音楽之友社 商品検索

$冠、商品タイトル、サブタイトルを半角スペース空けてつなぐ

●古楽とは何か
言語としての音楽

  • 【定価】 3,780 円 ( 本体3,500 円)
  • 【判型・頁数】 4-6・328頁
  • 【発行年月】 1997年6月
  • 【ISBNコード】 9784276203709
  • 【商品コード】 203700
購入する

【古楽とは何か】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。


  • 内容紹介
  • 目次
内容紹介古楽復権の立役者としてだけではなく、近年その活動の幅を一層広げ注目されるアーノンクールが、自らの音楽に対する考えとその深い見識を示す。
目次第1章 音楽と解釈への基本的考察

音楽と人生/歴史的な音楽の解釈のために/音楽の理解と音楽教育/記譜法の諸問題/アーティキュレーション/テンポ/音組織と音程法/音楽と響き/古楽器は是か非か/スタジオにおけるオリジナルな音響状況の復元/解釈の優先度――さまざまな観点の序列について

第2章 楽器と言葉

ヴィオラ・ダ・ブラッツォとヴィオラ・ダ・ガンバ――弦楽器の歴史についてのささやかな考察/ヴァイオリン――バロック的独奏楽器/バロック・オーケストラ/バロックの純粋な器楽における言葉と音の関係/バロックから古典派へ/音による言語の成立と発展

第3章 ヨーロッパのバロック音楽とモーツァルト

表題音楽――ヴィヴァルディの作品八/イタリア様式とフランス様式/オーストリア・バロックの作曲家たち――宥和の試み/テレマン――趣味の混交/イギリスにおけるバロックの器楽/合奏協奏曲とトリオ・ソナタ――ヘンデルの場合/自筆譜がもの語ること/バッハの組曲における種々の舞曲/エキサイティングなまでに新鮮なフランスのバロック音楽/リュリとラモーのフランスのバロック・オペラ/モーツァルトの手紙についての一考察

著者あとがき/訳者あとがき
関連書籍
この商品に興味がある方は、こちらもおすすめです。
バッハの音符たち

池辺晋一郎 著

グレン・グールド、音楽、精神

ペイザント 著/宮澤淳一 訳

関連書籍
検索トップへ戻る
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267