『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年山口県生まれ。1974年国立音楽大学大学院修士課程修了。2001年より奈良教育大学教育学部教授。2013年定年退職し現在奈良教育大学名誉教授。専門は、19〜20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について。2001年放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年社団法人日本童謡協会日本童謡賞・特別賞を受賞。主な著書に、『バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本』(音楽之友社、2012年)、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)などがある。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
1976年生まれ。広島大学大学院博士課程修了。レーラインの鍵盤楽器教本の研究で博士(学術)を取得。DAADドイツ学術交流会奨学生(2005/06年)として、ライプツィヒ大学博士課程音楽学専攻に留学。専門は音楽学、音楽教育史。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。2016年、外国人客員研究員としてライプツィヒ大学音楽学研究所にて研究に従事。著書に、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)がある。日本音楽学会、日本音楽表現学会、日本音楽教育学会、音楽教育史学会、各会員。

小野 亮祐
新着記事

第29回
V. バイエルの正体

 これまでの調査から、バイエルにはV. バイエルというゴーストライターがいたことがはっきりした。問題は、V. バイエルの正体だ。

 イニシャルからして、彼はバイエルの次男アドルフ・フェリックス・ヴィクトール(Adolph Felix Viktor)だと考えるのが最も自然だろう。もしもゴーストライターがバイエルの遺族の誰かでないとしたら、バイエル家と何らかのトラブルになっていたはずだからだ。
 しかし、V. バイエルがバイエルの次男であるというのは、イニシャルからの単なる推測にすぎない。イニシャルの一致は偶然でもあり得るし、それらしく付けた可能性も考えられる。第21回に登場したバイエルの戸籍には、職業欄に音楽教師と書かれており、証拠として欲しい、作曲家とか、ましてやアレンジャーなどと言った肩書は記載されていなかった。

◆ゴーストライターV.バイエルの作品目録

 証拠探しのために、まずはゴーストライターV.バイエルの手によるものが、今回のミュンヘンの調査でみた手稿譜の中にどのくらいあるのか見てみよう。まだ検討をしていないF.バイエル名義の残りの作品は、すべて『若きピアニストのレパートリー』と題された、オペラ編曲に特化されたシリーズものに入っているもの。一覧にして挙げると、以下の通りである。

20262:第110曲目 ワーグナーの楽劇『ラインの黄金』(1870年7月10日出版)
20349:第111曲目 ワーグナーの楽劇『ワルキューレ』(1870年7月10日出版)
20747:第112曲目 ワーグナーの楽劇『ジークフリート』(1871年11月10日出版)
21452:第113曲目 オペレッタ『ヨーネ』(1874年4月29日出版)
21580:第114曲目 オベールのオペラ『ラ・バヤデール』(1875年1月19日出版)
21735:第115曲目 ヴェルディのオペラ『アイーダ』(1875年11月28日出版)
21756:第116曲目 マルケッティのオペラ『ルイ・ブラス』(1875年3月28日出版)
21949:第117曲目 ワーグナーの楽劇『神々の黄昏』(1876年2月10日出版)
22374:第118曲目 グノーのオペラ『サン=マール』(1877年9月30日出版)
22598:第119曲目 アダンのオペラ『もし私は王であったならば』(1878年12月6日出版)

 これらの作品の手稿譜をすべてつぶさに見ていったが、これらは前回の連載で見た『姉妹』(ムツィオ原曲)の編曲(『旅の土産』第21番プレート番号18556番)と、まったく同じと言ってよいレイアウトで書かれている。これは今回の調査で初めてV.バイエルの名前を見つけたものだ。つまりこれらはすべて『姉妹』と同様にV.バイエルの手によって継続して書かれていたものと見て間違いないだろう。
 今回の調査で見られたもので最も時代の遅いものは、上記の一覧の一番下に挙げているアダンのオペラの編曲(プレート番号22598)で1878年の出版。F.バイエルが亡くなったのは1863年だから、少なくとも15年はV.バイエルが引き継いで書いていることは、これで明らかだ。V.バイエルは1曲か2曲を書いたゴーストライターではなく、組織的に大量に書いていた。
 また、筆者が知る限りF.バイエル名義で最も大きなプレート番号を持つ作品は、『祖国の歌』シリーズの中の第64番「ヤンキードゥードル」で出版年が1880年である。かのよく知られたアメリカの民謡の編曲。刊行台帳で「ヤンキードゥードル」を見てもV.バイエルの名前は出てこないが、両者の出版時期がそう離れていないことを勘案すると、やはりV.バイエルが書いたとみて間違いがなさそうだ。

