音楽之友社 商品検索

$冠、商品タイトル、サブタイトルを半角スペース空けてつなぐ

DTMによる
●オーケストレーション実践講座

  • 【定価】 1,980 円 ( 本体1,800 円)
  • 【判型・頁数】 A5・176頁
  • 【発行年月】 2005年2月
  • 【ISBNコード】 9784276106161
  • 【商品コード】 106160
購入する

【オーケストレーション実践講座】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。


  • 内容紹介
  • 目次
内容紹介Finaleなどの楽譜作成ソフトを使えば、難しいと思っていたオーケストレーションがカンタンにできる! 大好評既刊『DTMで学ぶオーケストレーション入門』(原田宏美著)の次の段階を学ぶことのできる待望の書籍。オーケストラ曲や室内楽曲、吹奏楽曲を作曲したい、編曲したいと思っていても、管絃楽法の学習は敷居が高く、また実際に楽団を使って演奏できる機会がなければ、上達は難しい。しかし、楽譜作成ソフトを用いれば、実際に音を鳴らして試行錯誤しながら、イメージのとおりにスコアを作り上げていくことができる。本書は、サティ作曲《ジュ・トゥ・ヴー》と唱歌《もみじ》を題材に、1本の旋律をまずは弦楽四重奏に、そして木管四重奏、金管五重奏、室内アンサンブル、そして最後にはオーケストラの編成までふくらませるときの基本的な考え方とTips、そして気をつけるべき点を実践的に学べる内容。
目次第1章 オーケストレーションと楽譜作成ソフト
 1.楽譜作成ソフトはこんなに便利!
 どんなタイミングでも、すぐにプレイバック!/気軽になんどでも修正・変更できる/試行錯誤しながら内容を練りあげられる/ヴァリエーションや再アレンジへの最大の効率化/パート譜作成の手間を簡略化/移調に手間どらない/短時間でデモ音源が作れる/楽譜作成ソフトは「アイディア・スケッチ編集ツール」である/楽譜作成ソフトは「スコア作成開始ツール」となる!
 2.楽譜作成ソフトの問題点と対処法
 スコア全体の一覧性に欠ける/データ・ファイルの消失にご用心!/筆が荒れる!?/譜面ヅラに個性が感じられない!?

第2章 はじめてのスコア作成――トランスクライビング
1.弦楽四重奏にトランスクライビング
 弦楽器のアンサンブルについて/五線譜を用意する/ライン(声部)を整理する/パートへ振り分ける/記号を書き入れる
2.木管四重奏にトランスクライビング
 木管楽器のアンサンブルについて/五線譜を用意する/パートへ振り分ける/記号を書き入れる
3.金管五重奏にトランスクライビング
 金管楽器のアンサンブルについて/五線譜を用意する/パートへ振り分ける/記号を書き入れる
4.室内アンサンブルにトランスクライビング
 打楽器について/「トゥッティ」の扱い方/五線譜を用意する/弦楽器セクションへ振り分ける/木管セクションへ振り分ける/金管セクションへ振り分ける/ティンパニを加える/セクションごとに異なったラインを配置するパターン/パートへ振り分ける/ラインをセクション間で受け渡すパターン
5.トランスクライビングにおけるさまざまなポイント&テクニック
 メモ譜表の効用/選曲がすべてを解決することもある/音の省略や重複の原則/弦楽器の重音奏法は基本的な和音に還元する/弦楽器のスラーと管楽器のスラーは別もの?/譜読みの負担を軽減するアーティキュレーション/楽器奏者以外に指定するダイナミクス/音色のイメージを含むダイナミクス/休符を意識して書き込む/キーにまつわる深い事情/音域の狭いアンサンブルではキーの設定がポイント/音色の設計図としてのスコア/難易度を意識してトランスクライビングにのぞむ/パート譜はスコアと演奏者をつなぐもの/最終的な音色感=楽器+音域+ダイナミクス

第3章 豊かで魅力的なスコアリングに挑戦!――アレンジング
1.まず、原曲の構成がとっかかりとなる
 テンポを設定する/キー(調)を設定する/ヤマ(盛り上がり)を捉える
2.イメージに沿ってテーマ部分を組み立てる
 フレーズのまとまりを意識する/リハーモナイズを試みる/パートの組み合わせを考える/伴奏を装飾する/メロディの音色をふくらませる/飾りのフレーズを考える/ラインを組みなおす/テーマの山場を作る/テーマの終わりを意識する
3.モティーフを探せ!
4.前奏はテーマをスムーズに導くために
5.間奏はアレンジの見せ場
6.2コーラスめは変化をつけて
7.終わりよければすべてよし? エンディングは印象深く
巻末譜例《もみじ》
あとがき
関連書籍
この商品に興味がある方は、こちらもおすすめです。
管弦楽法

エクトール・ベルリオーズ、リヒャルト・シュトラウス 著/小鍛冶邦隆 監修/広瀬大介 訳

完本 管絃楽法

伊福部昭 著

作曲の技法

小鍛冶邦隆 著

管弦楽法

ピストン 著/戸田邦雄 訳

作曲の基礎技法

シェーンベルク 著/ストラング、スタイン 編/山縣茂太郎、鴫原真一 訳

関連書籍
検索トップへ戻る
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267