音楽之友社 商品検索

$冠、商品タイトル、サブタイトルを半角スペース空けてつなぐ

●グレン・グールド、音楽、精神

  • 【定価】 4,104 円 ( 本体3,800 円)
  • 【判型・頁数】 4-6・408頁
  • 【発行年月】 2007年9月
  • 【ISBNコード】 9784276203754
  • 【商品コード】 203750
購入する

【グレン・グールド、音楽、精神】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。


  • 内容紹介
  • 目次
内容紹介81年に弊社より刊行され、ロングセラーとして好評を博してきた『グレン・グールド なぜコンサートを開かないか』(現在絶版)の新訳版。原書初版の刊行は78年、当時グールドに関する初めての学術的研究書としても注目された。哲学・美学・心理学・身体論を駆使してグールドの言動を学際的に整理した本書は、生前のグールドもその価値を認めたばかりか、以後30年近くを経た今なおグールド研究の最良の基本書として版を重ねている。グールドはこの書の刊行の4年後に没するが、著者との最期の電話でも「あなたの本が私を変えた」と語っていたという。新訳刊行にあたっては、現在日本のグールド研究の第一人者といって過言ではない訳者により、ゝ賁版より精度の高い訳を目指し旧訳版ではほぼ割愛されていた注をより充実させA補分を多く加えた。の補遺については、原書にありながら旧訳版で割愛した部分(補遺A)に加え、初版刊行後に、本書について著者が記した文章や、公演記録などを日本語版独自の補遺Bとして収めた。
目次日本の読者へ
まえがき
グッドリード伝記文庫収録に寄せて
第六版のまえがき
◆第1章 始まり
◆第2章 ノン=テイク=ツーネス
◆第3章 いっそう価値のある職業
◆第4章 距離をおいた行為
◆第5章 音楽的な精神と音楽そのもの
◆第6章 音楽的な手と鍵盤
◆第7章 つややかで歌うような音色
◆第8章 創造的なごまかし
◆第9章 音楽としてのラジオ
◆第10章 発言はナンセンスなのか
エピローグ(初版より)
あとがき(改訂版より)
●補遺A
 10代のグレン・グールド(年譜)/18世紀の自動音楽機械/エクスタシーとオーセンティシティ/エクスタシー異論――リヒャルト・シュトラウスの場合/グレン・グールドのシェーンベルク著作一覧
●補遺B(宮澤淳一編)
 なるほど、でも結局、彼の素顔は?(1983年)/グレン・グールド・アウトテイクス(1987年)/グレン・グールドとオペラ(1978年)/仕事場のグレン・グールド(1986年)/戯曲『グレン・グールド最後の旅』に寄せて(1992年)/グールドの電話(1999年)/私の本(1999年)/哀れなノリー(1994年)
訳者あとがき
ディスコグラフィー
フィルモグラフィー
出版された音楽作品
文献目録

索引
関連書籍
この商品に興味がある方は、こちらもおすすめです。
ヴァイオリンの奥義

ソリアノ 編著/桑原威夫 訳

バッハの音符たち

池辺晋一郎 著

グリーグ その生涯と音楽

アーリング・ダール 著/小林ひかり 訳

古楽とは何か

アーノンクール 著/樋口隆一、許光俊 訳

関連書籍
検索トップへ戻る
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267