◆印刷譜に押されたゴム印

 ここまでのミュンヘン調査ではずっと手稿譜(自筆譜)についてみてきた。いくつかの作品には印刷譜も一緒に出してくれていたので、そちらに目を向けてみた。すると、その中に一つだけ、V.バイエルの正体を明らかにできるかもしれない重要な手がかりを見つけた。
 本連載第27回で見た『旅の土産』シリーズ第22番『ボレロ』(アルディーティ原曲)の印刷譜がそれだ。第27回で手稿譜の中でもV.バイエルの名前を見たその楽曲だが、同じ曲の印刷譜には今回の調査で見られた印刷譜の中で唯一

GEBRÜDER BEYER
Musikalien & Instrumenten-Handlung
MAINZ

というゴム印が押されているのを見つけたのだ。「GEBRÜDER BEYER」とは、「バイエル兄弟社」である。

バイエル兄弟社
楽譜&楽器商
マインツ

 GEBRÜDERというのは、兄弟で経営する会社の屋号に用いられるドイツの商業用語(Kaufmannssprache)である。日本ではメンソレータムで有名な近江兄弟社が有名であるが、英語にも同様にBrotherhoodという言葉があるようだ。
 しかし、このゴム印は、V.バイエルとの関係を強く示唆するものの、今までバイエル兄弟社などという言葉は聞いたことがない。バイエル兄弟社とは何だ。こういうときこそ、インターネットのありがたさを感じる。

◆バイエル兄弟社

 インターネットで検索してみると、Musik und Musiker am Mittelrhein 2 | Online ( http://www.mmm2.mugemir.de ) というサイトがヒットした。直訳するならば、「ライン川中流域の音楽と音楽家」というサイトだ。文字通り「ライン川中流域の音楽と音楽家」の情報が詰まったデータベースだ。このサイトの詳細は稿を改めて述べるだけの価値があるが、ヒットした検索結果には以下のように書かれていた。

 この会社は1865年10月1日アドルフ・フェリックス・ヴィクトール・バイエルとその弟で編集者のヨハン・フランツ・フェルディナント・バイエルによって設立され、1870年代中頃まではなんとか存続していた。その後1877年にはケルンのトンガー社に、1908年からはライプツィヒのリューレ社のものとなった。わずかな刊行物しか出版しなかったが、そこにはマインツの音楽家や音楽教師による、愛国的な歌曲や謝肉祭の歌ないしはピアノ曲が含まれる。

 まさに、V.バイエルが共同設立した会社だったのだ。もう一人の共同経営者ヨハン・フランツ・フェルディナント・バイエルは、第21回で見たバイエル家の戸籍によると、F.バイエルの息子3人兄弟の末っ子。ヴィクトールは次男なので、バイエルの遺子、次男と三男で共同経営の音楽出版社&楽器商を経営していたことが初めて明らかになった。
 これによって、V.バイエルがバイエルの次男のアドルフ・フェリックス・ヴィクトール・バイエルであるという推測が間違っていないことが証拠立てられた。『旅の土産』シリーズ第22番『ボレロ』(アルディーティ原曲)の印刷譜には、「GEBRÜDER BEYER」のゴム印が押されている。そして、この曲の手稿譜にはV.バイエルのサインがある。「GEBRÜDER BEYER」とは、バイエルの次男アドルフ・フェリックス・ヴィクトール・バイエルとその弟で編集者のヨハン・フランツ・フェルディナント・バイエルが設立した会社なのだ。印刷譜と手稿譜とネットのサイトとの見事な連携によって発見できたことだ。どれかが欠けてもこの発見には至らなかった。
 それにしても意義深いことは、「バイエル兄弟社」の発見によって、バイエルの曾祖父であるケレダの教会のカントルから、バイエルを経て「バイエル兄弟社」につながる一筋の歴史が見事に見えてきたことだった。これこそが、連載のタイトルにもした「無自覚な音楽史」である。無名の作曲家を調べることで、はじめて見えてくる、もう一つの音楽史である。音楽史は一つだけではない。音楽史はいくつもあるのである。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267