人と作品〕
●モーツァルト

  • 【定価】 1,944 円 ( 本体1,800 円)
  • 【判型・頁数】 B6変・328頁
  • 【発行年月】 2005年9月
  • 【ISBNコード】 9784276221741
  • 【商品コード】 221740
立ち読み
購入する

【モーツァルト】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。


  • 内容紹介
  • 目次
内容紹介 5歳で最初のピアノ曲を作ったとされるこの天才音楽家は、その楽才を神が与えた奇跡だと信じる父親につれられて、幼少期からヨーロッパ各地を旅しての演奏活動に明け暮れ、「神童」の名をほしいままにした。長じて、父親も仕える故郷ザルツブルクの宮廷に召し抱えられるも、大司教とそりが合わずに、ここを飛びだしウィーンへ。そして結婚。十分な収入がありながらもなぜか生活苦にあえいだ後半生。借金を無心する手紙をせっせと書きながら、西欧音楽史上名高い数々の珠玉の名作、奇跡のような傑作を次々と生みだす。そして謎の死。――波乱に満ちた数奇な生涯に迫る真実の評伝。
 2004年発表されたピアノ協奏曲の《ジュノム》に関する新発見、2005年初演された新発見の交響曲、同じく数年前に発見されたオペラ「賢者の石」に関することなど、250以上の欧語文献にあたったうえで、生涯と作品に関する従来の誤った情報をただし、多くの新情報を盛り込んだ力作。
目次■生涯篇■
◎神童誕生(1756―1762)
家系/ザルツブルクの歴史と音楽/父レオポルト/《ナンネルの楽譜帳》と最初の作品
◎旅行時代の始まり(1762―1769)
旅の目的/最初の旅行(ミュンヒェン、ヴィーン)/西方旅行/パリでの活躍/ロンドン滞在/第二回ヴィーン旅行
◎オペラの国へ(1769―1773)
イタリア旅行の計画/第一回イタリア旅行/第二回イタリア旅行/第三回イタリア旅行
◎宮廷音楽家の肖像(1773―1777)
第三回ヴィーン旅行とミュンヒェン旅行/ザルツブルクのモーツァルト/ザルツブルク宮廷楽団の構成と規模/モーツァルトの地位と職務/宮廷音楽家としての演奏・作曲活動/大司教シュラッテンバッハ/大司教コロレド
◎新天地をもとめて(1777―1781)
マンハイム・パリ旅行/マンハイムにて/パリでの就職活動/母の死、帰郷/ザルツブルクの慮囚/《イドメネオ》の上演/大司教との決裂
◎ヴィーン時代初期(1781―1783)
ヨーゼフ二世の治世/演奏会での活動/クラヴィーア教師として/楽譜出版社、写譜工房との関係/結婚/《後宮からの誘拐》/「バッハ、ヘンデル体験」と対位法への傾斜/その他の活動/ザルツブルク帰郷
◎ヴィーンの寵児(1784―1787)
名声の確立/フリーメイソンへの入会/レオポルト来訪/《ハイドン四重奏曲》/《フィガロの結婚》/レオポルトの死/《ドン・ジョヴァンニ》と1787年の作品/宮廷作曲家への任命
◎危機の時代(1788―1790)
「プフベルク書簡」の謎/三大交響曲と1788年の作品/北ドイツ旅行/1789年後半の活動/《コシ・ファン・トゥッテ》とヨーゼフ二世の死/フランクフルト旅行/イギリスからの招待、ハイドンとの別れ
◎最後の年(1791)
創作力の回復と《魔笛》/《皇帝ティートの慈悲》の上演/借金問題をめぐって/《レクイエム》の作曲/病床、死

■作品篇■
教会音楽/オペラ、劇音楽/その他の声楽曲/交響曲/セレナード、ディヴェルティメント類/クラヴィーア協奏曲/その他の協奏曲/室内楽曲/クラヴィーア作品/その他の器楽曲/あとがき

■資料篇■
ジャンル別作品一覧/モーツァルト年譜/主要参考文献/人名索引
関連書籍
この商品に興味がある方は、こちらもおすすめです。
関連書籍
検索トップへ戻る
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267